3月5日
永遠のモラトリアム映画「ダイナー」と音楽オタクの悲しい性(サガ)
17
0
 
 この日何の日? 
バリー・レヴィンソン監督作品「ダイナー」が全米で公開された日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1982年のコラム 
憂鬱度200パーセント増!そこがよかったFB3とテリー・ホール

父の転勤 一家で渡英、ロンドン初日はモヒカン軍団の乱闘から始まった!?

80年代タイヤメーカーCMの充実 〜 和製AOR路線のヨコハマタイヤ

ソフィー・マルソーの魅力を最大限に引き出した「ラ・ブーム」主題歌

ふたりの Sir が作った究極のジョン・レノン追悼曲:エルトン篇

哀悼ジョン・ウェットン:エイジアに学んだ、好きなものは好きと言う勇気

もっとみる≫

photo:Film Music Site  

1982年公開の『ダイナー』は、素晴らしい「モラトリアム映画」だ。夜な夜なダイナー(簡易食堂)に集まる、ボルチモアの20代半ばにして将来も定まらず煮え切らない6人組。そんな彼らの悲哀がこの映画の魅力である。もう一つの魅力が、その音楽。1959年12月という設定上、全編に去りゆく50年代のアメリカ音楽が「感傷的に」ちりばめられている。僕はその点、同じ傾向の映画でも馴染み薄いプロム文化を中心とした『アメリカン・グラフィティ』より『ダイナー』の方が心に残っている。

この手の映画には必ず常軌を逸した「音楽オタク」が登場する。ダニエル・スターン演じる “シュレヴィー” がそうだ。彼は6人中、唯一の既婚者である。一人だけ「大人になった」彼は、しかしダイナーに通いつめ、仲間と過ごす「子どもの」時代を忘れられない。

印象的なシーンがある。彼は音楽に興味のない妻に、レコードを聴き終えたら棚へ「アルファベット順・年代順・カテゴリー別」に戻すルールを押し付けている。ある晩、ジェームス・ブラウンのレコードがBの棚でなくJの棚に、しかもR&BでなくR&Rの棚に戻されていたことで彼は怒り出す。

「ただ音楽が聴きたいだけ」という妻に、彼は「チャーリー・パーカーをR&Rに入れたりしないだろ」と問い詰める。そこで妻は答える、「そんなの大切? チャーリー・パーカーって誰? 」……… 怒った彼は、レコードを選ばせA面を言えと叫ぶ。彼は、そのB面をレーベル名まで答える。しかしその熱意が理解できない妻はこう言う、「誰がB面なんて気にするの?」と。

「俺だよ!」と叫ぶ彼。「ここにあるどのレコードも、俺には大切なんだ! 〜レコードを聴く度、人生のある瞬間に戻れるんだ、わかるか?」と言う彼の台詞に共感しない音楽オタクもいないだろう(彼の幼稚性はともかく)。レコードを文字通り人生の「記録」とする僕のような音楽オタクを少し感傷的にさせる、全編こんな調子のこの映画は、僕にとって「大切な」映画だ。つまり観なおすたび、初めて観た時の感傷へ僕を連れ帰らせる、そんな映画なのだ。

2016.08.04
17
  YouTube / senorrogers
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1991年生まれ
 白石・しゅーげ
コラムリスト≫
21
1
9
8
6
オールディーズが彩る名作ドラマ、木曜ドラマストリート・桃尻娘
カタリベ / 鎌倉屋 武士
22
1
9
8
4
80年代音楽映画のバイブル!「ストップ・メイキング・センス」vol.1
カタリベ / DR.ENO
10
1
9
8
7
青春映画「ダーティ・ダンシング」パトリック・スウェイジにベタ惚れ!
カタリベ / clake
21
1
9
8
8
カイリー・ミノーグ、80年代のイケてる女はオールディーズでやってきた
カタリベ / 鎌倉屋 武士
24
1
9
8
4
80年代音楽映画のバイブル!「ストップ・メイキング・センス」vol.2
カタリベ / DR.ENO
20
1
9
8
2
ポール・ウェラー vs オレ、レコードハント闘争時代 〜 ザ・ジャム篇
カタリベ / ソウマ マナブ
Re:minder - リマインダー