10月19日

ローズピアノと70年代サウンドの集大成、スティクスのバラード「ベイブ」

40
2
 
 この日何の日? 
スティクスのアルバム「コーナーストーン」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1979年のコラム 
太陽を盗んだ男、ジュリーと文太と長谷川和彦、そして魅惑の名画座の記憶

ベルサイユのばら ― フランス革命のことならリマインダー世代の女子に聞け!

ちょっとマイウェイ、桃井かおりと研ナオコが織りなすオトメチック胸熱コメディ

地味ながらセンス抜群、天才テリー・ホールの魅力「スペシャルズ」篇

歌手デビューしたプロ野球選手 ー 小林繁の甘い歌声とむき出しの闘争心

探偵物語、オープニングを飾るララバイとラストシーンの切ないワルツ

もっとみる≫







「80年代音楽エンタメコミュニティ」を標榜しているこのサイトで言うべきことではないかもしれないが、僕は80年代より70年代のサウンドが好きだ。

僕自身、音楽的に物心が付いたのが70年代だったことや、「ポップミュージックが純粋な音楽として存在しえたのは70年代まで」とよく言われていることなど、理由は探せばいくらでも出てくるが、本当のところは自分でもよくわからない。それに「じゃあ、70年代サウンドって何?」と訊かれたら、それはそれで答えに窮するだろう。そんなものは一言で答えられるはずなどないからだ。

そこで、僕が「いかにも70年代っぽい」と感じている楽曲を挙げてみたところ、僕なりの解答を見つけることができた。


■スティーヴィー・ワンダー「サンシャイン(You Are The Sunshine Of My Life)」
■カーペンターズ「トップ・オブ・ザ・ワールド」
■ロバータ・フラック「愛のためいき(Feel Like Makin' Love)」
■ミニー・リパートン「ラヴィン・ユー」
■フリートウッド・マック「ドリームス」
■ビー・ジーズ「愛はきらめきの中に(How Deep Is Your Love)」
■スティクス「ベイブ」


実は、これらの曲には2つの共通点がある。1つはビルボードの Hot100(全米シングルチャート)で1位を獲得したこと、もう1つは「ローズ(Rhodes)」を使っていることだ。

「ローズ」とは、エレキギターで有名なフェンダー社が製造・販売していた電子ピアノのことで、当時は「フェンダーローズ」と呼ばれていた。73年にフェンダーから独立し、その後ロゴからフェンダーの文字が消えると、単に「ローズピアノ」と呼ばれるようになった。

皆さんも、ザ・ビートルズのドキュメンタリー映画『レット・イット・ビー』の中でビリー・プレストンが弾いていたスーツケースピアノと聞けばピンと来るのではないだろうか。

どちらかと言えばジャズ・フュージョン系のミュージシャンに愛用されていた印象はあるものの、70年代にはジャンルを問わず引っ張りだこであった。

何と言っても、この音色がいい。生ピアノと比べて少し輪郭のぼやっとした優しい音で、なんだか癒される気がするし、これにコーラスやフェイザーなどのエフェクトをかけると、キラキラした都会的なサウンドになるのだった。

その点では、No.1にこそなれなかったが、10cc「アイム・ノット・イン・ラヴ」やビリー・ジョエル「素顔のままで(Just The Way You Are)」なんかもローズの良さを活かした70年代の名曲と言っていいと思う。

だが、80年代に入ると、イーグルス「言いだせなくて(I Can't Tell You Why)」やグローヴァー・ワシントン JR.「クリスタルの恋人たち(Just The Two Of Us)」を最後に、ローズサウンドは徐々に影を潜めていく。

これが、ヤマハ「DX7」のようなデジタルシンセサイザーに取って代わられたからなのか、そもそも時代のサウンドに合わなくなったからなのか、その理由は定かではないが、今も僕には残念でならないのだった。


Song Data
■Babe / Styx
■作詞・作曲:Dennis DeYoung
■プロデュース:Dennis DeYoung, John Panozzo, Chuck Panozzo
■発売:1979年9月


2018.05.01
40
  YouTube / StyxVEVO
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1965年生まれ
飛影
そうそうフェンダーのローズって「電子ピアノ」なんで「ピアノ」つながりで「生ピアノ」の代役をさせるとアタックが弱くて残念な感じになるけど、ローズじゃなきゃって曲は絶対あると思う。
2018/05/01 22:56
1
返信
1965年生まれ
中川 肇
仰る通り、生ピアノとローズは全くの別物ですね。ちなみに、個人的にローズと言えばこれ↓です :)
https://youtu.be/kW3xDZrlBQs
2018/05/02 09:49
1
1965年生まれ
中川 肇
コラムに出てきた各曲のうち公式動画が存在するものだけピックアップしてみました↓
10cc - I'm Not In Love
https://youtu.be/STugQ0X1NoI
Bee Gees - How Deep Is Your Love (Video)
https://youtu.be/MGzPlbwwnLY
Billy Joel - Just the Way You Are (Audio)
https://youtu.be/HaA3YZ6QdJU
2018/05/01 10:10
1
返信
カタリベ
1965年生まれ
中川肇
コラムリスト≫
28
1
9
8
3
スティクスの運命を変えてしまった「ドモ アリガト ミスター・ロボット」
カタリベ / 中塚 一晶
32
1
9
8
3
ドモアリガットだけじゃない!ミスター・ロボットに隠された衝撃の日本語
カタリベ / ソウマ マナブ
30
1
9
7
9
ピンク・フロイド「ザ・ウォール」はプログレ時代の終わりの始まり
カタリベ / 中川 肇
30
1
9
8
3
セイコーファイブと時空の歪み「ロンリー・ハート」はプログレなのか?
カタリベ / 安藤 広一
14
1
9
8
3
プログレメタル「クイーンズライク」の原点は4曲入りのミニアルバム
カタリベ / KazーK
17
1
9
8
6
パンクとプログレを融合させミッキーの耳をつけてヤオンで演じたYBO²
カタリベ / ジャン・タリメー
Re:minder - リマインダー