4月20日
一貫してヒーロー、でも入場曲は一貫してなかったタイガーマスク
11
0
 
 この日何の日? 
テレビ朝日系アニメ「タイガーマスク二世」の放送が開始された日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1981年のコラム 
野音開き!! 100円コンサートでアクセル全開のルースターズを見た!

大事なことはだいたい「サウンドストリート」の火曜日に教えてもらった

水森亜土のワイワイワールド、オノマトペだらけのアラレちゃん主題歌!

クリエーション「ロンリー・ハート」僕のレコード人生はここから始まった

夏の扉を開けた松田聖子にキラキラの魔法をかけたのは誰?

昭和カラオケ講座、クリエーションの「ロンリー・ハート」は隠れた名曲

もっとみる≫

photo:Discogs  

先に行われた『プロレス総選挙2017』なる番組で、猪木、馬場についで堂々の3位にランクされた初代タイガーマスク。彼が作り出した異次元空間には、多くのライバルが出現した。

デビュー戦の相手となり、その後も名勝負を繰り広げたダイナマイト・キッドは、スピードとパワーを兼ね備えたダイナミックなレスリングスタイルで多くのファンを獲得。トップロープからのダイビングヘッドバッドは、フィニッシュを期待させファンが泣いて喜ぶ大技だった。彼がアニメ『タイガーマスク』で有名なレスラー養成機関「虎の穴」のモデルとも噂されたビリー・ライレー・ジム出身ということもあり、マニアは否応なしに盛り上がったものだ。

ブラック・タイガーは、アニメでも虎の穴のレスラーとして登場したキャラで、長きにわたってタイガーの前に立ちふさがった。漫画の『プロレススーパースター列伝』によると、タイガーは、ブラック・タイガーの正体であるマーク・ロコを大いに恐れており、対戦を前に身震いするシーンがある。動きは地味だが、お約束の急所攻撃では、若い女性の悲鳴を聞いた。

マスク剥ぎで名を上げた小林邦昭もその一人。マスクに手をかけるというのは圧倒的ヒールの役割であるが、それをこなしたのが日本人レスラーだったことがとてもいい。彼がフィニュッシュ・ホールドとして開発したフィッシャーマンズ・スープレックスは、大人気の技となり、現在でも多くのレスラーが使っている。

さて、ライバルに恵まれ、一貫して80年代プロレス隆盛の主役であったタイガーであったが、入場曲は一貫していない。

デビュー戦では、ブレイン・ウォッシュ・バンドの生演奏による「バーニング・タイガー」。その後、「おまえは虎になれ」が使用される。これは、短期間の使用だった。

また、アニメのタイアップだったこともあり「タイガーマスク二世」(アニキこと水木一郎歌唱)が使用され、ときには「燃えろ! 吠えろ! タイガーマスク」(なんと古舘伊知郎)なども使用されたようだ。このあたりは、あまり記憶が残っていないのが残念だ。

そんなタイガーであるが、人気絶頂の83年には、原作者が逮捕されたり、会社の収益が別事業に使われていることが発覚し、社内のクーデターが起こるなど、リング外でのさまざまなトラブルに巻き込まれる。

そして、テレビ朝日系列で放送していた『欽ちゃんのどこまでやるの!』にいきなり登場。リングではなく、あの欽ちゃん家のお茶の間に上がったのだ。真屋順子さんはもちろん、見栄晴とめだかの兄弟に囲まれて爽やかなトークを繰り広げるが、そこで、あっさりとマスクを脱いでしまった。ほんと、あっさり。

これでタイガーの試合を見ることができないと思うと、暗~い気分になってしまった。わずか2年4か月。やっぱりタイガーマスクのラストは、マスクを脱ぐのだと知った。

2017.08.01
11
  YouTube / 12080510


  YouTube / Duke Maíz
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1964年生まれ
小山眞史
コラムリスト≫
15
1
9
8
1
まさにレジェンド、プロレスに革命をもたらしたタイガーマスク
カタリベ / 小山 眞史
21
1
9
8
3
凶悪レスラーの入場曲「吹けよ風、呼べよ嵐」俺のプライドはズタズタだ!
カタリベ / 小山 眞史
18
1
9
7
9
入場曲は「サーベルタイガー」俺は希代のヒール、タイガー・ジェット・シン
カタリベ / 小山 眞史
14
1
9
8
7
A氏の激白! たけしプロレス軍団の刺客、ビッグバン・ベイダー 登場編
カタリベ / 小山 眞史
23
1
9
8
6
メイクアップ「ペガサス幻想」ロックバンドによるアニソンのパイオニア
カタリベ / 中塚 一晶
22
1
9
8
1
スタン・ハンセン、プロレスの枠を超え、今なお耳にする ”気合い曲”
カタリベ / 小山 眞史
Re:minder - リマインダー