2014年 1月26日
最近のポップミュージックに覚える違和感と2014年グラミーの歴史的事件
44
2
 
 この日何の日? 
ダフト・パンクがグラミー賞のステージで歴史的なパフォーマンスを行った日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

もっとみる≫

photo:FANART.TV  

皆さんは、最近のポップミュージックに “違和感” を覚えることはないだろうか? どうしてそんなことを訊くかと言うと、実は、今どきの音がどうにも僕の生理に合わないのだ。これは、決して歳を取ったことだけが理由ではないはずだ。

何故なら、この感覚は、僕たちがまだ若者だった80年代前半から後半にかけて、音源や視聴媒体のデジタル化が急激に進んだ時に生じた “違和感” とよく似ているからだ。

調べたら、原因はすぐに判明した。故デニス・ポップや彼の愛弟子だったマックス・マーティンに代表される北欧のプロデューサー&ソングライター軍団の存在だ。

中でも、ケイティ・ペリー、ブリトニー・スピアーズ、イン・シンク、テイラー・スウィフトらの楽曲を幅広く手掛けてきたマックス・マーティンの全米No.1獲得曲数は、プロデューサーとしてはジョージ・マーティンに次ぐ歴代2位、ソングライターとしてはレノン=マッカートニーに次ぐ歴代3位にもなると言う。つまり、今日、僕たちが耳にしているポップソングの殆どが、彼らの作品だったのだ。

その特徴は「トラック&フック」という手法を用いる楽曲の制作プロセスにある。

簡単に言うと、1つの楽曲について、複数の人間が分業で制作した各々のパーツから “いいとこ取り” をして1つの作品に仕上げるという訳だ。もはや一人で楽曲制作するのはナンセンスということらしい。いかにもリナックス(Linux:オープンソースソフトウェア)を生み出した北欧人が考えそうな話だが、そうやって工業製品のように生産される音楽って一体…

そんな現実に失望しかけていた数年前、偶然にも、僕好みのサウンドが耳に飛び込んで来た。フランス出身のデュオ、ダフト・パンクがファレル・ウィリアムスをフィーチャーした「ゲット・ラッキー」だ。

一体どこの誰が演奏してるかと思ったら、何とナイル・ロジャース、ポール・ジャクソン Jr.(ギター)、クリス・キャスウェル(キーボード)、ネイザン・イースト(ベース)、オマー・ハキム(ドラム)の名前がクレジットされている。まるでかつての “ドリームチーム” ではないか。

この曲とアルバム『ランダム・アクセス・メモリーズ』で、彼らはグラミー賞で5冠に輝いたのだが、授賞式でのライブパフォーマンスはまさに “歴史的事件” であった。スティーヴィー・ワンダーをゲストに招いて「ゲット・ラッキー」からシックの「おしゃれフリーク(Le Freak)」、スティーヴィーの「アナザー・スター」と続けたのだ。

それはたった5分30秒の出来事ではあったが、70年代から今日に至るダンスミュージックの歴史を走馬灯のように振り返るものだった。

動画を観ると、セレブリティ達で盛り上がる客席が気になってしまうかもしれないが、是非、演奏に注目してほしい。スティーヴィーの調子が悪そうなのが残念だけど、それにしてもナイル・ロジャースのギターは相変わらずクールだ。


Le Freak / Chic
作詞・作曲・プロデュース:Bernard Edwards, Nile Rodgers
発売日:1978年7月10日(78年12月9日1位)

2017.03.30
44
  YouTube / Partizan Official


  YouTube / djeevs


  YouTube / CaptainCarlossi
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1965年生まれ
潮田 一成
ナイル•ロジャーズのカッティングギターもカッコ良いし、ロック魂の隠し切れないオマー•ハキムのドラムが何より素晴らしいですね!
2017/03/30 11:35
1
1965年生まれ
中川 肇
映像は付いてないですが、Stevie Wonderの「Another Star」も是非聴いて下さい! 
https://www.youtube.com/watch?v=K9KKBvWTdMQ
2017/03/30 10:53
0
カタリベ
1965年生まれ
中川肇
コラムリスト≫
48
1
9
8
4
ナイル・ロジャース、マドンナをプロデュースしたシックという劇薬
カタリベ / 中川 肇
27
1
9
8
9
ディーヴァを巡る熾烈な闘いに埋もれたグラミー歌手、ジョディ・ワトリー
カタリベ / 中川 肇
84
1
9
8
5
第27回グラミー賞、わたしたちが人間を取り戻すヒントがここに!
カタリベ / 田中 泰延
28
1
9
8
5
これがホントのまさかのシック、春の失意に角松敏生の「スカイ・ハイ」
カタリベ / 小山 眞史
62
1
9
8
4
デヴィッド・ボウイがグラミー受賞! ブルー・ジーン以来32年ぶり?
カタリベ / 宮木 宣嗣
35
1
9
8
4
英国三大ギタリスト「クラプトン、ベック、ジミーペイジ」それぞれの40代
カタリベ / 中川 肇
Re:minder - リマインダー