8月21日

忘れない!80年代アイドル総選挙にエントリーされなかったシンデレラたち(1985-1989)

43
0
 
 この日何の日? 
里中茶美のファーストアルバム「Cotton Candy」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1989年のコラム 
北野武の初監督作品「その男、凶暴につき」で流れるエリック・サティ

ソ連の歴史を塗り変えた!モスクワ・ミュージック・ピース・フェスティバル

人生にやり直しなんてない!ラモーンズが歌う「ペット・セメタリー」の教え

ISSAの姉・里中茶美、時代の節目に颯爽と登場した女性アイドルシンガー

【佐橋佳幸の40曲】佐野元春プロデュース「僕にはわからない」でシンガーデビュー!

フリッパーズ・ギターのデビューアルバムと渋谷系あれこれ

もっとみる≫




リマインダー&昭和40年男&DJ BLUE 共同主催で行われた「80年代アイドル総選挙」の投票結果が2023年2月16日に発表され、それを濃密にまとめた『昭和40年男』増刊『80年代アイドル総選挙!ザ・ベスト100』(ヘリテージ)が3月8日に発売される。

当企画は、厳選された200組の80年代女性アイドルのなかから投票するシステムだった。だが、200組に含まれず、投票対象とならなかったアイドルを抜きにして、80年代アイドルのすべてを語ることはできない。

そこで、「80年代アイドル総選挙」のスピンオフ企画として、エントリーされなかったアイドルたちの名前をここにリストアップしておきたい。

今回は、前編『マニアック!80年代アイドル総選挙にエントリーされなかった金の卵たち(1980-1984)』に続く後編として、1985年からの5年間を取り上げよう。

なお、人選についてはすべてライターの主観によるものであることをご理解いただきたい。

【1985年デビュー】ICHIGOちゃんはおニャン子クラブの対抗馬(関西限定)


☆上位ランクインしたアイドル
4位:中⼭美穂、6位:南野陽⼦、7位:⻫藤由貴、11位:本⽥美奈⼦、12位:浅⾹唯、19位:おニャン⼦クラブ、23位:河合その⼦

☆エントリーされなかったアイドル
秋本理央、浅野なつみ、石丸奈津子、ICHIGOちゃん、大根夕佳、奥田圭子、小幡洋子、川村愛、北泉舞子、北島美智代、佐藤弘枝、セブンティーン・クラブ、高橋利奈、千葉湖吹美、ツインキー、中沢初絵、長沢由利香、中原香織、野咲たみこ、藤ゆうこ、プリシラ・チャン、水野翼、宮崎ますみ、森田まゆみ、森村聡美、山岸もえ、山口かおり


1982年以上の新人女性アイドルの大当たり年だといえるが、光が当たらなかった存在も少なくない。ICHIGOちゃんは、関西ローカルで『夕やけニャンニャン』(フジテレビ系)の裏番組として放送されていた『YOUごはんまだ?』(朝日放送)に出ていたグループだ。大阪を拠点とする女性アイドルグループという意味では、大阪パフォーマンスドールやNMB48のルーツだともいえなくもないだろう。



奥田圭子はBOØWYが高い知名度を得る以前よりファンであることを公言し、その流れで氷室京介、布袋寅泰に楽曲提供を受けていたアイドルとして知られている。

横浜ドリームランドのCMに出ていた北泉舞子は、シングルのリリースがわずか1枚にとどまった。セブンティーン・クラブはおニャン子以前に工藤静香がメンバーだった3人組だ。高橋利奈は『スターオーディション』(TBS系)の出身者でチェッカーズと同じ事務所に所属。バブル期にはJR東海「クリスマス・エクスプレス」のCMに出演した。宮崎ますみはアイドル歌手としては売れなかったが、その後、映画『ビー・バップ・ハイスクール』シリーズへの出演で高い知名度を得ている。

