2019年 10月25日

奇跡の “ビートルズ新曲” 35年越しの「グロウ・オールド・ウィズ・ミー」

76
2
 
 この日何の日? 
リンゴ・スターのアルバム「ホワッツ・マイ・ネーム」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 2019年のコラム 
忘れじの歌舞伎町ディスコナイト、東亜会館の夏は今も続いていた!

プロフェッショナル 矢沢永吉、自ら剥がし落としていった不良音楽のレッテル

アレンジャー船山基紀、その楽曲は日本人にとっての味噌汁だ!

いまを歌う桑田靖子「夢見るように生きましょう」83年組アイドルは不作だったのか?

イベントレポ:80'sコネクション第一弾!早見優のトークとライブとイントロクイズ

マイケル・ジャクソンにとって「スリラー」の成功とはいったい何だったのか?

もっとみる≫




【ジョン・レノン最後のアルバム「ミルク・アンド・ハニー」に収録された未完の名曲
からの続き】


ビートルズの新曲になれなかった「グロウ・オールド・ウィズ・ミー」


1984年1月に発表されたジョン・レノンの未完の名曲「グロウ・オールド・ウィズ・ミー」。この曲が初めて “完成” に向かったのは1994年のことだった。

この年ジョン・レノンがロックの殿堂入りを果たした。その授賞式でヨーコ・オノとポール・マッカートニーが “歴史的” 抱擁を交わす。そしてヨーコからポールにジョンのデモテープが託されたのだ。

このデモテープの音源にビートルズの残り3人が音を加え、ジェフ・リンのプロデュースで完成したのが、翌1995年から96年にかけて『ザ・ビートルズ・アンソロジー』からザ・ビートルズの新曲としてシングルカットもされた「フリー・アズ・ア・バード」と「リアル・ラヴ」だったのである。

『アンソロジー』はCD2枚組で1~3までがリリースされ、1と2の冒頭をそれぞれ新曲1曲が飾った。となると3にも新曲かと期待が高まったのだが、その候補として挙がっていた1曲が「グロウ・オールド・ウィズ・ミー」だったのだ。

しかし結局3には新曲は収められなかった。その理由は未だ語られていないのだが、ヨーコは2001年のインタビューで「グロウ・オールド・ウィズ・ミー」が選ばれなかった理由を「もうレコードになっているからということだったと思います」と語っている。

ジョージ・マーティンとジョン・レノン、ソロでの初共演


しかし『ザ・ビートルズ・アンソロジー』終了から2年後の1998年11月、「グロウ・オールド・ウィズ・ミー」は遂に新たな姿を見せて一旦 “完成” する。CD4枚のボックス『ジョン・レノン・アンソロジー』がリリースされ、ここでビートルズのプロデューサー、ジョージ・マーティンによるストリングスが加えられた新たなヴァージョンが収められたのである。

ポールのソロアルバムも数作手がけたマーティンであったが、ジョンのソロはこれが初めてであった。やはり2001年のインタビューでヨーコは、ジョン自身はもっとファンキーなアレンジを望んでいたかもしれないが、マーティンの正当な音楽性こそが相応しいと考えプロデュースを依頼したと語っている。個人的には少し甘いかなとも思うのだが、ジョンとマーティンの思わぬ再会はファンとしてやはり嬉しかった。

2001年9月には『ミルク・アンド・ハニー』のリマスター盤が発表された。リマスターはミックスには手を付けないのが原則だが、「グロウ・オールド・ウィズ・ミー」の左右に振り分けられていたリズム・ボックスの音はモノラルに戻され、オリジナルのデモテープの音に戻っていた。率直な話、これは勇気ある、嬉しい改変であった。

これで「グロウ・オールド・ウィズ・ミー」の歴史は終わるはずだった。

リンゴ・スターのカヴァーで実現したビートルズ “再結成”


昨年2019年の10月25日にリリースされたリンゴ・スターの最新アルバム『ホワッツ・マイ・ネーム』でリンゴが「グロウ・オールド・ウィズ・ミー」をカヴァーしているというニュースに驚かなかったビートルズファンはいないであろう。何とポール・マッカートニーもベースとバックヴォーカルで参加した。

しかしなぜ今になって、それもリンゴがと思わなかったファンもいないだろう。その鍵は何と、『ミルク・アンド・ハニー』にクレジットされなかったプロデューサー、ジャック・ダグラスが握っていたのである。

まずダグラスが、2010年にリリースされたジョンとヨーコの1980年のアルバムのリミックス盤『ダブル・ファンタジー / ストリップド・ダウン』でヨーコと共にプロデューサーを務め、和解していたことに触れないわけにはいくまい。

そのダグラスがリンゴにジョンのデモテープを聞かせる機会があった。すると「グロウ・オールド・ウィズ・ミー」の前にジョンが、

「ヘイ、これはリチャード・スターキー(リンゴの本名)にピッタリだな。リンゴ、君にとってもお似合いだよ!」

と言っているのをリンゴは初めて耳にした。結果、リンゴはこの曲をレコーディングすることを決意したのであった。

ポール・マッカートニーも快諾、そしてジャック・ダグラスの粋な計らい


リンゴからの誘いをポールも快諾。そしてストリングスのアレンジはジャック・ダグラスが担当。『ミルク・アンド・ハニー』から35年越しの、ダグラスの復活であった。

ダグラスは、2016年に亡くなったジョージ・マーティンのアレンジも尊重しつつ、少し遊びも入れた。2つめのAメロからBメロに行くブリッジの部分、1分39秒~の所にジョージ・ハリスン作の「ヒア・カムス・ザ・サン」のタイトルを歌う一節をヴァイオリンで忍ばせているのだ。

リンゴはミキシングの時にこれに気付き、「ビートルズが4人揃った!」と感嘆の声を上げたそう。ダグラスの粋な計らいで、『ザ・ビートルズ・アンソロジー』では成し得なかったビートルズ “再結成” が実現したのであった。

こうして発表から35年で「グロウ・オールド・ウィズ・ミー」は “完成” を見た。40歳のジョンが作った曲を79歳のリンゴが歌い、77歳のポールと亡きジョージのメロディーが力を添えて。アーティストをずっと追いかけていると、こんな奇跡に出逢うこともあるのだ。

『ホワッツ・マイ・ネーム』のジャケットのリンゴの胸元でジョンも微笑んでいる。

2020.01.26
76
  YouTube / ringostarr


  Apple Music
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1965年生まれ
宮木 宣嗣
1998年のジョージ・マーティンver.はこちら↓でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=vLHJepdaV0k
2020/01/27 12:21
0
返信
カタリベ
1965年生まれ
宮木宣嗣
コラムリスト≫
17
1
9
8
7
累計1,000万部超え、空前の大ベストセラー「ノルウェイの森」に思うこと
カタリベ / 宮井 章裕
59
1
9
8
2
伊藤銀次の80s:キーワードは「リメイク」 それは単なるリバイバルじゃない!
カタリベ / 伊藤 銀次
11
1
9
7
9
音楽への渇望 ー 便利さと引き換えにぼくらが失ったもの
カタリベ / ジャン・タリメー
70
1
9
8
2
音楽から総合エンタメに変化、マイケルの「スリラー」は時代の大きな転換点
カタリベ / 中川 肇
43
1
9
8
2
ジョージ・ハリスン「ゴーン・トロッポ」でポカポカの年越しのススメ
カタリベ / ソウマ マナブ
58
1
9
8
0
笑顔で向き合おう、ジョン・レノン生前最後のシングルは遊び心満点!
カタリベ / 宮木 宣嗣