5月19日
ピーター・ガブリエルの「スレッジハンマー」に脳天ガツンとやられました
25
5
 
 この日何の日? 
ピーター・ガブリエルのアルバム「So」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1986年のコラム 
レベッカ — 家を飛び出した少女と路地裏の悪友たち

ヒットチャートに耳をすませば ー 忘却の果てに甦るわずか数秒だけの曲

菊池桃子は癒しの女神、極上の前向き片思いソング「夏色片想い」

80年代の最強サックスプレイヤー、デイヴィッド・サンボーン無双!

大映ドラマの主題歌にこの洋楽を使いたい、胸アツ!ランキング Part1

ドラクエサウンド、エンドルフィンが精製されるレベルアップの効果音!

もっとみる≫

photo:Discogs  

80年代においてジェネシスといえばフィル・コリンズ… ですよね?

ソロでもグループでも大ヒットを記録。他のアーティストとコラボもする、他のアーティストのプロデュースもする、バンド・エイド、ライヴ・エイドにも参加するなど大活躍でした。ギターのマイク・ラザフォードもマイク&ザ・メカニックス名義でヒットを飛ばしてましたよね。

でも、80年代に活躍したジェネシスのメンバーといえばピーター・ガブリエルを忘れてはいけません。すでにジェネシスを脱退してかなりの年月を経てはいましたが…。

私がピーター・ガブリエルを知ったのはアルバム『IV』をリリースした82年頃。シングルカットされた「ショック・ザ・モンキー」のPVによってでした。イントロのシンセが印象的な佳曲だなと当時思ったものですが、音楽誌のレビュー等でも評価は高いが小難しさを感じていました。ちょっとハードルが高そうだなと。ということでアルバム購買には至らずスルーしてました(というか断念)。

しかし86年の次作『So』のリリースによって、もっと早くこのアーティストに触れておくべきだった! と後悔することになります。

まず、とてつもなく気合の入った「スレッジハンマー」のPVに文字通りガツンとやられます。クレイアニメのコマ撮りと実写の編集が素晴らしい傑作ビデオ、当時クレイアニメという言葉も知りませんでした。

そして楽曲の良さに魅かれてアルバムも即買いでした。ちなみにこの「スレッジハンマー」は皮肉にもジェネシスの「インヴィジブル・タッチ」を引きずり落として全米1位を獲得、ピーター唯一の1位獲得曲になりました。

3曲目のシングルカットになったケイト・ブッシュとのデュエット「ドント・ギヴ・アップ」もじんわり盛り上がる名曲なんですが、二人が抱き合いながら歌うだけ、しかもデ・パルマもびっくりの360度回転撮影しただけの “どシンプル” ビデオがまた度胆を抜いてくれました。その後私は、他の曲も含め非常に完成度の高い、この『So』というアルバムをきっかけにピーター・ガブリエルというアーティストにズブズブとのめり込んでいくのでした。

そうして様々な検証の結果、『So』は過去のアルバムと比べてかなりキャッチ-でポップにつくられていたんだな、ということがわかったのですが、決してヒットに飢えて媚びてキャッチ-にしたわけではなく、そもそも彼が持っている美しいメロディーがここに結実したのだということが伺えます。

確かにソロの初期は重い楽曲が多くて本当はこの人かなり暗い人なんじゃないかなとも思ったりします。しかしながらソロアルバムのタイトルが1枚目から「Ⅰ → Ⅱ → Ⅲ → Ⅳ」と続いて、レコード会社からさすがに「Ⅴ」はやめてくれと言われ、「ド → レ → ミ → ファ」に続く「ソ」(So)をアルバムタイトルにしてしまうお茶目っぷり。

うーん天才、恐るべし。


※2016年10月2日に掲載された記事を加筆修正。

2018.02.13
25
  YouTube / Peter Gabriel


  YouTube / Peter Gabriel
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
ひろ
彼がいなければ勿論ジェネシスは無かった。でも彼が抜けなければ後期のジェネシスも無かった。フィルコリンズにとっての彼の存在は?フィル時代が余りに素晴らしい一方このアルバムの存在も考えると・・答は闇の中。
2018/02/13 21:36
0
返信
1974年生まれ
clake
PVを見て『これ、どうやって作ってるんだろう?』と不思議に思ったことを思い出しました(^_^)
2016/10/08 23:16
1
返信
1966年生まれ
太田 秀樹
100%…SOかもね!

https://www.youtube.com/watch?v=7Gw4ozIi4po
2016/10/05 06:03
1
返信
1966年生まれ
鎌倉屋 武士
当時は彼のプロモの実験的な映像表現にかなりハマっていました。あと『ガブリエルではなくゲイブリエル』みたいな論争もあったりして。

アンサーソングというか、返歌的に続きを書いていくっていうのも面白いかも。宮木さんの『So』も読んでみたい。
2016/10/03 13:08
0
返信
1965年生まれ
宮木 宣嗣
今から30年前の1986年と言えば絶対に外せない『So』
書こうと思っていたら先を越されてしまいました(笑)
2016/10/02 21:21
2
返信
カタリベ
1968年生まれ
DR.ENO
コラムリスト≫
33
1
9
8
6
ピーター・ガブリエルのスレッジハンマーは僕を何度もノックする!? 
カタリベ / 宮井 章裕
12
1
9
8
5
まさに職人気質!ソロ活動を超越したマイク&ザ・メカニックス
カタリベ / DR.ENO
30
1
9
7
9
ピンク・フロイド「ザ・ウォール」はプログレ時代の終わりの始まり
カタリベ / 中川 肇
101
1
9
8
4
まさにワーカホリック、80年代に世界で最も活躍したアーティストは?
カタリベ / 中川 肇
24
1
9
8
5
意表を突かれた大物コラボ、フィル・コリンズ&フィリップ・ベイリー
カタリベ / KARL南澤
80
1
9
8
4
UKオールスターズ「バンド・エイド」で締めくくられた1984年のクリスマス
カタリベ / 中川 肇
Re:minder - リマインダー