4月5日

小泉今日子「BEAT POP」KYON² 主催の80年代末 J-POP 大宴会!

30
0
 
 この日何の日? 
小泉今日子のアルバム「BEAT POP」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1988年のコラム 
トレイシーは歌う。ここを出ていくのか、死ぬまでこうして生きていくのか

俺たちのアニキ!ミッキー・ロークから教わったダメ男でも前に進む生き方

ライブバンド BOØWY の軌跡、到達点を示す東京ドーム公演「LAST GIGS」

薬師丸ひろ子「Sincerely Yours」80年代気鋭の女性シンガーソングライター大集結!

歴史に残る怪演出!TBS「ザ・ベストテン」で中山美穂に捧げられたラーメン?

安全地帯「月に濡れたふたり」男の僕が好きになる玉置浩二の歌声

もっとみる≫




アルバム「BEAT POP」KYON²だからこそ集まった多士済々なアーティスト


1988年、時はまだ “昭和” だった。当時筆者は大学3年生。サークルの部室が集まったクラブハウスに行くと、BOØWYやTHE BLUE HEARTSが、隣の部室から流れてくる…… そんな年の4月に世に出たのが、小泉今日子12枚目のアルバム『BEAT POP』だ。

本作の発売に先立って、KYON²はシングル『GOOD MORNING-CALL』を3月にリリース。小室哲哉と組み、シングル曲の作詞を初めて自ら手掛けた―― KYON²、22歳。ノリノリで怖いものナシの時期だ。

80年代半ば、聖子でもなく、明菜でもない第3の道を疾走してきたKYON²は、80年代末になると、時代の先端を行くミュージシャンたちと積極的に交流。この『BEAT POP』も「小泉今日子 スーパーセッション」というサブタイトルどおり、多彩なメンバーが顔を揃えている。

作詞・作曲・編曲陣は、クレジットから順に列挙していくと、ホッピー神山、野村義男、小室みつ子、小室哲哉、戸田誠二、加藤ひさし、サンプラザ中野、久保田利伸、松本晃彦、サエキけんぞう、窪田晴男、宇部セージ…… どう見てもアイドルのアルバムじゃない(笑)。

また前々作『Hippies』(1987年)では氷室京介が曲を提供しているが、本作では “相方” の布袋寅泰がギタリストとして参加。聴いてすぐにそれとわかるプレイで、3曲を演奏している。

しかし、よくまあこれだけ多士済々なメンツが集まったものだ。KYON²だからこそ集まったとも言える。

小泉今日子のポリシーを明確に示したアルバム


現在もその姿勢はまったく変わっていないけれど、この『BEAT POP』は

「自分が好きな人たちと、やりたいことをやる」

… というKYON²のポリシーを明確に示した一枚だ。つまりは「周りのオトナたちにやらされてるんじゃなくて、私がやりたいからやってんの!」と宣言したアルバムでもある。

「作詞:サンプラザ中野、作曲:久保田利伸」という異色の組み合わせによるA面4曲目「パーティー」はタイトルどおりのハッチャケた曲。KYON²自身が心から楽しんで歌っていることが伝わってくる。考えてみたらこのアルバムは “KYON²主催の80年代末J-POP大宴会” なのかもしれない。

また10曲中5曲の作詞(「Cutey Beauty Beat Pop」のラップ詞は野村義男と共作)をKYON²自身が手掛け “作詞家・小泉今日子” としての顔を前面に打ち出したのも見逃せないところだ。

個人的に当時「お?」と思ったのは、7曲目「Happy Blue ★」(作曲:ホッピー神山)の「♪時間がたっぷりあまってるから ゆううつなしあわせ楽しんでる」というフレーズだ。別に悩みなんてないんだけど、わざと深刻ぶった顔をして、そんな自分を鏡で見てうっとりする…… なんなんだ、この文学性は。KYON²の才能、おそるべし。

