8月8日

80年代は洋楽黄金時代!ビリー・ジョエル「アップタウン・ガール」と「愛は勝つ」の関係

56
0
 
 この日何の日? 
ビリー・ジョエルのアルバム「イノセント・マン」発売日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1983年のコラム 
甲斐バンドが叫ぶ「THE BIG GIG」都有5号地に刻まれた伝説の一夜

甲斐バンド「THE BIG GIG」Ⅱ 新しい時代にふさわしいリアルなメッセージ

甲斐バンド「THE BIG GIG」Ⅰ 都会のど真ん中で行われた大型野外コンサート

ビリー・ジョエル「イノセント・マン」原点回帰のロックンロール・レヴュー!

人生最高のモテ期!ビリー・ジョエル「イノセント・マン」とスーパーモデルの関係

恋したときの繊細な気持ち、ビリー・ジョエル「夜空のモーメント」

もっとみる≫




ユニット名「指南役」の由来とは?


手前味噌で恐縮だが、僕のハンドルネームの「指南役」とは、ユニット名である。元々は、福岡市にある福岡県立城南高校の水泳部の中に作られた、いわゆる “部活内部活”―― サークルの名前だった。

更に言えば、指南役にはオマージュする元ネタがあった。同水泳部内にかつて存在した伝説の部活内部活――「第二水泳部」がそう。

時に1978年――『ザ・ベストテン』が始まり、サザンオールスターズがデビューする「黄金の6年間」が幕明けた年に結成されたと聞く。その中心人物が、僕らの5コ上の先輩の木村和(きむら・かん)さん。後の―― ミュージシャンのKANである。第二水泳部は、水中プロレスや水中サッカーなど、要はプールで遊ぶことを目的とした軟派なサークルだった。

第二水泳部には、もう一つの顔があった。―― 音楽好きである。もはや水泳とは何の関係もない。当時、彼らは発売されたばかりのビリー・ジョエルのアルバム『ニューヨーク52番街』を愛聴していたという。KANさんのビリー・ジョエル好きは、ここに始まる。ちなみに、彼がビリーの「アップタウン・ガール」をオマージュした「愛は勝つ」を発表するのは、この12年後である。

ビリー・ジョエル9枚目のスタジオアルバム「イノセント・マン」


今回はそんな「アップタウン・ガール」が収められた、ビリー・ジョエルの9枚目のスタジオアルバム『イノセント・マン』の話である。リリースは、今から40年前の1983年8月8日。かの東京ディズニーランドが開園し、「黄金の6年間」がフィナーレを飾った年にあたる。

アルバムを語る前に、少しばかり、ビリーの話をしておこう。

本名、ウィリアム・マーティン・ジョエル。「ビリー」は英語圏における「ウィリアム」のニックネームだ。生まれは1949年、ニューヨークはブロンクスである。幼少のころからピアノを習い、天賦の音楽の才も手伝って、その腕はめきめきと上達する。尊敬する音楽家はベートーヴェン。だが、両親が離婚し、ビリーは女手一つの貧しい暮らしを強いられる。そんなビリー少年を慰めたのもまた、音楽だった。

彼が10代の頃に影響を受けたミュージシャンは、エルヴィス・プレスリーを始め、レイ・チャールズ、ベン・E・キング、ザ・タイムス、シュープリームス、フォー・シーズンズ、ジェームス・ブラウン、そして―― ビートルズだった。

「俺はコロンビア大学に行くんじゃない。コロムビア・レコードに行くんだ」

―― それが、10代のビリーの口ぐせだった。事実、彼は高校を中退すると、音楽の道を志す。そして複数のバンドを経て、ソロデビューを果たしたのが、1971年―― 22歳の時だった。しかし、所属レコード会社の不手際やプロデューサーとの不和もあって、このデビュー作は不発に終わる。ビリーはロサンゼルスに移住し、生活のためにクラブでピアノの弾き語りを始めた。すると―― 本当にコロムビア・レコード(!)の目に留まり、スカウトされる。高校時代の予言が当たった。

1973年、ビリーはコロムビア・レコードからアルバム『ピアノ・マン』をリリース。ご承知の通り、同名タイトルのシングルが大ヒットして、ビリーは一躍、その名を全米に轟かせた。

