10月26日

バクチクのメジャー初シングル「JUST ONE MORE KISS」とCDラジカセ・シーディアン

42
2
 
 この日何の日? 
BUCK-TICK のメジャー・ファーストシングル「JUST ONE MORE KISS」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1988年のコラム 
80年代のオジー・オズボーンを支えた5人の敏腕ギタリストたち

NHKの一大決心? オリンピックのテーマソングは浜田麻里から始まった!

ジェームス藤木は日本のJBだった?「ダンス・エクスプロージョン」の衝撃

長渕剛「とんぼ」ミュージシャンとしての原点を歌った名作ドラマ主題歌

小泉今日子「快盗ルビイ」インテリキラーアイドルは大瀧詠一キラーアイドル?

長渕剛の主演ドラマ主題歌「とんぼ」時代を越えて愛される昭和の鎮魂歌

もっとみる≫



photo:buck-tick.com  

結成は1985年! 秀逸すぎるコピー「バクチク現象」


BUCK-TICK(バクチク)には「80's感」が希薄だ。だが、不動の現メンバーによる結成は1985年。ロンドン郊外で『ライヴエイド』が開催された年である。

メジャーデビューはZIGGYやPERSONZ、レピッシュ、ザ・プライベーツ、ユニコーン、ブルーハーツらと同じ1987年―― 僕のいちばんのBUCK-TICKの思い出は80年代にある。

1987年9月、BUCK-TICKは『バクチク現象 at THE LIVE INN』というVHSのライブビデオでメジャーへ進出した! 今思い返してみても “バクチク現象” というコピーセンスは秀逸だと思う。バンド名同様に、ビジュアル優先で中高生の心を鷲掴みにする、これしかないと思えるわかりやすいワンワードだ。僕も力いっぱいその現象に乗っかった。

さらに翌1988年、BUCK-TICKならではのイカしたキャッチコピーが思わぬところから登場する。それはブラウン管の中からやってきた。ビクターのCDラジカセ「CDian(シーディアン)」の TV-CMにBUCK-TICK が出演したのである。

メジャーでのファーストシングルとなった「JUST ONE MORE KISS」が流れる中、空港のロビーを闊歩する髪を逆立てたド派手な5人のメンバー。彼らにいぶかしげな視線を向けるサラリーマンのオッサンたち。その強烈なCMのキャッチコピーは――

「重低音がバクチクする。」

いやー絶妙だ。この言葉にもシビれたが、ラジカセで重要なのは重低音!それこそ、バクチクなるものなのだ!と僕は信じて疑わなかった。そして使いもしないダイエースプレーを買ってきて学習机の上に飾った。

そんなわけで、僕は中学生の一時期、BUCK-TICKとCDianを同時に追いかける日々を過ごした。カセットテープでBUCK-TICKを聴きながら、いつの日かCDianを手に入れることを夢見ていたのである。



斬新だったBUCK-TICKの音楽性


その頃のBUCK-TICKの音楽性は、大きくくくれば、BOØWY解散後に雨後の筍の如く出てきたメロディアスなビートロックの範疇ではあったが、YMO好きを公言する今井寿の弾くニューウェイヴなギターの音色とフレーズには斬新なものがあった。TV-CMにバーンっと登場するメジャー感も気に入った。

たとえばクラスで「メトロファルスが好き」と言っても誰も理解してくれなかったが、「光GENJIよりもBUCK-TICKが好き」と言えば、ロック少年の趣味趣向が伝えられたのだ。

一方、ラジカセCDianは、4万円台半ば~8万円台後半、僕にとっては価格が高すぎた。結局手が届かなかったけれど「ダブルカセットデッキ + サブウーハー」という、今聞いてもワクワクドキドキするような仕様には本当に憧れた。とにかくBUCK-TICKとCDianは、僕の記憶の中では80年代における切っても切れない関係で、今となっては本当はどっちのファンだったのかわからないくらいなのである。

不動のメンバーで今もロックし続けるスゴイ奴ら!


あれから30年以上の時を経た今、高級CDラジカセはほぼ役目を終え、CDまでもが市場から存在感を失いつつある。僕だって中学生からアラフィフになり、正直、妙な若者から目をそらすこともある。気がつけばTV-CMで見た空港のオッサン側に片足を突っ込んでる。

その間、BUCK-TICKはメンバー変更もなくずっとメジャーでロックし続けてきた。ヴォーカル櫻井敦司はあの頃の美貌をとどめたままだ。

そして2022年はメジャー・デビュー35周年にあたる。35年というと、新卒で入社したサラリーマンが定年退職まで勤め上げた年数とほぼ同じ。改めて考えると、なんとスゴイ奴ら! なんたる働き者たち! これからもバクチクしながら唯一無二のゴシックな輝きを放ち続けてもらいたい。われらの「バクチク現象」よ―― 永遠に。


※2018年11月22日、2019年10月26日に掲載された記事をアップデート

▶ BUCK-TICKのコラム一覧はこちら!



2022.10.26
42
  Songlink


  Songlink


  YouTube / yuriyurimatsumatsu
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1974年生まれ
吉井 草千里
コラムリスト≫
18
1
9
8
7
レピッシュ − もし1987年にピンポイントで戻ってすぐ帰って来られるなら
カタリベ / 佐々木 美夏
56
1
9
9
0
ポストBOØWYの金メダル!UP-BEATが育んだ80年代ビートロックの豊穣な恵み
カタリベ / 吉井 草千里
38
1
9
9
0
元ちとせ「ワダツミの木」をプロデュースした上田現の才能
カタリベ / キンキーとキラーズ
34
1
9
8
6
ポップスターの悲劇? チェッカーズとお酒と西麻布のレッドシューズ
カタリベ / 佐々木 美夏
41
1
9
8
7
1987年はバンドブーム元年!東京モッズシーンから飛び出したコレクターズ
カタリベ / 佐々木 美夏
30
1
9
8
9
BUCK-TICKの記念碑的アルバム「TABOO」そのダークでニューウェーブな世界
カタリベ / 広瀬いくと