4月8日

米米CLUB「浪漫飛行」ソニー3大色物バンドからミリオンアーティストへ!

56
0
 
 この日何の日? 
米米CLUBシングル「浪漫飛行」発売日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1990年のコラム 
91年生まれの僕と「トミーの再現ライブ盤」ジャケ買いの有意義な失敗

高橋幸宏「大人の純愛三部作」にみる J-POP のテーマと歌詞

ラジオ番組の中島みゆき ~そっと肩をたたいてくれる心優しき友~

ブルーノートと専属契約を結んだトランペッター・日野皓正の素顔

多面体 福山雅治の音楽バックボーンといつまでも消えないロックンロールの灯!

日本ロック史に残る VOW WOW という名の奇蹟、もはや洋楽にしか聴こえない!

もっとみる≫




青く美しい空、海をバックに「浪漫飛行」を歌うカールスモーキー石井


今年のゴールデンウィークは久々に遠方に出掛けたという方も多いのではないだろうか。

元々ゴールデンウィークという呼称は映画業界から広まったそうだが、80年代後半から90年代にかけての好景気の追い風を受けて旅行需要も急拡大。この頃から長期休暇を使ってバカンスを楽しむ文化が広がりをみせた。

「JAL STORY 夏離宮」と銘打った航空会社のキャンペーンが大々的に展開されたのは、そんな楽天的な時代の真っ只中、1990年のことだ。

「夏離宮」といってもこのキャンペーンが始まったのは夏休みではなく、ゴールデンウィーク直前のタイミング。つまりひと足早く夏気分を味わえる沖縄旅行のキャンペーンだったわけだが、人々の関心を強く惹いたのがお茶の間に大量投入されたTVコマーシャルだった。

青く美しい空、海をバックに「浪漫飛行」を歌うカールスモーキー石井、並びに奇抜な衣装に身を包んだ米米CLUBのメンバー諸氏が金ピカの船(?)に乗船するというド派手な内容は、なんだかよく分からないけれどとにかく楽しい未来が待っているのだ! と心躍らせるようなリゾート感に満ちていた。まさにバブル景気の勢いを思わせる、当時を代表するコマーシャルといえるだろう。

ファンの間では有名な話だが、実は「浪漫飛行」はこのキャンペーンのために書き下ろした新曲ではない。1987年のオリジナルアルバム『KOMEGUNY』収録の隠れた名曲が約3年の時を経てCMに使用され、シングルカットされたという経緯を持つ。

まさか当人たちも、これほどのヒットになるとは夢にも思わなかったに違いない。何しろロサンゼルスでのレコーディングでは石井氏以外のメンバーはバスケ遊びに夢中で参加すらせず、コーラスを含めて歌入れは全て石井氏が担当したというほど。そんな状況にもかかわらず結果的にそれが自身初のミリオンセラーとなり、グループの代表曲として何十年も歌い継がれることになるのだから、運命とは分からないものだ。



「ソニー3大色物バンド」に数えられていた米米CLUB


1989年12月23日にNHKで放送された伝説のスペシャル番組『X’masスペシャル ポップス&ロック 1989ライブ』に出演した米米CLUB。その中で石井氏が相変わらずの軽妙なトークを披露しつつ、「米米CLUBも来年(1990年)はまたひとつ大きくなっていきたいと思います!」と翌年に向けての抱負を表明するシーンがある。どうってことはない言葉ではあるが、数ヶ月後にトップアーティストに上り詰めるという “未来” を知ったうえで聞くとやけに感慨深い。

初期の米米は楽器隊に加えてパフォーマーやコーラスを引き連れた大所帯、そしてステージ上での賑やかなパフォーマンスから「ソニー3大色物バンド」(残り2組は聖飢魔II、爆風スランプ)に数えられ、耳の肥えた一部マニアを除く世間一般からは「コミックバンド」と捉えられていた節がある。おそらく当人たちもそれを自覚したうえで独自の世界観を追求していたであろうことは、初期の名曲「Shake Hip!」のMV等からもよく伝わってくる。

「浪漫飛行」のヒットによって瞬く間にミリオンアーティストへと飛躍


売れることに対してはそれほど貪欲ではなかったようだが、世間はそのマニアックさの裏に隠された鋭敏な才気を見逃しはしなかった。独特のセンスが冴え渡る楽曲やMV、細部まで作り込まれたコンサートは評判を呼び、やがて米米は業界内の注目株になっていく。

そうした絶妙のタイミングで巡ってきたチャンスこそが、JALキャンペーンのCMソングとして大抜擢されたことだ。



当時、ブレイク寸前と目されたのは米米だけではなかったが、全てのアーティストが期待通りにスターダムに躍り出たわけではない。その点、過去のアルバム曲が意図せずCM曲に抜擢された米米は、実力だけではなく強運も持ち合わせていたのかもしれない。加えて時代はレコードからCDへと移行が進み、空前の音楽バブルに突入しようとしていた。

こうした幾つかのラッキーにも恵まれ、「色物バンド」だった米米は「浪漫飛行」のヒットによって瞬く間にミリオンアーティストへと飛躍を遂げたのだった。



その後、米米は「飛びまわれ この my heart」という歌詞を体現するかのように音楽シーンを縦横無尽、好き勝手に飛びまわり、1997年3月の東京ドーム公演をもって解散。9年後の2006年に再結成を果たし、現在まで高いテンションを保ちながら活動を続けている。目標は「米寿」の88歳まで継続することだとか。まだまだ存分に楽しませてくれそうだ。



【参照】
■ 国土交通省
■ SPORTS NIPPON NEWSPAPERS / 石井竜也 「浪漫飛行」に隠された事実「よ~く聴いてみてください」
■ Nikkan Sports News / 米米CLUB35年、解散&復活経て目標は米寿?



▶ 米米CLUBのコラム一覧はこちら!



2023.05.29
56
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1985年生まれ
広瀬いくと
コラムリスト≫
68
1
9
8
5
イメージしたことは面白いほど叶う ー 米米CLUB:博多めぐみとの邂逅
カタリベ /  ポリ
109
1
9
8
7
伝説の音楽番組「MERRY X'MAS SHOW」こんな番組2度とできない! '87 - ①
カタリベ / 藤澤 一雅
127
1
9
8
7
ブレイク前の米米CLUB「浪漫飛行」はライブでしか聴けない曲だった!
カタリベ /  ポリ
58
1
9
8
7
米米CLUB「浪漫飛行」を印象付けた傑作ベース・リフの<ファ>
カタリベ / スージー鈴木
43
1
9
8
8
米米CLUBの「BEE BE BEAT」ー カールスモーキー石井の血液型は?
カタリベ /  ポリ
47
1
9
8
5
笑いと反骨精神を貫き通したバンド、米米CLUBのファンクスピリット
カタリベ / 前田 祥丈