6月12日

ニナ・ハーゲン、13歳の脳味噌を正しく魔改造した聖なるマッドサイエンティスト

28
2
 
 この日何の日? 
ニナ・ハーゲンのソロデビューアルバム「ナン・セックス・モンク・ロック」が全米でリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1982年のコラム 
稲刈りなのか安来節か!? ブライアン・フェリー紙一重のダンディズム

二大スターからの贈り物。アン・ルイスは「ラ・セゾン」で返り咲く!

新井薫子はいつだって一生懸命、かわいく弾ける「イニシャルは夏」

【R.I.P.】デヴィッド・ボウイは最高のムービー・スターマン!

手品師御用達!スティーヴ・ミラー・バンドの「アブラカダブラ」

ピアノを効かせた大人のPOP、ジョー・ジャクソンはカメレオンダンディ

もっとみる≫







私には7歳上の兄がおり、音楽や文学に関しては幼少期にダイレクトに影響を受けた。親が家を買う前、団地住まいだった頃は同室で学習机を並べ、部屋の壁にはケイト・ブッシュの1stアルバムのポスターが貼られていた。

兄のラジカセから流れるスージー・クアトロ、キッス、ウィングス、荒井由実、ケイト・ブッシュ、ピンク・フロイド、レッド・ツェッペリン等を BGM に、二段ベッドの下段でリカちゃん人形で一人遊びをしていた。今もその辺の音楽を聴くとリカちゃんの小さな白いコーヒーカップとかを思い出す。今思えば素晴らしい英才教育だった。

誰しも、何も考えず呑気に過ごしていただけの子供時代から、急激に感受性が発達してものの見え方・感じ方が様変わりし、ある特定の音楽、文学、映画、絵画等に過剰かつ鋭敏に反応して衝撃を受ける時期があると思う。いわゆる思春期というやつである。

個人差はあると思うが、私は12〜14歳くらい、中学時代が一番顕著だった。

ある夏の日、兄の所有するニナ・ハーゲンのテープを勝手に拝借して聴いていたら、今まで聴いた事のないような気持ちの悪い音楽で、初めて「悪いものを食べた」以外の理由で胃がキリキリと痛くなった。

他にも、倉橋由美子の初期短編集『人間のない神』冒頭の「雑人撲滅週間」という短編を初めて読んだ時は物凄い頭痛に見舞われたし、テレビで深夜にやっていた ATG の映画を観てモヤモヤとした不安を覚え、図書館で借りてきたビアズリーの画集に描かれていた割とリアルな描写の勃起した男性器の絵を見て吐き気を催したりしていた。

俗にいう「楽しげなもの、きれいなもの、ただしいもの」とは違う、得体の知れない何かとの出逢いは、私の場合は常にそうして何らかの身体的な苦痛を伴った。痛いなら、気持ち悪いならやめればいいのに、何度も繰り返し聴いて読んで見るのをやめなかった。折しも身体は成長期を迎え、毎晩膝下の骨が軋む様な痛みで眠れないほど恐ろしい速度で骨格の再形成が進んでいく。後は、女性なら誰もが通過する新たな痛みのステージが待ち構えていた。

今にして思えば、心身共に “刷新” されていたのだと思う。母親から産まれてある程度成長した後、次は自分の意思で自らを成長させる要素を選択し「自分になる」行程を経る作業。サラの状態の OS を自分で書き換えていく作業。

最初に感じた「気持ち悪さ」は「エキセントリック」という表現に互換され、不快より好奇心が勝り、そのものの最深部に到達する喜びを知り得た。ニナ・ハーゲンの、オペラやカンツォーネに通ずる高い歌唱力とパンクなアプローチ、ドイツ語特有のキレのあるイントネーション、当時の東西ドイツの情勢に翻弄された彼女の生い立ち、それらを反映した楽曲の世界観…。

苦痛を覚えるくらい衝撃的だったものは全部私の血肉になった。今の「私」の基礎はそれらで出来ている。今迄の人生で何度も “刷新” を繰り返してきたがベーシックは変わらない。あんなに私の胃を痛め付けたものが、今や「私」を形成する鉄骨の基盤の一つなのだ。

Wikipedia を見ると「パンクの母」とも云われているようだ。どんなにエキセントリックであっても、彼女の正攻法の歌唱技術からであろうか、私は彼女からずっとある種の「エレガンス」を感じてきた。パンクでエレガント。本当にかっこいい。

そこから先はもう兄の影響でなく、それらを礎にして自らのダウジングで金脈を掘り当てていった。この時期に知らずともニナ・ハーゲンには早晩遭遇したであろう事は間違いないが、一番多感でナイーヴな状態の脳味噌に影響を及ぼしてくれたのは幸いだったと思う。

「気持ち悪い?… でも次に目が覚めた時には、違うアナタになってるのよ…」

手術台を照らす照明の下で、帽子とマスクの間から真っ黒なアイラインで縁取られたギョロ目の女医がメスを片手に私を見下ろす姿が見える。

2019.03.11
28
  Apple Music
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
きくみん
シャウトが恐ろしく美しい人でしたね。
2019/03/11 22:31
0
返信
1970年生まれ
TSOUSIE
wao!初めての返信で嬉しく思います!確か両親も芸術家で基礎が出来てる人だったんですよね。パワフルな声量と変幻自在の声色で、実に豊かな表現力を持ったアーティストです。
2019/03/24 21:19
0
カタリベ
1970年生まれ
TSOUSIE
コラムリスト≫
31
1
9
8
0
ロックの原点回帰、暴走族に愛されたアナーキーのパンクロック
カタリベ / 本田 隆
92
1
9
8
5
18歳の夏とラフィンノーズ、僕がホンモノのパンクスになれた瞬間
カタリベ / 本田 隆
22
1
9
7
9
爆発寸前!日本にパンクの火をつけた「東京ロッカーズ」
カタリベ / やっすぅ
30
2
0
1
8
THE MODS — 37年目の「TWO PUNKS」と雨の日比谷野外音楽堂
カタリベ / 本田 隆
46
1
9
8
8
ジュン・スカイ・ウォーカーズがもたらしたパンク・ロックの大革命! 
カタリベ / 本田 隆
55
1
9
8
3
あくなき反骨精神、マドンナの知られざるパンク・スピリット
カタリベ / 後藤 護
Re:minder - リマインダー