1月1日

今も飛びっぱなし【沢田研二の新時代】は70年代との決別から始まった!

65
0
 
 この日何の日? 
沢田研二のシングル「TOKIO」発売日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1980年のコラム 
共有感満載の80年代洋楽ヒット!ビルボード最高位2位の妙味 vol.1

TOTOの兄貴分、エアプレイ唯一のアルバムはロマンティック?

NWOBHM「ニュー・ウェイヴ・オブ・ブリティッシュ・ヘヴィメタル」日本上陸40周年!

稀代のロックスター沢田研二、80年代の幕開けにぶっ放した「TOKIO」の衝撃!

エキサイティング80's!時代の扉は沢田研二の「TOKIO」によって開かれた

黄金の6年間:東京が最も面白く、猥雑で、エキサイティングだった時代

もっとみる≫




80年代の幕開け、ギンギラなコスチュームにパラシュートを背負って登場した沢田研二


「お願い、パラシュートだけはやめさせて!」

1980年の年明け早々、ジュリーファンから、そんな悲痛な手紙を何通ももらったと井上堯之は言う。ジュリーが一度こうと決めたら信念を曲げない男なのは、ファンはみんな知っている。だからこそ、GS〜PYG以来の盟友であり、バックバンドを率いてきた井上に「やめるように言って」と頼んできたのだ。

沢田研二は1980年1月1日に通算29枚目のシングル「TOKIO」をリリース。TVには電飾の付いたギンギラなコスチュームにパラシュートを背負って登場し、世間を驚愕させた。衣裳というよりもはや大道具、いや、セットと言ってもいい。当時、私は中1だったけれども、初めて観たときはマジで腰が抜けるぐらいビックラこいた(盛ってません)。「ジュリーはいったい、どこへ着地しようとしてるんだ?」と思ったもんね。パラシュートだけに。

この「TOKIO」の衣裳は、後にビートたけしが「タケちゃんマン」のコスでパロったように、ひとつ間違えば「お笑い」の世界だ。それがお笑いにならなかったのは「ジュリーだから」なのだが、いくらディケイドが80年代に変わったと言っても、1980年正月の時点では、当然ながら世間一般の感覚はまだ70年代のままで、先を行くジュリーの感性にはまだ追いついていなかった。「なんでトップスターのジュリーが、あんなキワモノみたいな衣裳を着て歌わなきゃいけないの? 今すぐやめさせて!」と井上に懇願したジュリーファンの気持ちはわからんでもない。

「70年代との決別」から始まったジュリーの80年代


私は、井上が亡くなる前に話を聞く機会があり、「TOKIO」の頃はどんな思いでバックを務めていたのか聞いてみた。そもそも井上堯之バンドは、ニューロックを志向するスーパーバンド・PYGが母体であり、井上は「ソロシンガーになった沢田と一緒にロックを追求していく」つもりだった。

しかし、ジュリーの所属事務所・渡辺プロの方針で、ジュリーが歌う曲はだんだん歌謡曲寄りになっていった。正直、井上としてはその路線に付き合うのは本意ではなかったが「でも、沢田はいいヤツなんだよ。だから困った。最終的にそこは割り切って、黒子に徹することにしたんだ」

自分たちがやりたい音楽は「井上堯之バンド」単体でやればいい。TVの歌番組でジュリーのバックを務めるときは、自分たちは映らなくても、あくまでプロとしての演奏に徹すると決めたわけだ。だがジュリーがパラシュートを背負うに至って、さすがに井上も「ちょっと待てよ」となった。

「オレたちは音楽をやってるんであって、バラエティをやるつもりはない。さすがにそこまでは付き合えない」

パラシュートをやめるか、盟友と袂を分かつか…… 二者択一を迫られたジュリーは、後者を選んだ。結果、井上堯之バンドはこの「TOKIO」を最後に、1月24日に解散。心労が重なったジュリーは胃を病んで、しばし入院することになった。

それでもジュリーがパラシュートを背負うのをやめなかったのは、わざわざ元日に新曲を出し、80年代の扉をいち早く開けたことでもわかるように、時代の先端を走りたかったからだ。トップスターとしてはものすごく勇気の要ることだが、それでファンが離れていくなら構わない。自分はもっと新しいことがしたいんだ…… ジュリーの80年代はそんなふうに「70年代との決別」から始まった。

