2019年 11月30日

イベントレポ:80'sコネクション第一弾!早見優のトークとライブとイントロクイズ

22
3
 
 この日何の日? 
リマインダーとテレビ東京ミュージックの共同企画「80'sコネクション」第一弾イベントが開催された日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 2019年のコラム 
プロフェッショナル 矢沢永吉、自ら剥がし落としていった不良音楽のレッテル

アレンジャー船山基紀、その楽曲は日本人にとっての味噌汁だ!

奇跡の “ビートルズ新曲” 35年越しの「グロウ・オールド・ウィズ・ミー」

Night Tempo が志す「ネオ・昭和」新しい時代に息を吹き込まれた音楽たち

ライブレポ:ロックンロール世界遺産、キッス最後の来日公演!

ディスコは洋楽だけじゃない!青春 J-POP ディスコ in マハラジャ

もっとみる≫




リマインダーとテレビ東京ミュージックのコラボ企画「80'sコネクション」開催!


2019年11月30日、快晴。この日、渋谷ロフトナインに『80'sコネクション』という音楽イベントの第一弾が行われました。

この『80'sコネクション』というイベントは、Re:minder(当メディア)がテレビ東京ミュージックさんと共同で企画した音楽イベント。80年代に活躍したアーティストを招いて、ただ懐かしむだけではなくその魅力について再発見しようというコンセプトのイベントです。

このイベントの記念すべき第一回目のゲストは、早見優さん。82年にアイドルとしてデビューしてから、現在も歌手として精力的に活動されています。そして、司会は音楽評論家のスージー鈴木さんとイントロマエストロの藤田太郎さん。

お昼から始まった第一部が早見優さんのトーク&ミニライブ、夕方からの第二部はイントロクイズ大会・アイドル編(早見優さんも参加)という盛りだくさんの内容です。

第一部は早見優のトークショー&ミニライブ


第一部のテーマは「まるごと早見優♡」。その名のとおり、司会のお二人が早見優さんについてとことん掘り下げていきます。早見優さんのデビューまでの経緯や聴いていた音楽、“花の82年組” である同期の印象、当時の音楽番組や作家陣について、普段聞けないレアなお話をたくさん語っていただきました。

また、今回はテレビ東京ミュージックさんとの共同イベントということで『ヤンヤン歌うスタジオ』(1977~1987)の映像を流しながら、それぞれのシングルの思い出とエピソードなどもお話しいただきました。まさにまるごと早見優!という贅沢な1時間半。トークイベントの内容はこちらでご覧ください。
>>早見優と80年代:ヒット曲への思い入れを語る!【イベントレポ】<<

トークイベント後は、お待ちかねのミニライブ。セットリストは以下の通りです。

■ 急いで!初恋
■ Newsにならない恋
■ Lonely Liar
■ Tonight
■ 夏色のナンシー

30分間のミニライブではありましたが会場は大きな熱気に包まれ、「夏色のナンシー」では総立ちで「♪ 恋かな」「♪ Yes!」の掛け声。最後には拍手が鳴り止まずアンコールか?と思われましたが、時間の都合であえなく断念。しかしながら早見優さんと司会のお二人を含めた三人の撮影タイムが設けられ、観客の皆さんは今日の瞬間を留めておこうとスマホを持つ手を伸ばしていました。

第二部は白熱のイントロクイズ大会・アイドル編


第二部では早見優さんもイントロクイズに参加したい!ということで、急遽参戦。

「80年代アイドルの宴」と題しまして、出題範囲は1978~1991年のアイドル音楽(洋楽・邦楽問わず)。アイドルなら負けない!という腕利きの方々がたくさん集まりました。

今回はゲストが早見優さんということで、「早見優さんの楽曲」「82年デビューの歌手の楽曲」「(早見優さんと同じ)サンミュージック所属の歌手の楽曲」をボーナスポイントに設定。参加者の皆さんは「わかるんだけど、何だっけ……」と頭を抱える人から、まだ効果音しか流れていないのにボタンを押す人までさまざま。

誰もボタンに手が伸びなかった洋楽のポップスにいち早く早見優さんが答えるシーンなどもあり、「おお~」と観客から声がもれる場面も。

最後は優勝にリーチのかかったチームが二つ並び、そのほかのチームもぐんぐん追い上げてくるという白熱した展開に。ピンポン!とボタンを押した音が鳴るたびに「どこが鳴った!?」という緊迫感がステージに走りました。最終的にはボーナスポイントをしっかりモノにしたチームの優勝となり、賞品の早見優さんのサイン入りトロフィーを手にしていました。

今回は中学生・高校生など若い力もちらほらと見られたのが特徴的でした。ただ懐かしむだけではなく80'sの魅力を再発見、というコンセプトのとおり、世代を問わずイントロクイズを楽しみ、出題される曲に胸を躍らせることができたのではないでしょうか。

このイベント『80'sコネクション』はまだ始まったばかり。第二弾はいったい誰をゲストに、どんな内容になるでしょうか? 次回を乞うご期待!


第一部のトークの内容はこちら!
>>早見優と80年代:ヒット曲への思い入れを語る!【イベントレポ】<<

2019.12.14
22
  Apple Music


  Apple Music
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1965年生まれ
SanagiChan
たのしー
2020/09/30 10:33
0
返信
1970年生まれ
ジャン・タリメー
サニーさんのサイトも拝見しました!すっごく分かりやすくてためになる紹介をされていて驚きました.有り難うございました.
2019/12/14 10:16
1
返信
1992年生まれ
さにー
ありがとうございますm(_ _)m ボリューミーだったかと思いますが、読んでいただたとのこと、とっても嬉しいです!!
2019/12/14 11:49
0
カタリベ
1992年生まれ
さにー
コラムリスト≫
43
1
9
8
3
80’sコネクション:早見優「夏色のナンシー」は無意識過剰?
カタリベ / スージー鈴木
22
1
9
8
2
早見優「急いで!初恋」キラキラ眩しくキャッチーな、弾ける極上ポップソング
カタリベ / KARL南澤
36
1
9
8
6
ロックンロール早見優「Newsにならない恋」は南沙織の遺伝子?
カタリベ / スージー鈴木
58
1
9
8
2
早見優とテレビ東京 ~ 初めての新人賞「メガロポリス歌謡祭」急いで!初恋
カタリベ / チェリー"CHERRY★CREEK"
36
1
9
8
2
せつなさも魅力の早見優「夏色のナンシー」に至るまでの哀愁路線♪
カタリベ / 鈴木 啓之
21
1
9
8
4
イントロクイズで答えたい! 秋を感じる哀愁の80年代アイドルイントロ
カタリベ / 藤田 太郎
Re:minder - リマインダー