1月19日

早川めぐみデビュー!80年代にビーイングが行った “メタルクイーン実験” とは?

204
0
 
 この日何の日? 
早川めぐみのデビューシングル「横須賀17エレジー」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1985年のコラム 
球春到来!! ジョン・フォガティのバットギターと究極の野球ソング

10年ぶりのアルバム、CCR=ジョン・フォガティの沼地を這うようなギター

岡田有希子「二人だけのセレモニー」ユッコが囁く尾崎亜美のメロディ

尾崎豊「卒業」80年代に誕生した昭和の卒業ソング

尾崎豊をスターダムに押し上げた「卒業」の秘密は「哀愁のソ#」

女の子はだれでもマテリアル・ガール?若さと美貌とお金の関係

もっとみる≫




ジャパメタ人気を背景に始まったアバンギャルドな音楽実験


つい40年前の日本では、メジャーシーンで活躍をする女性のロックミュージシャンが存在しなかった。そんな時代に、音楽制作会社・アーティストマネジメント会社のビーイングは、ある先鋭的な実験を行っていた。極めて短期間に、イニシャルが、“Heavy Metal” の略と同じ “H.M”、もしくは、“Hard Rock” の略と同じ “H.R” となるような芸名のHR/HM系女性ソロボーカリストを続々とデビューさせていたのだ。

しかも、そこにはLOUDNESS、X-RAY、BOW WOW(当時)、44MAGNUM、ACTIONなど、当時、大きな波になっていた “ジャパメタ” の主役たちが関与していた。

本稿ではこの試みを、便宜上「メタルクイーン実験」と名付けたい。

キョンキョン、中森明菜と同学年、本城未沙子降臨




「メタルクイーン実験」はまず、1982年10月に本城未沙子が、高崎晃(LOUDNESS)のプロデュースによるアルバム『魔女伝説~Messiah's Blessing』で世に送り込まれたことから始まった。「VIRGIN DEVIL PRINCESS」なるキャッチフレーズが付けられた彼女は当時17歳。同じ82年にデビューした同学年の小泉今日子、中森明菜の曲ではありえない、「処刑台」「黒ミサ」「悪の宴」といった歌詞をシャウトした。 



次に、金属的なハイトーンボイスを誇る浜田麻里が、1983年4月にアルバム『Lunatic Doll~暗殺警告』でデビューする。こちらは樋口宗孝(LOUDNESS)によるプロデュースだった。なお、本城、浜田のアルバムにはいずれも、その後、10代の天才ギタリストとして注目される湯浅晋(X-RAY)も参加している。

早瀬ルミナ、橋本ミユキもメタルと融合


浜田と同じ年の9月にアルバム『甘い暴力』でデビューしたのが当時15歳の早瀬ルミナである。曲や演奏は、BOW WOW、樋口宗孝(LOUDNESS)、織田哲郎、鳴瀬喜博(のちにカシオペア)ら錚々たる面々が担当。それに対し、早瀬のボーカルは幼さを感じるもので、全曲を亜蘭知子が手掛けた歌詞は10代の不安定なメンタルを表現したものが多かった。方法論は異なるが、BABYMETALがデビューする28年も前にメタルと未成熟なものとの融合実験が行われていたのだ。

1984年になると、44MAGNUMのプロデュースによるアルバム『One Night Angel』で橋本ミユキがデビュー。こちらは、ジャケットはパンク風、曲はポップ寄りの傾向があった。彼女はその後、広瀬さとし(44MAGNUM)と結成したユニット・TOPAZとしての活動の方が有名かもしれない。

“歌謡メタル・エンジェル” 早川めぐみ「横須賀17エレジー」でデビュー


翌1985年1月、いよいよ実験は最終段階に入る。作詞が売野雅勇、作曲が芹澤廣明と、一連のチェッカーズ楽曲や中森明菜の「少女A」と同じ作家陣によるデビュー曲「横須賀17エレジー」で、早川めぐみが投入されるのだ。彼女は「歌謡メタル・エンジェル」というキャッチフレーズを掲げ、いわば、歌謡曲風のメタルを歌うアイドルとして売り出された。積極的なテレビ出演、水着姿のジャケットなど、その活動はHR/HMの大衆化実験といえるものだった。

以後、歌謡メタル・エンジェルには驚きのリリースラッシュが待っていた。デビュー翌月には、山本恭司(VOW WOW *BOW WOWから改称)、北島健二(のちにFENCE OF DEFENSE)、松本孝弘(のちにB'z)、難波弘之ら豪華メンバーが参加したアルバム『秘密警察 SECRET POLICE』を発売。そこから、1年3ヶ月の間にリリースしたアルバムは実に5枚。全曲洋楽カバーだったり、高橋ヨシロウ(ACTION)・本田恭章が楽曲提供したミニアルバムだったり、ポップなカラーを強化した内容だったりとすべてが実験的だった。しかし、残念ながらそれらがヒットした事実はなく、彼女はやがて表舞台を去り、実験は打ち止めとなった。

メタルクイーンたちの今


一連の「メタルクイーン実験」は80年代後半に、楽曲にポップ色を強めた浜田麻里が大ブレイクし、日本初のメジャーな女性ソロロックボーカリストとなったことで見事に結実したといえる。音楽業界に多大な影響を与えた浜田は以後、現在まで継続的に活動中だ。

嬉しいのは、他のメタルクイーンたちのほとんどが、その後も何らかの形で音楽に関わっていることである。本城未沙子は一時、音楽業界を離れていたが、今はHR/HMを歌い続けている。作詞家としても活動する橋本ミユキ(現:はしもとみゆき)は近年、TOPAZを再始動させた。また、つい最近、某ミュージシャンのSNSにマスクを装着した早川めぐみの近影がアップされていた。彼女はコーラスシンガーとしての活動を経て、本名で “歌謡メタル” とはかけ離れた路線の歌手活動を展開した実績もある。

▶ メタルクイーンに関連するコラム一覧はこちら!



2022.06.10
204
  Songlink


  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
ミゾロギ・ダイスケ
コラムリスト≫
12
1
9
8
1
カナダの至宝!ラッシュ vol.1~ 欧米と日本での人気格差が激しすぎ!
カタリベ / DR.ENO
32
1
9
8
7
スラッシュとアクセル・ローズ、80年代が生んだ最高のコンビネーション!
カタリベ / 中塚 一晶
83
1
9
8
8
80年代が育んだ B’z の独自性、ジャパメタ、浜田麻里、そしてTMネットワーク
カタリベ / 中塚 一晶
34
1
9
8
3
KISSのメイク落としから学んだこと… すっぴんはもったいぶるな!
カタリベ / 平マリアンヌ
24
1
9
8
6
ポップでキャッチーな LAメタル「ポイズン」今風にいえばチャラメタ?
カタリベ / 飛影
9
1
9
8
5
西海岸のハイウェイで聴いたドッケン、シスコ ↔ ロスの日帰りドライヴ!
カタリベ / KazーK