1966年 6月29日

6月29日は【ビートルズの日】伊藤銀次が語る ビートルズの何がすごかったのか?

54
0
 
 この日何の日? 
ビートルズが初来日し、羽田空港に到着した日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

もっとみる≫




シングル盤の時代から、アルバム重視の時代へと、世界を牽引していったビートルズ


ビートルズの何がすごいって、それはとりもなおさず、それまでのポップスターのありかたを何もかも変えてしまったことだと思う。

1960年代初期、リバプールから突然現れた彼らは、湯水のようにヒット曲をリリース、本国イギリスだけでなく全米にも進出。そしてあっというまに世界を席巻してしまったのだけど、そこからの彼らがすごかった。

その人気にあぐらをかくどころか、その人気を借りて、音楽シーンをシングル盤の時代から、アルバム重視の時代へと、世界を牽引していったところがすごいのだ。

中でも『Sgt.Pepper’s Lonely Hearts Club Band』がシーンにあたえた影響はとても大きい。同時代の多くのアーティストやバンドは次々とこのアルバムのような「トータル・アルバム」をこぞってリリースするようになり、「ロックアーティストはアルバムで」という時代が来ることになる。



マルチメディアな存在となった最初のアーティスト


ビートルズ登場以前のシングル盤中心のポップスの時代では、だいたい歌詞のテーマはラブソングと決まっていたが、彼らは「Paperback Writer」や「She’s Leaving Home」などの、それまでのポップミュージックではとりあげなかったさまざまなテーマをまるで一編の短編小説を読んだ時のような質感の作品をつぎつぎ発表していった。

これも当時の他のアーティストたちに大きな影響を与えたね。これはボブ・ディランやサイモン&ガーファンクルと共に大きな功績だといっていいと思う。

さらに、好奇心旺盛な彼らが、インド音楽を取り入れたり、「Tomorrow Never Knows」のようなアヴァンギャルドなアプローチをはじめたり、音楽的にも冒険を始めたことが結果として、それまでのポップスシーンでは市民権のなかったプログレッシブロックやブルースロックなどのさまざまなジャンルの門戸を開けることになった。そして、それまでになかった多重録音を駆使するようになったことがのちのマルチチャンネルの登場を促すことになったことも見逃せないね。

そして、もちろん当時としてはありえなかった、男性の長髪化の始まりである。デビュー当時のマッシュルームカットで衝撃を与えた彼らは、その後も、常識にとらわれないカラフルな衣装を身にまとい、音楽のみにとどまらずに、ファッションを含めた、今日で言うマルチメディアな存在となった最初のアーティストのような気もしてくる。



「自由で開かれた音楽シーン」はビートルズから始まった


だが、数多くあるビートルズのすごさの中でも、僕が一番すごいと思うのは、彼らがただ歌うだけでなく、自らオリジナルソングを作詞作曲し、自らそれを編曲し演奏するという、なんでも自分たちでやっちゃうという画期的なスタイルでシーンに登場したことだった。

それまでの音楽シーンではだいたい、声やルックスのよい歌手が、プロの作詞家、作曲家が書き下ろした曲を、プロの編曲家がアレンジしたものを歌うという、分業システムでレコード制作されていた。しかし、なんと彼らはそれを打ち壊して、全部自分たちでこなしてしまうという、当時としてはかなりな離れ業をやってのけていたのだった。

しかも彼らは明らかに音楽学校でのような正当な音楽教育を受けていたわけではなかった。そのことが世界中のティーンエイジャーたちに「ひょっとしたら、僕にも曲が作れるかも」という気にさせたことの功績は大きい。

その後の「自由で開かれた音楽シーン」はここから始まったといっても過言ではないと思う。かく言う僕もその一人で、あくまで我流でギターを勉強し、レコードから多くをコピーし、そこからやがてはオリジナルソングを作り始めたのはまさにビートルズの影響からだったのだ。



何事にもとらわれない無邪気さこそが彼らの一番の魅力


現在では誰もが曲を作り、曲作りがそれほどめずらしいことではないけれど、ビートルズが出てくるまでの1960年代初期では、誰もが、曲なんてやっぱりちゃんとした音楽教育を受けてないと作れないと盲信していた。

そんな時代に、当時のアメリカンポップスに憧れていたジョンとポールがコンビを組んで、リバプールの互いの家で、キャロル・キング&ジェリー・ゴフィンというヒットメーカー作詞&作曲コンビを真似て曲作りをなんの疑問もなく始めたことを思うと、もちろん音楽的な才能に恵まれていたからこそできたことだけれど、まず偏見にとらわれずにトライした彼らの何事にもとらわれない無邪気さこそが彼らの一番の魅力だ。そして一番のすごさなんだと思えてくるのだ。どうもジョンもポールもこんなリバプールという田舎町の僕たちにできることだから誰でも曲が書けると思っていたらしい。

最後に、彼らの登場がきっかけで、1965年あたりからザ・バーズやザ・ラヴィン・スプーンフルのようなビートポップグループ全盛の時代がやってきた。そのおかげで、皮肉なことにキャロル・キング&ジェリー・ゴフィンなどの、それまでのプロフェッショナルな作詞家&作曲家たちの仕事が激減することになる。そこでキャロル・キングたちは自ら歌うことになり、そのことがシンガーソングライターブームの背中を押すこととなる。これも数あるビートルズ登場による影響のひとつだと言ってもいいと思う。

▶ ビートルズのコラム一覧はこちら!



2023.06.29
54
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1950年生まれ
伊藤銀次
コラムリスト≫
21
1
9
8
0
究極のトリビュート?トッド・ラングレンによるビートルズパロディの傑作
カタリベ / DR.ENO
41
1
9
8
1
日本における「カノン進行」の源流を探る旅(その2)
カタリベ / スージー鈴木
59
1
9
8
2
伊藤銀次の80s:キーワードは「リメイク」 それは単なるリバイバルじゃない!
カタリベ / 伊藤 銀次
55
1
9
8
1
ビートルズ「レット・イット・ビー」といえば、映画「悪霊島」を思い出す!
カタリベ / 親王塚 リカ
17
1
9
8
6
ポール・マッカートニーが全米トップ10に送り込んだ最後のヒット曲とは?
カタリベ / 宮井 章裕
35
1
9
8
7
ヘイル!ヘイル!ロックンロール、チャック・ベリーの更なる伝説!
カタリベ / DR.ENO