1月5日

忘れていた夏の定番、リチャード・マークス「エンドレス・サマー・ナイツ」

31
1
 
 この日何の日? 
リチャード・マークスのシングル「エンドレス・サマー・ナイツ」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1988年のコラム 
ばちかぶりの自虐? 和製ファンクは白人黒人にゃ敵・わ・な・い

1988年の夏休み、40ベイビーズとVESPAとスライダーズ

ジョージ・ハリスンの指南、作りたい曲だけを作るというビジネスモデル

すべての人に訪れるクリスマスの夜 ー ポーグスが奏でるニューヨークの夢

1988年夏、福生と上條淳士。BGMはストリート・スライダーズ

追悼:レナード・コーエン ① ~ 名盤「ロマンシェード」との出会い

もっとみる≫







今年も夏がやって来てしまった。思わず「来てしまった」と言いたくなるくらい、最近の東京の夏の暑さは半端ない。

僕は仕事で東南アジアやインドに行くことがあるが、正直、8月の東京の方がずっと不快だと思う。これが地球温暖化のせいなのか、東京湾岸に乱立する高層ビル群のせいなのか、単に僕がオッサンになっただけなのかは判らない。

とにかく、そんな時は気分だけでも爽やかに… ということで夏曲である。

かつて夏曲と言えば、サーフィンとホットロッドだった。もちろん、米国が誇る西海岸出身のロックバンド、ビーチ・ボーイズのことだ。

改めて言うまでもないが、このバンドは1960年代に「サーフィン・サファリ」、「サーフィン・U.S.A.」、「サーファー・ガール」等々、夏の名曲を無数に生み出している。中でも、80年代の音楽ファンにとっては、ヴァン・ヘイレンを脱退したばかりのデイヴィッド・リー・ロスがカバーしてヒットした「カリフォルニア・ガールズ」が馴染み深いかもしれない。

でも、本来、サーフィンミュージックというのはボーカルが無いのが普通だから、ビーチ・ボーイズは実は例外で、ザ・サーファリーズの「ワイプ・アウト」のようなインストゥルメンタルこそが夏曲の基本と言えるかもしれない。

ちなみにこの「ワイプ・アウト」、80年代には3人の体重を合計すると1,000パウンド(453kg)というラップグループ、その名もファット・ボーイズによってカバーされたことでも知られている。この陽気なサーフィンラップには、何とバックコーラスにビーチ・ボーイズが起用された。

いずれにしても、僕たち世代にとっては、こういう60年代の西海岸系のサウンドが夏曲の原風景にあるんじゃないかと思う。その証拠に、このサウンドの延長線上にあった大滝詠一『A LONG VACATION』や山下達郎『FOR YOU』が、80年代の大学生の夏のドライブ BGM の一大定番になっていた。

とは言え、この手のサウンドだけが夏曲という訳ではない。60年代から70年代にかけて、ラヴィン・スプーンフル「サマー・イン・ザ・シティ」、マンゴ・ジェリー「イン・ザ・サマータイム」、アリス・クーパー「スクールズ・アウト」、シールズ&クロフツ「想い出のサマー・ブリーズ(Summer Breeze)」等、様々なタイプの夏の名曲が生み出された。

だが、それ以降、この手の “いかにも” な夏曲は、徐々に少なくなっていった気がする。上述の「カリフォルニア・ガールズ」や「ワイプ・アウト」のカバーや、クール&ザ・ギャング「サマー・マッドネス」をサンプリングした DJジャジー・ジェフ&フレッシュ・プリンス「サマータイム」のような過去ネタの再利用はあるが、オリジナル楽曲となるとなかなか思いつかない。

当時の記憶を無理やり呼び起こそうと思っても、せいぜいザ・モーテルズ「想い出のラスト・サマー(Suddenly Last Summer)」、バナナラマ「ちぎれたハート(Cruel Summer)」、ドン・ヘンリー「ボーイズ・オブ・サマー」、ブライアン・アダムス「想い出のサマー(Summer Of ’69)」くらいしか出てこない。

更に、90年代以降は、曲名に「サマー」とか「サーフィン」とか、直接的に夏を想起させるワードが入った夏曲は、ほとんど絶滅してしまった。だから、こうやって夏曲を追い求めてしまう習性は、僕たち世代ならではなのかもしれない。

あっ、ここで80年代の夏曲をもう1つ思い出した。リチャード・マークスの「エンドレス・サマー・ナイツ」だ。すっかり忘れていたが、当時は結構売れたはず。この曲も時代の空気を感じる曲だし、30年ぶりに聴いてみるとするか。


Song Data
■Endless Summer Nights / Richard Marx
■作詞・作曲:Richard Marx
■プロデュース:Richard Marx, Humberto Gatica
■発売:1988年1月5日

2018.07.31
31
  YouTube / Richard Marx
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1965年生まれ
中川 肇
本コラムで紹介した各曲の公式動画です(あるものだけ)。こちらも是非どうぞ!
The Lovin' Spoonful - Summer in the City (Audio) - YouTube
https://youtu.be/5YgevxRGXIU
Mungo Jerry - In The Summertime ORIGINAL 1970 - YouTube
https://youtu.be/wvUQcnfwUUM
Alice Cooper - School's Out (from Alice Cooper: Trashes The World) - YouTube
https://youtu.be/2Oo8QzDHimQ
Bryan Adams - Summer Of '69 - YouTube
https://youtu.be/eFjjO_lhf9c
DJ Jazzy Jeff & The Fresh Prince - Summertime - YouTube
https://youtu.be/Kr0tTbTbmVA
2018/07/31 10:30
4
返信
カタリベ
1965年生まれ
中川肇
コラムリスト≫
48
1
9
8
4
80年代のサマーソングを探してみたら、ドン・ヘンリーに行き着いた!?
カタリベ / 中川 肇
103
1
9
8
2
波の数だけ抱きしめて、1982年夏のマストアルバムは大滝詠一と山下達郎
カタリベ / 中川 肇
72
1
9
8
1
大滝詠一「君は天然色」セピア色に染まることのない “虹の幻”
カタリベ / 宮井 章裕
30
1
9
8
8
鎌倉に夏がやって来る!(昼篇)ビーチボーイズとシードックのお姉さん
カタリベ / 時の旅人
15
1
9
8
5
長く愛される「想い出のサマー」ブライアン・アダムスとサザンの共通点!?
カタリベ / まさこすもす
29
1
9
8
3
ユーロビート以前のバナナラマ、脱力系ロンドン三人娘は普通の女の子代表
カタリベ / 平マリアンヌ
Re:minder - リマインダー