7月5日

開放的でピースフル!ふたつの季節で楽しめる KUWATA BAND のクリスマスソング

35
0
 
 この日何の日? 
KUWATA BANDのシングル「MERRY X'MAS IN SUMMER」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1986年のコラム 
ウォーク・ディス・ウェイ!ロック×ヒップホップ、歴史を塗り替えた1曲

ブラジル青春グラフィティ「ウォーク・ディス・ウェイ」と一目惚れの彼

ランDMCから教わった「ウォーク・ディス・ウェイ」は自業自得のお説教

1986年の桑田佳祐と佐野元春、30歳になった2人のロックミュージシャン

無敵のダイヤモンド・デイヴ 「ヤンキー・ローズ」一発で、僕はヤラれた

1986年の秋元康 ― 小泉今日子「夜明けのMEW」にみる ほとばしる才気

もっとみる≫




夏にリリースされたKUWATA BANDのクリスマスソング


KUWATA BANDのシングル「MERRY X'MAS IN SUMMER」は、その名の通り、夏にリリースされたクリスマスソングだ。「どうしてまた夏にクリスマスソングなのだろう?」と思っていたら、「南半球じゃクリスマスは夏だからな」と友人に言われ、ひどく感心したのを覚えている。クリスマスが冬なのは北半球で暮らす僕らの目線に過ぎない。そんな当たり前のことに、僕はこのとき初めて気づいたのだった。

その日の学校帰りにレコード屋へ寄り、発売されたばかりの「MERRY X'MAS IN SUMMER」を手に取った。ジャケットの中では、スノーマンが汗をかきながらスイカを食べており、熊が生ビールを飲んでいた。上半身裸のサンタクロースがサーフボードを抱えてビーチを歩いていた。夏のクリスマスもなかなか楽しそうである。

開放的でピースフルなレゲエのリズム「MERRY X'MAS IN SUMMER」


曲はレゲエビートにのせた夏の日の恋を歌ったもので、タイトル以外にクリスマスという単語は出てこない。また、南半球が舞台かと思いきやエボシ岩が歌詞に出てきたりと、設定自体も大分ゆるいようだった。それでも、間奏にジングルベルのメロディーが挿入されていたり、「神様が微笑むこの街」といったフレーズなどから、クリスマスソングらしい風情もちゃんと感じられた。

桑田佳祐がどうして夏にクリスマスソングを出そうと思ったのか、その真意はわかりかねるが、このときサザンオールスターズは1年間限定で活動を休止しており、桑田はKUWATA BANDとしてサザンとは違う視点での活動を精力的に行っていた時期だった。そこで、サザンならストレートにサマーソングを出すところを、少しひねってみたくなったのかもしれない。夏だけどクリスマスですよと。



「MERRY X'MAS IN SUMMER」はその夏にヒットした後も、クリスマスが近づくにつれ、再びあちこちから聞こえてくるようになった。他のクリスマスソングに比べると厳粛さに欠けてはいたが、その分開放的でピースフル。当時はまだ冬にレゲエのリズムを聴くのが珍しかったこともあり、やけに新鮮に響いたものだった。

夏になれば聴きたくなり、クリスマスが近づくとまた聴きたくなる


クリスマスソングには新旧問わず名曲が多い。歴史上もっとも売れたシングルレコードが「ホワイト・クリスマス」であるという例を出すまでもなく、質量ともに圧倒的だ。それでも、クリスマスが近くならないとあまり聴く気がしない。時期ものだし当たり前なのかもしれないが、これだけいい曲がたくさんあると、それはそれでもったいない気もしてくる。でも、聴く気がしないのだからしょうがないのだろう。

その点、「MERRY X'MAS IN SUMMER」は例外だ。夏になれば聴きたくなり、クリスマスが近づくとまた聴きたくなる。レゲエのリズムにのせて夏の到来を喜び、楽しげなメロディーに合わせて聖なる夜を祝う。サマーアンセムがクリスマスソングなのか、クリスマスソングがサマーアンセムなのか…。どちらにせよ、ふたつの季節で楽しめるクリスマスソングなんて、そう多くはないはずだ。

夏と冬。南半球と北半球。それぞれのクリスマスを思い浮かべながら、今年も「MERRY X'MAS IN SUMMER」をターンテーブルにのせよう。


※2017年12月23日に掲載された記事をアップデート

▶ KUWATA BANDの記事一覧はこちら!



2022.12.12
35
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1970年生まれ
宮井章裕
コラムリスト≫
37
1
9
8
8
感動の配信ライブ!サザンオールスターズ「みんなのうた」と特別な約束
カタリベ / 宮井 章裕
51
1
9
8
5
サザンオールスターズ「KAMAKURA」デジタルとの格闘と生音への拘り
カタリベ / ミチュルル©︎たかはしみさお
32
1
9
8
6
伝説の音楽番組「メリー・クリスマス・ショー '86」こんな番組2度とできない!
カタリベ / 藤澤 一雅
31
1
9
7
7
マイケル・フランクス「アントニオの歌」がもたらした80年代ボサノバ歌謡
カタリベ / せトウチミドリ
16
1
9
8
9
大晦日の家族麻雀とサザンオールスターズ年越しライブ「いっちゃえ!'89サザンde'90」
カタリベ / 宮井 章裕
111
1
9
8
2
サザンの本質ここにあり「ヌードマン」音楽と格闘する生々しさが最大の魅力!
カタリベ / 前田 祥丈