2月15日

ブリティッシュソウルのプライド、実はスターだったビリー・オーシャン

9
0
 
 この日何の日? 
ビリー・オーシャンのシングル「ゲット・タフ~ナイルの宝石のテーマ」がビルボードHOT100で最高位(2位)を記録した日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1986年のコラム 
黒人のガールズバンドが放ったロングセラーレコード「アイ・ミス・ユー」

どちらの曲もターニングポイント! 同日リリースの中山美穂と本田美奈子

極上の切なさを召し上がれ、菊池桃子の集大成「Broken Sunset」

ザッツ・ホラー・エンタテインメント「クリープショー」がヤバすぎる!

ジャクソン・ブラウンの反戦メッセージ、危うい状況におかれた命がある

ポップスターの悲劇? チェッカーズとお酒と西麻布のレッドシューズ

もっとみる≫







共有感満載の80年代洋楽ヒット!ビルボード最高位2位の妙味 vol.51
When The Going Gets Tough, The Tough Get Going / Billy Ocean


1980年代(80~89年)のビルボードのシングルチャートをアーティスト別に集計した場合、トップにマイケル・ジャクソン、2位にマドンナ、3位にプリンスと、トップ3に80年代の3大スーパースターが並ぶ。

以下R&B~ブラコン系シンガーという括りで見ると――

ライオネル・リッチー、ホイットニー・ヒューストン、スティーヴィー・ワンダーといったビッグネームが名を連ねるが、それらに続くのがビリー・オーシャンなのだ。

ビリー・オーシャンは、ティナ・ターナーやドナ・サマーよりも上位に位置しており、実はアメリカにおいて、彼のヒット曲数の多さというよりは、そのヒットの度合いがいかに大きかったのかが窺い知れる。

ビリー・オーシャンの80年代における100位内のチャートインヒットは全部で11曲。そのすべてがトップ40入りを果たしている。うち7曲がトップ10入り、最高位2位作品が2曲。ナンバーワンが3曲という実績を残す。

並み居る錚々たるアーティストたちが20曲前後、またはそれ以上のヒットソングを放つ中、決して多くない11曲のヒット曲数でスターたちと遜色ない活躍ぶりを見せている。これは結構特筆すべき現象であり、ビリー・オーシャンは日本に伝わってきている以上に、80年代のスターだったのだ(Vol.42参照)。

そして、ビリー作品の中で最も共有感が高いであろう「カリビアン・クイーン」(84年1位)のヒット後、「ラヴァー・ボーイ」(85年2位)、「ミステリー・レディ」(85年24位)を経て、80年代49番目に誕生したナンバー2ソングがビリー・オーシャンの「ゲット・タフ~ナイルの宝石のテーマ(When The Going Gets Tough, The Tough Get Going)」(86年2月2週2位)である。

「ゲット・タフ~ナイルの宝石のテーマ」は、ハリソン・フォード主演の大ヒット映画、インディ・ジョーンズ シリーズの二番煎じながら、マイケル・ダグラスが主演し、そこそこ話題となった秘宝活劇『ナイルの宝石』の主題歌として大ヒットしただけに、ビリー作品の中では「カリビアン・クイーン」に次ぐ共有感を誇る―― そう、ブラコンアプローチの作品でスターの座に躍り出たビリーが、時代の流れを鑑みて “ポップダンサブル路線” に色目を使って成功した例がこの曲だ。

その後、ビリーにとって3曲目のナンバーワンとなった「明日へのハイウェイ(Get Outta My Dreams, Get Into My Car)」(88年1位)が同じ路線ながらも「ゲット・タフ」の方が共有感が少しだけ高いと思われるのは、マイケル・ダグラスのおかげなのかもしれない。

そして―― AC/DC、デフ・レパード、フォリナーなどを手掛けたヒットプロデューサー、ロバート・ジョン “マット” ランジの存在を忘れてはならない。

2018.05.17
9
  YouTube / BillyOceanTV
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1962年生まれ
KARL南澤
コラムリスト≫
27
1
9
8
5
イギリス育ちのブラコン・シンガー、ビリー・オーシャンのプライド
カタリベ / KARL南澤
41
1
9
8
1
エンドレス・ラブ、史上最強デュエットソングは「女王」最後の全米No.1
カタリベ / 中川 肇
22
1
9
8
6
マイケルとプリンスに次ぐ3番手、ライオネル・リッチーのスターっぷり!
カタリベ / KARL南澤
18
1
9
8
5
ディオンヌが教えてくれた「愛のハーモニー」人の優しさと現実の厳しさ
カタリベ / ミスターZ
24
1
9
8
5
意表を突かれた大物コラボ、フィル・コリンズ&フィリップ・ベイリー
カタリベ / KARL南澤
27
1
9
8
5
桜の季節に聴いた美しいメロディ「ウィ・アー・ザ・ワールド」は名曲か?
カタリベ / 宮井 章裕
Re:minder - リマインダー