8月5日

田村正和に釘付け!80年代傑作ドラマ「夏に恋する女たち」主題歌は大貫妙子

46
4
 
 この日何の日? 
TBS系ドラマ「夏に恋する女たち」の放送が始まった日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1983年のコラム 
松田聖子「ガラスの林檎」松本隆が歌詞に閉じ込めた “聖性” の極み

松田聖子と幾田りらそれぞれの魅力「SWEET MEMORIES」が映し出す心の景色

アイドルマニア垂涎の逸材!多彩な顔ぶれ、83年デビュー組アイドル

杏里「キャッツ・アイ」歌謡曲とアニメの融合、18秒のミステリアスなイントロ

田村正和主演、TBS金曜ドラマ「夏に恋する女たち」の劇伴は伊藤銀次!

エルヴィス・コステロの静かなる反戦歌、僕たちが決して忘れてはいけないこと

もっとみる≫



photo:Paravi  

田村正和、原田芳雄、名取裕子らが出演「夏に恋する女たち」


 真夏の夜の夢ごとに
 誰も酔いしれ 恋する

1983年2月〜の『金曜日の妻たちへ』、5月〜の『ふぞろいの林檎たち』と、今となっては伝説的TBS10時の金曜ドラマ枠で、続いて8月から始まったのが『夏に恋する女たち』である。“たち” シリーズの新作は中年シングル編かよ… と、特に興味もなかったJKの私。夏休みも折り返し地点、冷房の効かない蒸し暑いキッチンで、麦茶を片手になんとなく毎週見ていた。

時はバブル前夜。六本木のマンションを舞台に、7階に住む訳ありシングル6人のひと夏の交流が、アーバンに描かれる。出演は、気鋭のカメラマン・田村正和、トウの立ったホスト・原田芳雄、駆け出しのイラストレーター・名取裕子他、津川雅彦に萬田久子に梓みちよ、そしてクレジットに「若い女」としか表示されない美保純。ナウな都市部のドライな空気感、横文字職業のカッコよさなど、西武系が君臨した80年代文化の香りもぷんぷん漂っていた。

内面はちょっとヘビー、だけど遊び心あふれるオープニング


冒頭は、主要キャストによるタイトルコール。皆で「夏に恋する女たち」と叫ぶのだが、そこが特にいい。田村はモノマネのように田村節だし、原田はわざと間違えて「男たち… 女たち!」と言い直すし、遊び心満々で、もうそれだけで6人の関係性が見えてワクワクした。そして主題歌のピアノが流れ、透明感のある甘やかで伸びやかな大貫妙子のボーカルに世界が覆われていく。水彩画風の横尾忠則によるオープニング画像もこれまた本当に素敵である。

だが、登場人物の内面はちょっとヘビーだ。レイプや離婚、親との確執、アル中など、過去を抱えて病んだ都会人の姿を描き出しており、そこを80年代らしい軽さで切り取っていく力技の演出が印象的。ただ、当時は津川雅彦や原田芳雄といった出演男性陣のほとばしるフェロモンや中年の魅力がまだイマイチ分からずいろいろと理解に苦しんだ(だってJKだもん)。かと言って、女性陣に共感するでもなく、でもそれが都会の大人なんだろうと妙に納得していた。わかるようになったら私も大人かな、と。

最終回、6人はゆるく親しくなるのだが、今この年齢でドラマを見ると、ちょっとうらやましい。田村が原田に言う「一人では寂しいけれど、二人以上になると疲れてしまうから。」というセリフも切ない。付かず離れずの友情。それって最高だけど、なかなか手に入らないものだしね。

青年期から中年期への田村正和の色気! その魅力も堪能できるドラマ


「夏に恋する女たち」は、ちょうど田村正和の青年期〜中年期にかけての過渡期とも言える渋甘な等身大の魅力が最高に堪能できるドラマではないかと私は思っている。田村のドラマでの人気がスパークし始めるのは1980年代。それ以前は「こんばんは。田村正和です。」とモノマネされる二枚目のイメージしかなかった私に、「夏に恋する女たち」の彼はなんと艶っぽい印象を残したことだろう。青年期の終わり、1994年スタートの古畑任三郎役よりずっと以前の田村正和。初めて大人の男を意識した瞬間!

