3月15日

ハワード・ジョーンズが歌った珠玉のバラード、誰も責めることなどできない

22
1
 
 この日何の日? 
ハワード・ジョーンズのシングル「悲しき願い」が全英でリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1986年のコラム 
実年行進曲、クレージーキャッツと大瀧詠一の幸せな結末

帰ってきた「シャボン玉ホリデー」タモリが、チェッカーズが、原田知世が!

渋谷屋根裏で録音された名盤「JUST A BEAT SHOW」

かっこつけなくてもかっこいい!大人の男をジョー・ジャクソンに学ぶ

あー、たまらん!アニタ・ベイカーの「スウィート・ラヴ」に一耳惚れ♡

岡村孝子とホンダ・トゥデイ ― 僕が愛した2人の「T」の物語。

もっとみる≫






photo:Discogs  

ハワード・ジョーンズの「悲しき願い(No One Is to Blame)」は、いくら求めても手が届かないことや、どんなに願っても叶わない想いを綴った歌だ。1986年の夏、ラジオから流れてきたこの曲の儚さに、胸を打たれたことを覚えている。

ハワード・ジョーンズといえば、奇抜なヘアスタイルとシンセサイザーを多用したサウンドから、ポップスターのイメージが強いかもしれない。けれど、同時に骨格のしっかりしたメロディーが書ける優れたシンガーソングライターでもあった。デビューも28歳と遅く、僕はそんな彼のどこか落ち着いた佇まいが好きだった。

淋しげなメロディーにのせて、ハワード・ジョーンズは歌う。「メニューを見ることはできても、何も食べられない」、「プールに足を浸たすことはできても、泳がせてはもらえない」、「まるで罰を受けているみたいだと思うかもしれないね。何も罪など犯していないのに」。

歌はつづく。「マンションを建てることはできるけど、君がそこに住むことはない」、「君は誰よりも速く走れるけれど、勝つことは許されない」、「パズルの最後のピースはあっても、君がそれをはめ込むことはできない」

人生は思い通りにいかないことばかりだ。大切なものは損なわれ、かすめ取られ、踏みにじられていく。幾多の希望が、まるで砂のように指の間からこぼれ落ち、自分を置き去りにしていく。それでも僕らは何かを求めることを繰り返す。


 そして、君は彼女を求めているし
 彼女も君を求めている
 僕らは誰かを求めている
 そう、君は彼女を求めているし
 彼女も君を求めている
 誰も 誰も
 誰も責めることなどできない


誰も責めることなどできない。つまり、誰のせいでもない。それがこの歌のテーマだ。そうやって僕らは自分を慰め、現実を受け入れていく。受け入れることで、また歩き出すことができる。

僕がこの曲と再会したのは、1992年の秋だった。その年の春に尾崎豊が急死し、彼のツアーバンドがリリースした追悼アルバムのタイトルに、この曲の原題 “No One Is to Blame” が使われていたのだ。

大学の先輩に頼んでCDを貸してもらった。曲はアルバムのラストに収録されていた。胸を打つ美しい演奏だった。前年のツアーではオープニングに使われていたことを知り、これはバンドから尾崎豊へのレクイエムなのだろうなと思った。尾崎はニューヨークで暮らしていた頃に、よくこの曲を聴いていたという。おそらく何か胸に響くものがあったのだろう。


 誰も 誰も
 誰も責めることなどできない


生きていればうまくいかないことだってあるし、それは仕方のないことだ。挫けて、嘆いて、そこからまた歩き出せばいい。それは誰のせいでもないのだから。

2018.01.17
22
  YouTube / Lady80z
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1970年生まれ
宮井章裕
コラムリスト≫
22
1
9
8
5
くぅぅう… 涙を飲んだコンサート、ハワード・ジョーンズの武道館公演
カタリベ / ユリンベ
52
1
9
8
4
ハワード・ジョーンズ「かくれんぼ」ひとりぼっちが生んだエレポップの希望
カタリベ / DJ Moe
27
1
9
8
1
みんなの洋楽ナイト — 忘れじのツバキハウス、とびっきりのニューウェイヴ
カタリベ / 本田 隆
13
1
9
8
1
マッドチェスターの源流? ロンドン発のニューウェーヴ、パッションズ
カタリベ / DJ Moe
10
1
9
8
4
ドイツのバンド「アルファヴィル」シンセポップでメロディアス!
カタリベ / ジャン・タリメー
20
1
9
8
2
憂鬱度200パーセント増!そこがよかったFB3とテリー・ホール
カタリベ / ソウマ マナブ
Re:minder - リマインダー