【1986年デビュー】おニャン子も真似したポピンズは奇跡のシンクロユニット


☆上位ランクインしたアイドル
25位:渡辺満⾥奈、30位:渡辺美奈代

☆エントリーされなかったアイドル
相築彰子、井上千鶴、上田由紀、小原靖子、北原志真、北原和歌子、クリスティーナ、後藤恭子、古村比呂、佐藤恵美、佐和里美、芹沢直美、髙橋玲子、中島康子、中村晴美、早瀬ひかる、葉山レイコ、B・C・G、紘川純、藤城美奈子、宝生桜子、ポピンズ、松永夏代子

おニャン子クラブのメンバーが続々とソロデビューし、ヒットチャートの上位を独占していた年である。その影響をモロに受け、泣いた新人も多かった。そのなかの一人がのちに 「相原勇」 の名前で売れっ子タレントとなる小原靖子だ。「ちょっとHENSHIN」という曲でデビューしたものの売り上げはサッパリだったのだ。

B・C・Gとは「美少女か・ら・ふ・るギャング」の略で、おニャン子に対抗した多人数アイドルグループだ。当時は『TOKYO IDOL FESTIVAL』のような場はなく、多くのファンを掴めなかった。

吉本興業が売り出したポピンズは、中学の同級生だった金子恵実と芳賀絵己子によるユニットである。2人は、常にシンメトリーでシンクロしたパフォーマンスを見せた。デビュー曲の「妖精ポピンズ」は、今ならTikTokで流行りそうな要素に満ちている。
ちなみに、当時『夕やけニャンニャン』(フジテレビ系)の生放送で、おニャン子クラブの国生さゆりと永田リル子が突然「ポピンズです」と挨拶したことがあった。



【1987年デビュー】アイドル夢工場は、フジテレビに推されず1曲で自然消滅の悲劇


☆上位ランクインしたアイドル
13位:森⾼千⾥、14位:⼯藤静⾹、26位:酒井法⼦

☆エントリーされなかったアイドル
アイドル夢工場、アイリーン&エリカ、秋山絵美、浅野愛子、一条寺美奈、岡谷章子、小野由美、佐倉しおり、佐藤留美、沢木知子、土田由美、つみきみほ、統乃さゆみ、友田ますみ、長野智加、Pumpkin(パンプキン)、速水昌未、久松由実、藤崎あや、BaBe(ベイブ)、牧野アンナ、渡瀬麻紀

6月におニャン子クラブの解散が発表されるなかで、フジテレビが新たに売り出したアイドルグループがアイドル夢工場だ。大規模オーディションで7つのレコード会社が選んだ7名により結成され、『コミュニケーションカーニバル 夢工場'87』のイメージソング「アドベンチャー・ドリーム」で7月にデビューした。オーディションからデビューまでをまとめた番組がゴールデンタイムで放送されたこともあり、彼女たちは“ポストおニャン子”の本命かとも思われた。ところが、『〜夢工場'87』終了後、おニャン子の解散より前に姿を見かけなくなってしまうのだ。1987年の夏の間だけ活動した幻のアイドルなのである。

幻のアイドルといえば一条寺美奈についても触れておきたい。彼女は映画『新宿純愛物語』のヒロイン役に選ばれ、主演の仲村トオルとのデュエット曲をヒットさせるが、半年程度で芸能界を離れてしまった。




Pumpkinは水谷麻里のバックダンサーだった2人のユニットだ。BaBeはデビュー曲の「Give Me Up」以降シングルを連続ヒットさせた。エントリーされなかったのは、ダンス&ボーカルユニットのような位置づけだと考えられたからか?

牧野アンナは、90年代に “SUPER MONKEY'S” としての再デビューを経て、振付師としてアイドル界に多大な貢献をした。のちに “LINDBERG” のボーカルとなった渡瀬麻紀は、バンド活動が成功した元アイドルの数少ない例である。

【1988年デビュー】モモコクラブ出身の円谷優子は、レゲエ風の楽曲でデビュー


☆上位ランクインしたアイドル
16位:Wink

☆エントリーされなかったアイドル
あすか組、A-Cha(あちゃ)、エンジェルス、We We(ういうい)、浦川智子、浦西真理子、大井裕子、岡本南、川奈雅子、北岡夢子、喜多嶋舞、島崎路子、土家里織、円谷優子、仲村知夏、西由梨絵、深津絵里、宮崎純、山崎真由美

