10月25日
突如巻き起こった、1980年のヘイ!ヘイ!ウィアーザ・モンキーズ!
36
6
 
 この日何の日? 
ザ・モンキーズのシングル「デイドリーム・ビリーバー」が日本で再発された日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1980年のコラム 
スプリングスティーンが歌うアメリカの田舎町で暮らす若い男女の物語

軸足ブレブレ、田舎モンのぼくを奮い立たせた浜田省吾の「終りなき疾走」

スプリングスティーンの「ハングリー・ハート」はなぜ良い歌なのか

トランジスタラジオ — RCサクセションが教えてくれたとっておきの自由

ニューエイジの旗手、ウィンダムヒル・レコードを採用したクルマCMの名作

ロックの坩堝がさいたまに!水玉消防団とウラワ・ロックンロール・センター

もっとみる≫

photo:Warner Music Japan  
photo:monkees.com  

1980年、突如日本で巻き起こったザ・モンキーズ・リバイバルムーブメントを覚えているだろうか。

きっかけは、「デイドリーム・ビリーバー」が、コダックの CM に起用されたこと。プラス、時を同じくして TBS で『ザ・モンキーズ』の再放送が始まったことだった。

もうね、学校から帰って夕方観るモンキーズに JC 釘付けでしたよ。高橋元太郎氏他の吹き替えがチャーミングで。極彩色のカラフルな60’sカルチャーが新鮮で。たのきんトリオにハマれなかった私の、私だけのアイドル感も良かったし。キュートなデイビー、天然ボケのピーター、愛嬌たっぷりのミッキーもグーだったけど、マイチョイスはマイク。その飄々感と孤高感、帽子姿を愛してやまなかった。

さらに、このムーブメントを後押ししたのが、なぜか東京12チャンネル(現・テレビ東京)の朝の子供番組、『おはようスタジオ』だった。当時の司会は志賀正浩(愛称シガちゃん)。この番組がモンキーズの特集を組み続け、ついにデイビー・ジョーンズを来日させ、スタジオに呼んだのだった。スタジオ観覧希望のハガキが殺到したそうだ。

この時デイビーは35歳で、まだ可愛らしさの片鱗が残っていた。でも私は13歳だったし、平日だったし、マイクファンだったし、『おはスタ』は観に行けなかった。今も悔しい。あらゆるグッズや写真集ももちろん買った。通販で。授業中、ノートの端にフリーハンドでモンキーズのロゴを落書きしていたあの頃。

再放送が終了した時の私の取り乱し方は尋常ではなかった。わめき散らして、TBS に泣きながら抗議の電話をした。だって、ビデオすらまだ無く、カセットテープに番組を録音するしかなかった時代に、彼らの声や動く姿を拝まずに、これから生きていけるのか?! 家族に笑われながら「死ぬかも」と、本気で思い詰めていたのだ。ああ、あの情熱よ。もう一度!

あれから40年近く経った2016年、ビッグウェーブがやってきた。デビュー50周年を記念して、モンキーズが20年ぶりに新作をリリースするというのだ。6月の発売が待ち遠しくてソワソワ落ち着かなかった。

このアルバム『グッド・タイムズ!』がタイトルからしてイカしていて、本当に名作なのである。1968年のお蔵入り作品を、作家ニルソンとミッキーでヴァーチャル・デュエットしたタイトル曲をはじめ、アンディ・パートリッジ(XTC)による胸キュンポップ「ユー・ブリング・ザ・サマー」、デイビーのボーカルが嬉しいニール・ダイアモンド作の未発表曲「ラヴ・トゥ・ラヴ」など、全曲捨て曲なし! もちろんマイクやピーターのボーカルも聴けるし、新旧楽曲群が入り混じったカラフルでご機嫌の一枚! 何回聴いても幸せ!

アルバムリリースに伴って行われた50周年全米ツアーは、ミッキーとピーター中心だったようだけど、カリフォルニア公演では、マイクがアンコール参加というニュースも入ってきて胸が躍ったのを覚えている。

そして2018年、モンキーズは止まらない。なんと10月にクリスマスアルバム『Christmas Party』を発表! 制作は『グッド・タイムズ!』とほぼ同メンツらしく、今作でもデイビーのボーカルが聴けそうだ。

60年代最も世界で愛されたボーイズグループと称されるモンキーズ。
中学生だった私の、私だけのアイドルは、変わらず心をどんどんときめかせてくれる。
できるならば3人の元気な姿を日本でも見たい。きっと天国のデイビーも、また日本に行きたかったって言ってるはずだ。

ヘイ! ヘイ! ウィ・アー・ザ・モンキーズ・ファン! ずっと愛してる!


※2016年3月11日に掲載された記事をアップデート

2018.10.25
36
  YouTube / The Monkees


  YouTube / The Monkees


  Apple Music
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1966年生まれ
太田 秀樹
モンキーズ 20年ぶりの新アルバム『Good Times!』 曲目発表、リヴァース・クオモ、アンディ・パートリッジ、ノエル・ギャラガー、ポール・ウェラーらが楽曲提供 http://amass.jp/71799/
2016/04/20 21:10
1
返信
1996年生まれ
みなみ
なんか、すごい。私たち、夕方に家にいることってないなあ。
2016/04/09 01:27
1
返信
1965年生まれ
マイケル上大岡
見てました「モンキーズショー」の再放送。夕方は再放送の宝庫。再放送でも楽しめるドラマもいっぱいありました。
モンキーズブームとほぼ同時期にコダックフィルムのCMによるリバイバルブーム。コダックの方はママス&パパスの「夢のカリフォルニア」が大ヒットしました。
2016/03/26 12:50
1
返信
1965年生まれ
ルパン四世
懐かしいですね~
デイドリーム・ビリーヴァーは今でもよくカラオケで歌います。
ベイシティ・ローラーズの後でしたか、モンキーズブームは。
2016/03/11 22:28
2
返信
1965年生まれ
高野 悠
そう言われるとそうか。たしかに夕方は宝庫でしたね。ただ、相撲の時期はじいちゃんに独占されていた気がする。私が使えたのは17時まで。モンキーズは何時?
2016/03/11 19:56
1
返信


カタリベ
1968年生まれ
親王塚 リカ
コラムリスト≫
21
1
9
7
9
モンキーズ、ピストルズ、フィンガー5、踏み台に選ばれたのは誰なのか?
カタリベ / やっすぅ
102
1
9
8
7
スタイル・カウンシルよりずっとクールだったブロウ・モンキーズ
カタリベ / 中川 肇
20
1
9
8
2
憂鬱度200パーセント増!そこがよかったFB3とテリー・ホール
カタリベ / ソウマ マナブ
21
1
9
8
6
天才同士のぶつかり合い、いわくだらけのXTC「スカイラーキング」
カタリベ / DR.ENO
46
1
9
8
8
なかなか売れないニューキッズ、これがホントのステップ・バイ・ステップ?
カタリベ / 喜久野 俊和
20
1
9
8
9
いまこそ再確認。デンジャラスでファビュラスな覆面バンド、タイマーズ
カタリベ / 小林 礼奈
Re:minder - リマインダー