ど派手なメイクでグラム度が高まり、ニュー・ロマンティック路線を突き進んでいく


レコード大賞を受賞した「勝手にしやがれ」をはじめ、70年代後半を支えた阿久悠・大野克夫コンビの曲は80年代以降めっきり減り、「TOKIO」では当時気鋭のコピーライター・糸井重里が作詞を担当。糸井によると、最初は「ニューアルバム用のタイトルを考えてくれ」という発注で、「TOKIO」はいくつか案を出した中の1つだった。これが採用され「じゃあタイトル曲は自分で作詞を」となったそうだ。

とにかく、若くて新しい感性の持ち主とタッグを組んで、新しい音楽を創っていこうという気概に溢れていたジュリー。退院すると、腕利きの若手ミュージシャンによる新バックバンド「オールウェイズ」を結成した。

そのオールウェイズを従えて歌った、これも糸井作詞の「恋のバッド・チューニング」(1980年4月発売)では、カラコンをつけ、カメレオンのように目の色を変えるという荒技を披露。またまた私はビックラこいてしまった。学校でも「アレってどうやってんだ?」と話題になり、「特殊な目薬をさしてるんじゃないか?」などと真剣に論議したのが懐かしい。のちに放送業界に入って「キーイング処理」という技術を知るのだが。



ファッション面では70年代からすでに先を行っていたけれど、以降ジュリーはより先鋭化。ど派手なメイクでグラム度が高まり、ニュー・ロマンティック路線を突き進んでいく。ヴィジュアル系にも少なからず影響を与えたと思う。またオールウェイズは、1年プレイしたあとメンバーが入れ替わり、1981年からエキゾティクス(EXOTICS)となった。この名前になったのは、シングルでいうと5月発売の「渚のラブレター」からだ。

吉田建(B)、柴山和彦(G)、安田尚哉(G)、西平彰(Key)、上原裕(D)という布陣で、リーダーの吉田はのちに泉谷しげるのバックバンド「LOSER」のベーシストとして活躍(「イカ天」の辛口審査員でもあった)。1980年12月発売の「おまえがパラダイス」で、ジュリーに髪をかきむしられていたギタリスト・柴山は、50周年ツアーの際たった1人でバックを務めるなど、現在もジュリーの片腕としてツアーに参加している。

ストレイ・キャッツ風のネオ・ロカビリー、「ス・ト・リ・ッ・パ・ー」は自身の作曲


ジュリーは、ザ・タイガースのリードボーカルとしてデビューしてから一貫して、バックにバンドを従えて歌ってきた。ソロシンガーになってからも、ジュリーの中では「バンドのボーカリスト」という意識は変わっていないのだ。その証しが、1981年9月発売の「ス・ト・リ・ッ・パ・ー」である。ジャケットには、タイトルよりも大きな字で「JULIE & EXOTICS」とあり、メンバーも一緒に写っている。



ストレイ・キャッツ風のこの曲はジュリー自身の作曲で、ネオ・ロカビリーだ。ロックの原点に回帰する一方で、「おまえにチェックイン」(1982年5月)は大沢誉志幸が作曲。冒頭の「♪チュルルル、チュッチュチュル、イエー」のコーラスは、ジュリーと伊藤銀次に加え、大沢と佐野元春が参加している。

佐野は、1980年12月リリースのアルバム『G.S.I LOVE YOU』に「彼女はデリケート」を提供。のちにセルフカバーするが、当時佐野はデビューしたばかりだった。ジュリーはこうして、才能を感じた若手アーティストと積極的にタッグを組み、自身の音楽をアップデートしていくと同時に、彼らをメジャーシーンに引き上げていったことも忘れてはならない。

エキゾティクスのキーボード、西平が作曲した「6番目のユ・ウ・ウ・ツ」(1982年9月)も、ジャケットの記載は「KENJI SAWADA & EXOTICS」とある。この曲も、イントロにスキャットの女王・伊集加代子のなんとも不思議なコーラスが入る、攻め攻めの曲だ。当時「最近ジュリーってヘンテコな曲ばっかり出すなあ」と思って聴いていたけれど、それでもオリコン最高6位である。マイナーなアーティストが趣味に走っても一部の音楽好きが評価するだけだが、第一線のトップスターが「いちばん攻めてる」のだから、その影響力たるや。そこがジュリーのカッコいいところだ。