ディレクター田村充義が勧めた作詞


筆者は、かつてビクターでKYON²の担当ディレクターを務めた田村充義氏に当時の話を伺ったことがある。スペクトラムや、小中学生のテクノバンド、コスミック・インベンションなどを手掛け、KYON²に作詞をするよう勧めた功労者だ。

田村氏によると「彼女は、物事の見方が正確なんです。ドラマのここが面白かったとか、なぜ面白いのかをいつも分かりやすくスラスラッと語ってくれて。『あ、この人は詞が書けるな』と直感しました」

しかしKYON²は当初「プロの作詞家が書いた作品の中に、素人の私の詞が並ぶのは申し訳ない」と遠慮した。だが、どうしても詞を書いてほしかった田村氏は、KYON²にこんな手紙を書いたという。

「今までは『これをやりなさい』という仕事をやっていればよかったかもしれない、でも、これからは自分で仕事の方向性を決めていかないと、いずれ立ち行かなくなる時が来る。そういう意味でも今、作詞にチャレンジしてほしいんだ」

「わかった」と了承し、まずはアルバム曲を作詞するようになったKYON²。最初はペンネーム(美夏夜)を使い、自作であることを公表しなかったが、アルバム『Phantasien』(1987年)から「そろそろいいかな」と解禁。“作詞:小泉今日子” とクレジットを入れるようになった。自分でも納得の行く詞が書けるようになったからだ。

オールナイトニッポンから始まった様々な才能との出会い


その助けになったのが、当時担当していた『オールナイトニッポン』(水曜1部)である。1986年4月、弱冠20歳で始めたこの番組には、彼女が逢ってみたい人たちがゲストとして次々にやって来た。田村氏もよく同行していたそうで、いわく「あの番組で人脈を広げ、幅広いジャンルの曲を聴いたことが、彼女の内面的成長につながった。そこでよく次の企画が生まれたりしましたよ」。

この『BEAT POP』もまさにそうで、参加メンバーの一人・サンプラザ中野は、KYON²とちょうど同時期に『オールナイトニッポン』のパーソナリティを担当していた(金曜1部)。つまり “ヨコのつながり” だ。

ラジオを媒介にして様々な才能と出逢い、彼らに触発されて、あるいは逆に刺激を与えて、歌謡曲の裾野をグンと拡げていったKYON²。

今年1月、筆者は拙著『昭和レコード超画文報1000枚』(303BOOKS)を上梓したことがきっかけで、KYON²のポッドキャスト番組『ホントのコイズミさん』にゲストとして招かれるという僥倖に預かった。

その際、田村氏の話になり、私が上記の話をしたら、KYON²はこう言った――

「田村さんは作詞とか、いろんなことへ自然と導いてくれた。(今やっていることは)あそこから始まりました。小泉今日子の中の成分として、田村さんは40%ぐらい入ってますね」

40周年☆小泉今日子!

▶ 小泉今日子のコラム一覧はこちら!



2022.03.12
30
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1967年生まれ
チャッピー加藤
コラムリスト≫
36
1
9
8
6
ポスト堀ちえみ? 清純派路線の正統派、島田奈美は試練の86年組
カタリベ / KARL南澤
72
1
9
8
6
極上の切なさを召し上がれ、菊池桃子の集大成「Broken Sunset」
カタリベ / 藤澤 一雅
72
1
9
8
2
松田聖子「渚のバルコニー」松本隆が描く女の子の “妄想” お泊りソング?
カタリベ / 不自然なししゃも
31
1
9
8
8
現在 過去 未来。小泉今日子「夏のタイムマシーン」がこんなにまで心に響く理由
カタリベ / 前田 祥丈
56
1
9
8
4
中森明菜「北ウイング」林哲司がイメージした “やさしくても芯の強い女” とは?
カタリベ / 彩
54
1
9
7
8
伝説のファイナルカーニバル、キャンディーズ解散と私の社会人デビュー!
カタリベ / ふくおか とも彦