田村は1943年生まれだから「夏に〜」収録時は40歳手前くらいか。青さの残る甘いルックスと、中年へ向かい熟成されつつある渋みが同居しあってなんとも言えない色気を醸し出している。役どころはアートヌードばかり撮るシングルのカメラマン。いつもゆったりしたVネックセーターに白いパンツ姿でサングラスを決めている。プライドも自己評価も高く、根拠のない自信ばかりあり、女にはモテてキザ。目が離せなかった。

例えばこんなエピソードが出てくる。田村の部屋に入ってきた名取裕子にいきなりキスをする田村。カメラマンとイラストレーターの二人は広告コンペのライバルで、ケンカしながらもお互い気になる存在になっていた。

「あなたコンペに負けるわ。だっていきなりキスなんかしてくるのは勝てる自信がないからでしょ?」

… といきりたつ名取に向かって、田村はこう言い放ったね。

「今は何を言っても恋の告白に聞こえるぜ!」

きゃーー! 痺れる!

こんな台詞はあの当時の田村正和にしか言えない。そして気の強いはねっかえりを演じる名取裕子も、これまた絶妙に田村に溺れているのだった。私と同じように。

大貫妙子が歌う同名主題歌。中谷美紀、原田知世もカバー




坂本龍一アレンジによる大貫妙子の同名主題歌「夏に恋する女たち」は、ドラマ開始と同日にシングルが発売。1983年10月21日リリースの7thアルバム『SIGNIFIE』では1曲目を飾っている。ちなみにドラマで使われているバージョンとシングルバージョンは歌詞やアレンジがちょっぴり異なる。

名曲の誉れも高く、1999年の中谷美紀、2016年の原田知世によるカバーも秀逸だ。

本当にうっとりするようなナンバーである。

今もイントロを聴くだけで、原田芳雄のホストスーツ姿が熱風のように心を吹き抜けていく。


※2016年8月23日に掲載された記事をアップデート

▶ 大貫妙子のコラム一覧はこちら!



2022.08.05
46
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1968年生まれ
親王塚 リカ
よいドラマでしたよね♡萬田久子、津川雅彦、そして管理人の岡本信人ははずせません!
そして、梓みちよのそのエピソードはうろ覚えなのですが、なぜ梓みちよだったのかは今でもわかりませんww 原田芳雄は当時の私には濃すぎたわ。。w 
 大山さんは、久世さんとTBSドラマの両巨頭でしたよね。マリアンヌさんの書かれた「想い出づくり」のコラムもそうでしたっけ。
2016/08/23 21:23
1
返信
1967年生まれ
平マリアンヌ
わたしもこのドラマ好きでした!西武系が君臨した80年代文化の香り、まさに!
管理人が岡本信人で、7階の住人を嫌ってるんだよねー。あと、原田芳雄扮するベテランホストの場面が忘れられない。一晩、梓みちよに付き合って十万円の請求書を送ったら、「十万は高い」とか言われて、ショックを受けたりとか。
この時代の好きなドラマ、たいていプロデューサーが大山勝美です。
2016/08/23 15:03
1
返信
カタリベ
1968年生まれ
親王塚 リカ
コラムリスト≫
35
1
9
8
0
EPOの歌唱にすっかり魅了!音楽プロデューサー宮田茂樹が手掛けた「DOWN TOWN」
カタリベ / ふくおか とも彦
55
1
9
8
3
青春のマリアージュ、ドラマ「青が散る」と松田聖子「蒼いフォトグラフ」
カタリベ / 指南役
27
1
9
8
2
佐野元春と黄金の6年間 - それは日本のエンタメの原点であり、未来でもある。
カタリベ / 指南役
47
1
9
8
3
禁じられた色彩、戦場のメリークリスマスと2人のデヴィッド
カタリベ / 鎌倉屋 武士
114
1
9
8
1
もうあとがない大滝詠一、伊藤銀次からみた「A LONG VACATION」
カタリベ / 伊藤 銀次
36
1
9
8
3
伊藤銀次のクリスマスアルバム「ウインター・ワンダーランド」制作秘話
カタリベ / 伊藤 銀次