7月1日
J-POP界の開発屋、なぜ角松敏生はいつも早すぎるのか? vol.4
32
2
 
 この日何の日? 
角松敏生のインストアルバム「SEA IS A LADY」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1987年のコラム 
グレイト・ホワイトの真骨頂、寒い冬にはブルージーな「ロック・ミー」

ビールをまわせ〜♪ 柳ジョージ「すごい男の唄」はっドン!ドン!

筋肉少女帯の「高木ブー伝説」と「鼻血ブー伝説」は紙一重!?

ユーミンも絶賛!パット・メセニーのブラジルフレーヴァーは真夏の清涼剤

岡村靖幸はプリンスと松田聖子が大好きで最初からチャーミングな天才!

マリオネットから解放される方法、真の自由は自分の心の中だけに

もっとみる≫

photo:@0onos  

(vol.3からのつづき)

1980年代後半、NY系ダンスミュージックから角松が原点回帰したのが、やっぱり「海」だったが、それは三線の調べが流れる沖縄だった、という話は前回した。じゃぁ、デビューの頃のように、角松はヨコハマや葉山の海には戻って来なかったのか?というと、さにあらず。エスニック路線と並行して、意外な形で「夏男」としてビーチに現れるのである。
 
なんと彼はシンガーでありながら、自分のギタープレイを中心にしたインストアルバムで夏全開なメロディーを奏で始めたのである。それがアルバム「SEA IS A LADY」であった。開発屋の角松、こんどは、いわば本業のシンガーから「周辺事業」であるフュージョンへの業務拡張である。ちょうどスクエアやカシオペアがテレビ番組のBGMとして使われまくっている時期であった。

ここは一発、おいしそうなマーケットにいっちょ参入してやろうか、という訳でもあるまいが、角松の狙いはズバリ当たった。オリコンのアルバムチャートで最高4位を記録、その中の『SEA LINE』はJTのCM曲としてシングルカットされた。歌手と純粋な楽器奏者との両方でオリコンチャート10位にランクインしたのは、後にも先にも角松だけ。角松のメロディメーカーとしての非凡さを語るエピソードである。

夏の「波」に乗った角松は、こんどは自らが尊敬するベテラン・ミュージシャンたちの「再生事業」に着手する。角松は、まず手始めに、トランペット奏者の数原晋をリーダーとしたビッグバンド「Tokyo Ensemble Lab」(トーキョー・アンサンブル・ラボ)をプロデュースする。そして前年に続いて彼らの曲をJTのCMに起用した。数原は「必殺」「ルパン三世」など多くのテレビ番組のテーマ曲で演奏する日本屈指のトランペッターでありながら、レコードに名前もあまりクレジットされないような扱いだった。

「こうした“音”の匠たちに、光を当てるのが自分の役目」と角松がラジオで語るのを聞いた覚えがある。その後、自分のバックバンドもつとめる斎藤ノブのバンド「NOBU CAINE」をプロデュース、こちらは一時期「プロ野球ニュース」の中でよく音源が使われていた。

口先ばかりのリスペクトで先達の曲のパクリを繰り返すようなミュージシャンも多いなか、当時は学生だった私の目にも、角松の[男気]は際立っているように映ったものだ。ちょうどその頃、浅井慎平が現代の若者のヒーローを撮るJTのシリーズ広告があり、JTと縁の深かった角松も出演している。たゆる煙のむこうで、J-POPの開発屋こと角松敏生は時代を見る確かな目を光らせていた。


(つづく)

2016.05.20
32
  YouTube / plantfolklore


  YouTube / plantfolklore


  YouTube / zunzuke55
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1965年生まれ
goo_chan
ご紹介のCMはいずれも、当時私が在籍していた会社で手掛けたもので、大変懐かしいですね。ご紹介に感謝です。これらのご縁のおかげで、角松さんやノブさんのライブへ出かける機会が度々ありました。当時のステージではドリンクを口にしながら、ノブさんとの掛け合い座談会を繰り広げて、業界事情を楽屋落ちばりに語るシーンがありましたが、確かにパクりの風潮を揶揄する内容が多く含まれていましたね。
私はなぜか彼をシンガーとして考えたことはなく、ボーカルを楽器のように扱う人という印象をもっていて、それが数々のプロデュースに表れている気がしています。後の「VOCALAND」などではそれが強く発揮されたのではないでしょうか。今後はそのあたりの記事にも期待していますので、ぜひよろしくお願いします。
2016/06/02 21:03
12
返信
カタリベ
1965年生まれ
@0onos
コラムリスト≫
23
1
9
8
9
J-POP界の開発屋、なぜ角松敏生はいつも早すぎるのか? vol.3
カタリベ / @0onos
53
1
9
8
5
セクシャルな角松敏生!喘ぎ声に驚き、東京タワーのオシャレさに憧れた夜
カタリベ / 稲田 雪路
35
1
9
8
1
必殺シリーズの音楽は平尾昌晃と竜崎孝路、そしてトランペッター数原晋
カタリベ / 太田 秀樹
56
1
9
8
3
J-POP界の開発屋、なぜ角松敏生はいつも早すぎるのか? vol.2
カタリベ / @0onos
74
1
9
8
2
J-POP界の開発屋、なぜ角松敏生はいつも早すぎるのか? vol.1
カタリベ / @0onos
20
1
9
9
0
ブルーノートと専属契約を結んだトランペッター・日野皓正の素顔
カタリベ / 蘭 華
Re:minder - リマインダー