7月10日

夜空を見上げる小泉今日子「夜明けのMEW」から溢れ出る少女感

27
0
 
 この日何の日? 
小泉今日子のシングル「夜明けのMEW」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1986年のコラム 
レゲエビートにのせた夏の日の恋「MERRY X'MAS IN SUMMER」

1986年の桑田佳祐と佐野元春、30歳になった2人のロックミュージシャン

無敵のダイヤモンド・デイヴ 「ヤンキー・ローズ」一発で、僕はヤラれた

1986年の秋元康 ― 小泉今日子「夜明けのMEW」にみる ほとばしる才気

エリック・クラプトン&フレンズ、たった4人のライヴ・アット・モントルー

おニャン子クラブ「夏休みは終わらない」蘇る夏の風景と夕方5時の歌声

もっとみる≫




小泉今日子に親近感を覚える「夜明けのMEW」


私のなかで、小泉今日子のイメージはずっと “未確認飛行物体”。空を越えて、ララ星の彼方! 実際、UFOが瞬間移動しながら空を飛んでいくように、キョンキョンは小さな体でバブル期のカルチャーシーンを飛び回っていた。

特に1983年から86年の彼女は、ボーダーラインなんて存在しないイメージ。「まっ赤な女の子」で自ら髪を刈り上げ、奇抜な衣装で「なんてったってアイドル」をシャウトし。様々なクリエイター陣がこぞって彼女の個性に乗っかり、尖った作品を作り上げていた。

しかも、どんなヘンなことをしても、キョンキョンの凛とした個性は揺るがない。ただ、尊敬と同時に「私の16才」「ひとり街角」など、初期のアイドル性が高い楽曲が好きだった私は、段々遠い人になっていく寂しさもあった。

スゴいよ。スゴいけど、ちょっと追いつけないよキョンキョン……!

そんな彼女がふっと地上に降りてきて、こちらに寄り添ってくれた気がしたのが「The Stardust Memory」「魔女」、そして「夜明けのMEW」である。特に「夜明けのMEW」は、「なんてったってアイドル」「100%男女交際」という跳ねた楽曲を挟んだあとが続いたあとだったので、余計に沁みた。

ああ、キョンキョンの声はやっぱりやさしい。好きだなあ……!

“MEW” ってなんだ? 映画「子猫物語」の主題歌になる予定… だった


当時は何気なく聴いていたけど、“MEW” はなんなのか? なるほど、猫の鳴き声にヒントを得た言葉らしい。1986年に公開された、畑正憲監督・脚本の映画『子猫物語』の主題歌になる予定だったという。結局主題歌は吉永敬子「子猫物語」になり、小泉今日子は詩の朗読を担当した。私も観た覚えが…! チャトランを思い出す。

そういう経緯があった曲だとしても、“NYA(ニャー)” ではなく “MEW(ミュー)” という音が出てくるのが本当に素晴らしい。子猫の小ささも思わせるし、女の子の、思わず口から洩れた泣き声も重ねて想像でき、胸が切なくなる。作詞は秋元康氏だが、当時おニャン子全盛期で恐ろしく忙しかったはず。そんななか、このクオリティ維持……。やっぱり天才だ。

歌い出しの「夜明けのMEW 君が泣いた」の「MEW……」というキョンキョンの声は悶えるほどセンチメンタル。歌の舞台は真夜中から朝にかけて、ベッドの上。とても短い時間、とても狭いスペースの描写ではあるが、その夏に起こったいろんな出来事や2人の後悔が見えてくるようだ。

武部聡志によるアレンジも素晴らしく、私はこんなに雨粒みたいな柔らかさを持つシンセサイザーの音を他に知らない。

ちなみにこの歌と同時期、1986年にヒットした夏うたはTUBEの「シーズン・イン・ザ・サン」、KUWATA BANDの「スキップ・ビート(SKIPPED BEAT)」、1986オメガトライブの「君は1000%」「Super Chance」、杉山清貴「さよならのオーシャン」など。凄まじいほど豊作の年! そんななか、「夜明けのMEW」は14週チャートインするロングヒットとなっている。

小泉今日子の声の魅力は “ガールズ・ネクストドア(隣のお姉さん)”


2016年に発行された『MEKURU Vol.07』(ギャンビット パブリッシング)のインタビューで、“青春時代歌っていた歌” について、

「今振り返ると素敵な曲ばかりなんだけど、ちょっと奇をてらった曲が多かったから『またふざけたタイトルだなあ』とか『聖子ちゃんみたいな曲も歌いたいぜ』みたいな気持ちもあったよね(笑)」


… とあって、本当に驚いた。私はずっと彼女が、正統派アイドルの世界観が照れくさくて、自ら時代をぶっ壊しにかかっていると思いこんでいたから。

多分、彼女のいう “奇をてらった楽曲” の最たるものは「なんてったってアイドル」だったと想像する。だからこそ、その「なんてったって~」を作った秋元康・筒美京平コンビから、今までのシングルにないメロウな「夜明けのMEW」を与えられたのは、キョンキョンにとって大きな意味を持ったに違いない。

実際、彼女もラジオ番組で、

「「夜明けのMEW」を歌えたことは嬉しかった」

… と話している。

糸井重里氏は、彼女の声の魅力について「ガールズ・ネクストドア(隣のお姉さん)」と答えている。確かに、ミディアムな曲を歌うとき溢れ出るのは、夜空を見上げるような少女感。

キョンキョンは未確認飛行物体などではなかった。ずっとその声は横にいたのだな、と「夜明けのMEW」を聴いて、しみじみと思う。

40周年☆小泉今日子!

▶ 小泉今日子のコラム一覧はこちら!



2022.03.05
27
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1969年生まれ
田中稲
コラムリスト≫
136
1
9
8
5
今こそ堪能、石川秀美の魅力!秀樹の妹はセクシーロックンローラー
カタリベ / 臼井 孝
115
1
9
8
0
初期・松田聖子は爆発的声量で叫び、吠えた。
カタリベ / スージー鈴木
19
1
9
8
1
オン・ジ・エッジのハラハラ感、松本伊代「センチメンタル・ジャーニー」
カタリベ / KARL南澤
92
1
9
8
6
プロデューサー中森明菜の慧眼際立つ!最大の問題作「不思議」を再評価
カタリベ / 後藤 護
14
1
9
8
6
上司悶絶! 1986年のマリリンで腰を振る総務部屈指のアーティスト
カタリベ / 小山 眞史
43
1
9
8
2
胸をしめつける「セカンド・ラブ」ひとりの女性としての中森明菜
カタリベ / 稲田 雪路