10月6日
ジャケットはまるで墓標、イーグルス解散を予言していた「ロング・ラン」
45
0
 
 この日何の日? 
イーグルスの最後のスタジオアルバム「ロング・ラン」が日本でリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1979年のコラム 
別れても好きな人。私、シルヴィアとデュエットした男です

今も後悔!きれいな異邦人を見逃した!

理想の女、峰不二子について語ろう。悪女とラヴ・スコール

太陽を盗んだ男、ジュリーと文太と長谷川和彦、そして魅惑の名画座の記憶

桃井かおり&研ナオコ共演!乙女チックコメディー「ちょっとマイウェイ」

地味ながらセンス抜群、天才テリー・ホールの魅力「スペシャルズ」篇

もっとみる≫

photo:FANART.TV  

イーグルスの6枚目のアルバム『ロング・ラン』のアルバムアートワークは、この時のバンドの状況を暗示するかのように薄暗い。ロゴや写真、イラストなどを一切使わず、黒の背景に文字だけで、まるで墓標のようだ。間違いなくこのイーグルスという70年代を代表する偉大なバンドが歩んで来た道の終わりを示している。後付けのイメージかもしれないけど、結果としてこのアルバムがイーグルス最後のアルバムとなるのだから。

僕はイーグルスの大ファンだ。自分のお金で初めて買ったシングルレコードは「ホテル・カリフォルニア」(1976年)だし、初めて買ったアルバムは『イーグルス・ライブ』(1980年)だ。『ロング・ラン』を手に入れたのは1981年、高校1年生になった時で、イーグルスは活動停止中の時。翌1982年に正式に解散が発表された。大好きなグループで、これから本格的に聴いていこうと思っていた矢先の解散は残念で残念で仕方がなかった。だからこそ、この最後のアルバムは、僕にとって、とても愛おしい存在となっている、未だにね。

前作『ホテル・カリフォルニア』の大ヒットは、次回作であるこのアルバムの制作を、そのプレッシャーから非常に困難なものにしてしまったようだ。メンバーのドン・ヘンリーはこう言う、「グレンと僕からロマンが失せてしまった」と。つまり、制作に相当苦労した『ロング・ラン』は『ホテル・カリフォルニア』ほどの出来ではないということをメンバー自身が認めているのだ。

曲作りは絶えず殴り合いに等しかったようで、歌詞の一言が元で大喧嘩にもなったとも言う。当初の予定より大幅に遅れた完成、「僕たちは燃え尽きてしまった」という当時のドン・ヘンリーの言葉はとても重い。この後の解散を予言した言葉なのだから。

『ロング・ラン』はセールス的には成功する。「ハートエイク・トゥナイト」「ロング・ラン」「言いだせなくて(I Can't Tell You Why)」の3枚のシングルヒットを飛ばし、ビルボードチャートでも1位に輝いた。しかし、メディアからは酷評される。テーマやアイデアに欠け、弱めの曲を過剰に装飾し、取り繕おうとしている作品に過ぎないと。このメディアの評価もメンバー間の亀裂が深まった原因となり、ロング・ラン・ワールド・ツアー終了後に彼らは活動を中止する。

グレン・フライはこう語った、「このアルバムを制作している間にすべてが変わった。ドンと僕は友情を謳歌する余裕もなかった」と。またこうも言った、「単純にバンド活動に飽きたんだ。80年代にイーグルスのアルバムを作る気にならなかった」と。

ビートルズが1960年代を代表するバンドだとしたら、1970年代を代表するバンドはイーグルスであると言ってもいいと僕は思う。事実、イーグルスはビートルズと同様に全世界で1億枚を超えるセールスを記録する数少ないアーティストだ。折しもビートルズも1970年に解散、イーグルスも実質1980年に解散したので、次の10年に入ったところで活動を終えている。この点も似ていて興味深い。

僕は、音楽評論家でもないし、音楽業界にいたわけでもないので、そのアルバムに対して正しい評価をすることは出来ないけど、この『ロング・ラン』というアルバムはとても好きだ。結果的に解散の引き鉄になった運命のアルバム。だからこそ愛おしいと僕は思うんだ。英語タイトルの『THE LONG RUN』は歌詞の中ではIn the long runなので「長い目で見れば、結局は、最後には」という意味になります。ジャケットの墓標のようなデザインといい、タイトルといい、なんと最後のアルバムに相応しいことか。皆さんもそう思いませんか?

2017.02.26
45
  YouTube / michael45701


  YouTube / LA MAQUINA DEL TIEMPO


  YouTube / Sofia David
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1965年生まれ
藤澤一雅
コラムリスト≫
36
1
9
7
7
ホテル・カリフォルニアとおよげ!たいやきくん
カタリベ / 藤澤 一雅
60
1
9
8
0
【R.I.P.】安らかにグレン・フライ、イーグルスよ永遠に!
カタリベ / 藤澤 一雅
24
1
9
8
9
ビートルズのソロで初めて武道館のステージに立ったのはリンゴ・スター!
カタリベ / 宮木 宣嗣
70
1
9
8
6
小悪魔系じゃじゃ馬!リンダ・ロンシュタットは西海岸の恋多き歌姫
カタリベ / 中川 肇
7
1
9
8
0
共有感満載の80年代洋楽ヒット!ビルボード最高位2位の妙味 vol.4
カタリベ / KARL南澤
11
1
9
8
5
グレン・フライの最も派手なヒット曲 ー ビバリーヒルズ・コップの主題歌
カタリベ / KARL南澤
Re:minder - リマインダー