ディスコの定番曲として人気を博した「ストレンジャー」


そして、次なるブレイクは、4年後の77年―― 米音楽界のカリスマプロデューサーのフィル・ラモーンを招いて、共同作業で仕上げた5枚目のアルバム『ストレンジャー』だった。全米アルバムチャート2位。リード曲の「素顔のままで」はグラミー賞を受賞し、同名シングルの「ストレンジャー」は翌78年に、日本でシングルカット。ソニーのCMソング効果もあり、オリコン2位と大ヒットした。一般に、日本人がビリーを知るのは、このタイミングである。

思えば、当時の日本は、サーファーディスコ全盛。東京・六本木には「キサナドゥ」があり、スクエアビルは全階ディスコだった。「ストレンジャー」はディスコの定番曲として、よくかかっていたという。口笛の静かなイントロから一転、軽快なロックに転調する歌い出しが人気で、たまに分かっていないDJがイントロを省いて、いきなりロックパートから始めると、フロアにいた客たちは一斉にブーイングした。

そう、1978年の「黄金の6年間」の幕明けと共に、日本におけるビリー人気は沸騰した。そして、次のアルバム『ニューヨーク52番街』、更に80年の『グラス・ハウス』と、3作連続でビリーは全米で700万枚以上を売上げ、グラミー賞を3年連続で受賞する。ちなみに、彼が最後にスタジオアルバムを700万枚以上売るのは、83年の『イノセント・マン』である。まさに、黄金の6年間の申し子、ビリー・ジョエル――。

ビリーからクリスティへの恋文、「イノセントマン」


少々前置きが長くなったが、いよいよ本題である。実は、当リマインダーの書き手には、元 CBS・ソニーの洋楽ディレクターで、80年代にビリー・ジョエルを担当した喜久野俊和サンがいる。アルバムで言えば、1982年の『ナイロン・カーテン』から、89年の『ストーム・フロント』まで。もちろん、『イノセント・マン』も――。掛け値なしに、80年代のビリーに最も近かった日本人だ。ビリーに関する制作サイドのコアな話は、ぜひ、リマインダーの喜久野サンのコラムを読んでほしい。

そんな次第で―― 僕の方からは、主にリスナー目線で、かのアルバムにまつわるアウトラインや、楽曲の分析にフォーカスしたいと思う。

さて、アルバム『イノセント・マン』―― 有名な話だが、その誕生の背景には、劇的な物語があった。プロローグは、ビリーにとって最悪な1年と言われた1982年である。その年、ビリーはバイク事故で瀕死の重傷を負い、妻のエリザベス・ウェーバーと離婚し、財産の半分を失った。9月にリリースされた8枚目のアルバム『ナイロン・カーテン』は強いメッセージ性ゆえに、前作から大きく落ち込む200万枚のセールスに終わった。とはいえ、それでもダブルミリオンだが――。



傷心のビリーは同年11月、心と体を休めるために、カリブ海のサン・バルテルミー島を訪れた。そして―― かの地で、当時「アメリカの恋人」と謳われたスーパーモデルのクリスティ・ブリンクリーと出会い、一瞬で恋に落ちたのである。俗に言う、「物語は常に最悪のタイミングで始まる」とは、こういうことだ。

翌1983年1月、帰国したビリーは早速、9枚目のアルバムの制作に取り掛かった。もう、アタマの中は恋人のクリスティでいっぱい。そして、驚異の早さで10曲を書き上げたのが、アルバム『イノセント・マン』である。前述の喜久野サン曰く「ビリー・ジョエルほどのスーパーアーティストが、1年以内に新譜を発表する事は、奇跡にも近いほど稀な出来事でした」(『ビリー・ジョエルの新しいキャリア、アルバム「イノセント・マン」は緊急発売!』を参照)――。

まぁ、恋のなせる技である。そのアルバムは、いわばビリーからクリスティへの恋文だった。タイトルを直訳すると “無垢な男”――「少年のような僕を見て!」ということだろう。事実、同アルバムには、ビリーが少年時代に愛聴した、50年代から60年代にかけてのR&Bやドゥーワップ、モータウンサウンド、アメリカンポップスなどのオールディーズの空気であふれていた。

恋人のクリスティ・ブリンクリーが登場する「アップタウン・ガール」


俗に、エンタテインメントにおけるクリエイティブとは、0から1を生み出すものではなく、1を2や3にアップグレードする作業である。例えば、映画界でルーカスやスピルバーグが、かつて少年時代に愛読したパルプマガジンにオマージュされて、『スター・ウォーズ』や『インディ・ジョーンズ』シリーズを作ったのは有名な話だ。