紅白歌合戦で歌った「晴れのちBLUE BOY」


この1982年は「ザ・タイガース同窓会」(=瞳みのるを除く、期間限定の再結成)の活動も行い「十年ロマンス」「色つきの女でいてくれよ」のヒットを飛ばしたジュリー。旧交を温め、自分の原点を確認しつつ、1983年からはどんどん独自の道を突っ走っていく。この年の元日にリリースしたのが、「背中まで45分」。井上陽水の作品だ。ジュリーは前年暮れに、全曲陽水が作詞・作曲を手掛けたアルバム『MIS CAST』を発表。そこからのシングルカットだ。

この曲、シングル曲なのに、サビらしいサビがない。まったり始まり、まったり終わる。ジュリー自身が「歌ってていちばん気持ちいい」と言ったのがシングルA面に選ばれた理由だが、ヤマのないこの曲をシングルにするジュリーの感性がすごい。ただオリコン順位は、最高20位止まりに終わった。このあたりからチャート成績は振るわなくなっていくのだが、逆にいまの若い層から評価を得ている曲も多い。

1983年5月にリリースした「晴れのちBLUE BOY」は、再び大沢誉志幸を作曲に起用。アダム&ジ・アンツを意識し、ジャングルビートをいち早く採り入れた曲で、作詞は銀色夏生が担当した。「♪言いたいことは ヤシの実の中〜」というフレーズの意味がいまだにわからないが、これを暮れの紅白歌合戦で歌ったところに大きな意義がある。

ジュリーとエキゾティクスのメンバーは全員アーミールックで登場。ジュリーはスヌーピーをぶら下げていた。これは米軍のメタファーで、総合司会のタモリは「歌う日露戦争」と評した。なんでロシアやねん。



6月25日には75歳。今も現在も現役で活動を続け、ライブを行う


ジュリーは1984年9月、映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』のイメージソング「AMAPOLA」を最後に、ザ・タイガース時代から在籍していた渡辺プロから独立。1985年、個人事務所・ココロを設立し、レコード会社もポリドールから東芝EMIに移籍する。自分のやりたいことをよりやりやすくするためで、新たなバンド「CO-CóLO」を結成。チト河内・原田裕臣のツインドラムという斬新な編成で、バックバンドではなく「ジュリーはバンドのボーカル」というポジションがより強調された。

元号が平成に変わった1989年には、5月に新バンド「Krís Kríngl」と新曲「Muda」を発表したかと思ったら、その4ヵ月後には、再び吉田建をリーダーとする「JAZZ MASTER」をバックに「ポラロイドGIRL」をリリース。サエキけんぞう作詞・奥居香作曲で、この人選もまたジュリーらしい。ジャケットの「FIGURE ME OUT」は日本語で言う「マジ?」みたいな慣用句だが、元の意味は「私を理解してくれ」だ。こういうさりげない遊びゴコロが私は大好きだ。

チャートからはご無沙汰になったが、ジュリーは70代になった現在も現役で活動を続け、ライブを行っている。新譜も間を置かず精力的にリリースしているし、そんなアーティストは世界的にみても極めて稀だ。



75歳の誕生日を迎える6月25日には、ザ・タイガースのオリジナルメンバー、岸部一徳・森本太郎・瞳みのるも参加して、“因縁の” さいたまスーパーアリーナで「リベンジ公演」を行う。43年前、パラシュートを背負って新たな地平へと飛び出した男は、不時着することなく、今も「飛びっぱなし」なのだ。

▶ 沢田研二のコラム一覧はこちら!



2023.06.25
65
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1967年生まれ
チャッピー加藤
コラムリスト≫
70
1
9
8
3
田原俊彦「シャワーな気分」永遠のアイドル=マイケル・ジャクソンに近づいた名曲
カタリベ / 彩
23
1
9
9
1
PANTAと沢田研二の邂逅、危険なふたりが突き刺す「月の刃」
カタリベ / やっすぅ
31
1
9
8
0
稀代のロックスター沢田研二、80年代の幕開けにぶっ放した「TOKIO」の衝撃!
カタリベ / 本田 隆
52
1
9
8
1
沢田研二は1発OK!伊藤銀次の語る「ストリッパー」ロンドンレコーディング秘話
カタリベ / 伊藤 銀次
24
1
9
8
2
ジュリーに負けない男の色気、80年代の「男はつらいよ」花も嵐も寅次郎
カタリベ / ユリンベ
73
2
0
2
2
TRF・DJ KOO インタビュー ① 音楽のルーツは昭和歌謡、その後はハードロック一直線!
カタリベ / 本田 隆