4月21日

夏の扉を開けた松田聖子にキラキラの魔法をかけたのは誰?

42
6
 
 この日何の日? 
松田聖子のシングル「夏の扉」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1981年のコラム 
【80年代アニソンの魅力】少年ジャンプのアニメ主題歌で再評価されるべき5人の偉業!

水森亜土のワイワイワールド、オノマトペだらけのアラレちゃん主題歌!

一貫してヒーロー、でも入場曲は一貫してなかったタイガーマスク

クリエーション「ロンリー・ハート」僕のレコード人生はここから始まった

石川ひとみ「まちぶせ」松任谷由実の愛すべきストーカーソング?

“不適切” でも再注目!80年代に流行った「聖子ちゃんカット」彼女はいつ髪を切ったのか?

もっとみる≫



photo:SonyMusic  

1981年4月、僕が高校生になったその春にリリースされたシングル、それが松田聖子の「夏の扉」でした。そんなタイミングも相まってか、この曲は僕の心の「キラキラベストテン第1位」を30年以上守り続けています。

シングル盤のジャケットこそ落ち着いた雰囲気ですが、このサウンドのキラキラ感は半端じゃありません。2005年に平井堅が名曲「POP STAR」を作ったとき参考にしたという逸話も十分頷けます。

これ、もちろん松田聖子本人の魅力が第一であるとは言え、アレンジを担当した大村雅朗の手腕に並々ならぬものを感じます。前年に手掛けた「青い珊瑚礁」そして「チェリーブラッサム」を経て、この「夏の扉」でひとつの完成形を示してくれました。

そう、松田聖子という優れた素材のギアを上げ、セカンドに加速させたのは、間違いなく大村雅朗の編曲だと思うのです。80年代を予感させる新しいサウンドは78年頃から出始めていましたが、そんな動きを敏感にキャッチし、メインストリームに持ち込んだのが当時20代後半の大村だったことは想像に難くありません。

そうやって時代の波に乗った松田聖子プロジェクトは、次のシングル「白いパラソル」から松本隆を招き入れ、84年までの4年間(19歳から22歳)にわたって彼女の最盛期を築き上げていくことになるんですねえ!


夏の扉 / 松田聖子
作詞:三浦徳子
作曲:財津和夫
編曲:大村雅朗
発売:1981年(昭和56年)4月21日

2016.01.10
42
  AppleMusic
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1965年生まれ
マイケル上大岡
「夏の扉」というタイトルどおりのキラキラでしたね。
ギターのバッキングの疾走感といいシンセサイザーのキラキラは風景が見えるよう。しかも洗練された第一期聖子ちゃんカットが完成形になった頃です。
2016/04/27 10:55
2
返信
カタリベ
1966年生まれ
太田秀樹
コラムリスト≫
21
1
9
8
2
断トツのサバイブ 小泉今日子、デビュー曲のキモは「パ」の破裂音♡
カタリベ / KARL南澤
91
1
9
8
1
“不適切” でも再注目!80年代に流行った「聖子ちゃんカット」彼女はいつ髪を切ったのか?
カタリベ / 指南役
13
2
0
2
1
亀田誠治の手腕、懐メロにはならない松本隆トリビュート「風街に連れてって!」
カタリベ / 本田 隆
85
1
9
7
3
チューリップ「夏色のおもいで」色使いの名人 松本隆の職業作詞家デビュー作!
カタリベ / 指南役
31
1
9
8
8
現在 過去 未来。小泉今日子「夏のタイムマシーン」がこんなにまで心に響く理由
カタリベ / 前田 祥丈
120
1
9
8
1
夏の扉とルビーの指環、松田聖子の運命を決定づける神曲と立ちはだかる最強の敵
カタリベ / 指南役