同様に、『イノセント・マン』も、その根底にあるのは、先人たちへのオマージュだった。先行シングルで全米1位を獲得した「あの娘にアタック」はシュープリームスへの――、同名シングルの「イノセント・マン」はベン・E・キング、「アップタウン・ガール」はフォー・シーズンズ、ビリーが一人で多重録音をこなした「ロンゲスト・タイム」はザ・タイムスへのオマージュだ。そして、「今宵はフォーエバー」に至っては、サビはベートーヴェンのピアノソナタ「悲壮」からの引用だった。

正直、どれも甲乙つけがたい名曲ばかりだ。ただ、個人的には、やはりミュージックビデオにビリーの恋人、クリスティ・ブリンクリー本人が登場する「アップタウン・ガール」を推したい。

 Uptown girl
(アップタウン・ガール)
 She's been living in her uptown world
(あの娘は山の手に暮らすお嬢様)
 I bet she's never had a backstreet guy
(裏通りの男とは、まるで縁がない)
 I bet her momma never told her why
(ママから、その存在すら教わってないんだ)

ビデオの舞台は、うらぶれた下町のガソリンスタンドである。ビリーを始め、油まみれの男たちが働いている。と、そこへ場違いな1台の高級車―― ロールス・ロイス・ファントムVがやってくる。後部座席には、美しく着飾ったスーパーモデルのクリスティ・ブリンクリー。一気にテンションが上がるビリー。

 I'm gonna try for an uptown girl
(あの娘にアタックしてみるよ)
 She's been living in her white bread world
(彼女は退屈な世界にいるんだ)
 As long as anyone with hot blood can
(情熱あふれる誰かが現れるまでは――)
 And now she's looking for a downtown man
(そう、彼女は今、下町の男を探している)
 That's what I am
(それが、僕さ)

“それが僕さ”―― 手に持ったスパナで自分を指すビリー。凄い自信だ。実際、ビデオの中でもビリーは彼女を口説き落とし、一緒にダンスまで踊り、最後はバイクの後ろに乗せて、タンデムで街へと繰り出す。私生活で2人が結婚するのは、同アルバムのリリースから1年半後の1985年3月である。



余談だが、それから数年が過ぎた1990年晩秋―― フジテレビの『邦ちゃんのやまだかつてないテレビ』に、KANの「愛は勝つ」が起用される。同曲は間もなく火が着き、翌91年にかけてセールスを伸ばし、遂には200万枚を突破。その年の日本レコード大賞を受賞し、KANは『NHK紅白歌合戦』にも出場した。

当時、僕ら城南高校水泳部の後輩たちの驚きと言ったらなかった。木村和先輩がプロのミュージシャンになった話は聞いていたが、正直、この展開は予想外だった。何より、曲が最高に素晴らしかった。それは、KANさんが公言する通り、ビリー・ジョエルの「アップタウン・ガール」をオマージュしたものだった。



そう、エンタテインメントにおけるクリエイティブとは、0から1を生み出すものではなく、1を2や3にアップグレードする作業である。


2018年8月8日に掲載された記事をアップデート

▶ ビリー・ジョエルのコラム一覧はこちら!



2023.08.08
56
  YouTube / Billy Joel


  Songlink


  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1967年生まれ
指南役
コラムリスト≫
17
1
9
8
4
ジュリアン・レノン、えっ???あの人に生き写しの名曲!
カタリベ / DR.ENO
38
1
9
8
0
ビリー・ジョエル「グラス・ハウス」全米屈指のヒットメーカーの苦悩?
カタリベ / ふくおか とも彦
56
1
9
8
2
ビリー・ジョエルが80年代に歌ったベトナム戦争「グッドナイト・サイゴン」
カタリベ / 宮井 章裕
10
1
9
7
8
ピンク・レディー「サウスポー」野球ファンもキリキリ舞いよ♪嵐のイントロ23秒
カタリベ / 藤田 太郎
39
1
9
8
3
人生最高のモテ期!ビリー・ジョエル「イノセント・マン」とスーパーモデルの関係
カタリベ / 喜久野 俊和
134
1
9
8
3
ビリー・ジョエル「イノセント・マン」原点回帰のロックンロール・レヴュー!
カタリベ / 藤澤 一雅