新人女性アイドルには厳しい時代となり、Winkを例外にアイドル歌手活動で後世に名を残した存在は少ない。喜多嶋舞はテレビドラマ『ときめきざかり』(フジテレビ系)に主演デビューしたが、歌手としては人気を得られず。深津絵里は、その名前のほかに「高原里絵」という別名義でもシングルをリリースし、それぞれ路線の異なる楽曲を歌うという変化球で勝負したが、時代のストライクゾーンには入らなかった。

アイドルの名門であるサンミュージックが売り出した北岡夢子もトップ戦線を走ることはできず。長らく露出のなかった彼女は近年、『クイズ!脳ベルSHOW』(BSフジ)に出演して古参アイドルマニアをざわつかせている。

ただし、その後に別の形でスポットライトを浴びた88年組もいる。3人組のA-Chaのメンバーのうち、山口由子はシンガーソングライターとなり1999年に「believe」という曲をヒットさせた。また、モモコクラブのメンバーながら、「HELP」という時代を先取りしすぎたレゲエ風の曲でデビューした円谷優子もしかりだ。彼女はCDバブルの時代に「円谷憂子」の芸名で小室哲哉プロデュース楽曲をリリースし、まずまずのセールスを記録している。



【1989年デビュー】”DA PUMP” ISSAの姉、里中茶美も89年デビュー組!


☆上位ランクインしたアイドル
28位:宮沢りえ

☆エントリーされなかったアイドル
Un a Un(あんなあん)、奥永知子、河田純子、栗原冬子、小林彩子、彩木未来、咲浜小百合、佐藤忍、里中茶美、須藤和美、髙橋喜代子、田山真美子、千葉美加、西尾えつ子、BANANA、日原麻貴、星野由妃、山口弘美、山中すみか、楽天使

“アイドル冬の時代” が到来し、典型的な80年代型新人アイドルは激減。そのなかで正統派&清純派だった河田純子と田山真美子は、それぞれソロデビューのあとに、前年にデビューした同路線の中山忍と”楽天使”というユニットを結成し、局地的な盛り上がりを発生させた。

里中茶美は “DA PUMP” のISSAの姉で、奥永知子、3人組のBANANAとともに沖縄アクターズスクールの出身者であった。この流れが90年代の安室奈美恵、SPEEDらの登場につながっていくのである。





── 80年代にはかくも多くのアイドルがデビューしていた。なかには、夢と現実のギャップに苦しんだ者、辛酸をなめて短期間で芸能界を去った者、当時を思い出したくない過去だと考えている者もいるだろう。ただし、希望を胸にデビューした瞬間があったことは、すべてのアイドルに共通しているのである。

80年代アイドル総選挙 ザ・ベスト100

▶ 花の82年組に関連するコラム一覧はこちら!



2023.03.04
43
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
ミゾロギ・ダイスケ
コラムリスト≫
58
1
9
8
8
筆頭はユーミン? 女性シンガーソングライターが関わった【80年代アイドル総選挙】
カタリベ / 長井 英治
55
2
0
2
3
中森明菜が松田聖子を抜いた!ついに発売「80年代アイドル総選挙!ザ・ベスト100」
カタリベ / Re:minder 編集部
44
1
9
8
5
インパクト抜群!秀逸なデビュー曲ベストテン【80年代アイドル総選挙】
カタリベ / チェリー|昭和TVワンダーランド
50
2
0
2
3
いったいなぜ?【80年代アイドル総選挙】80年代にあれだけのアイドルが輩出された理由
カタリベ / 馬飼野 元宏
60
1
9
8
0
トップはやっぱり松田聖子?【80年代アイドル総選挙】後世に影響を与えた10人の開拓者
カタリベ / ミゾロギ・ ダイスケ
84
1
9
8
8
2時間ドラマ視点でみた【80年代アイドル総選挙】芳恵のビキニラインが真相を暴く?
カタリベ / @0onos