10月3日

80年代は洋楽黄金時代【ボ・ディドリー・ビート TOP5】菅田将暉がカバーしたあの曲も?

47
1
 
 この日何の日? 
ジョージ・マイケルのファーストアルバム「フェイス」発売日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1987年のコラム 
1987年のエイズパニック!未知の恐怖とザ・スミスのラストアルバム

80年代のロックシーンを塗り替えたガンズ・アンド・ローゼズの反骨精神

中森明菜「難破船」流行歌手としての一線を越えた加藤登紀子のカバー曲

時代で変わる恋愛バラエティ「パンチDEデート」から「ねるとん紅鯨団」へ

鉄腕ミラクルベイビーズ♪リアレンジされた「ねるとん紅鯨団」のテーマソング

ショーン・コネリー90歳で逝去、偉大な名優の80年代の足跡

もっとみる≫




日産スカイラインのCM曲、山下達郎「ジャングル・スウィング」


今から30年近く前、僕は日産自動車の「スカイライン」というクルマに乗っていた。スカイラインとは、2017年に誕生から60周年を迎えた、日産車の中で最も長い歴史を持つモデルブランドである。そして、最近はどうか知らないが、少なくとも20世紀の時代において、スカイラインは日本のスポーツセダンを代表するビッグネームの一つであった。

当時僕が乗っていたのは9代目に当たるR33型というモデルで、「ハコスカ」や「ケンメリ」といった過去の名車と比べると、正直なところ評判はイマイチだったが、僕にとっては運転していて楽しいクルマだった。で、ここからが今日の本題なのだが、この車のCMには山下達郎の「ジャングル・スウィング」という曲が使われていた。

この曲では、彼の「いわゆる “ボ・ディドリー・ビート” の曲を一曲作ってみたい」という予てからの思いが実現されている。バックトラックの音量が控えめなので判りにくいかもしれないが、後ろに流れている「ダッ・ダッ・ダ・ン・ダ・ダー」というノリの良いリズムパターンがボ・ディドリー・ビートである(そう言えば、今年3月からミスタードーナツのTVCMで流れている「ドーナツ・ソング covered by 菅田将暉」もボ・ディドリー・ビートだ)。



後のロックミュージックに多大な影響を与えたボ・ディドリーとは?


“ボ・ディドリー・ビート” の語源になっているボ・ディドリーというのは、主に1950〜60年代に活躍した米国人ミュージシャンのことで、後のロックミュージックに多大な影響を与えた大御所である。その影響力の大きさから「オリジネーター(The Originator)」という異名が付けられていたほどだ。2010年には、米国の音楽誌『Rolling Stone』の「100 Greatest Artists」で20位に選ばれている。

1955年、ボ・ディドリーは自らの名前を冠したシングル「ボ・ディドリー」でデビューしたが、この時にボ・ディドリー・ビートは誕生した。当時の彼のパフォーマンスがエド・サリヴァン・ショーの公式YouTubeチャンネルで公開されているので、皆さんにもぜひ観てもらいたい。このビートが持つ「独特だが小気味良い」グルーヴ感が味わえるのではないかと思う。ちなみに、ボ・ディドリーが、この番組に出演した初めての黒人のアーティストなのだそうだ。

とにかく、これを機にボ・ディドリー・ビートは多くのアーティストによって再利用されることになる。彼の公式HPでは、ボ・ディドリー・ビートが使われている主な楽曲として――

■ バディ・ホリー / ノット・フェイド・アウェイ
■ ジョニー・オーティス・ショウ / 手拍子ロック(Willie And The Hand Jive)
■ エルヴィス・プレスリー / マリーは恋人((Marie's The Name) His Latest Flame)
■ ウェイン・フォンタナ&ザ・マインドベンダーズ / ゲーム・オブ・ラブ
■ ジェファーソン・エアプレイン / おかしな車(She Has Funny Cars)

―― が紹介されている。加えて、若かりし頃のザ・ローリング・ストーンズもボ・ディドリー・ビートの愛用者だった。彼らは、先ほどのバディ・ホリーの「ノット・フェイド・アウェイ」をリメイクしてシングルリリースしたが、それがストーンズ初のトップ10ヒットとなった。また、ボ・ディドリーの「モナ(Mona (I Need You Baby))」もカバーしていて、英国デビューアルバム『ザ・ローリング・ストーンズ』と米国サードアルバム『ザ・ローリング・ストーンズ・ナウ!』に収録された。

こうしてボ・ディドリー・ビートは、モータウン・サウンドなどと同じように、リズムパターンの定番になっていった訳だが、実際、1980年代に入ってからも、このビートを取り入れた楽曲が数多く作られている。今日は、皆さんにその中から選りすぐりの5曲を紹介したい。聴くだけで、ゴキゲンな気分になること請け合いだ。

トム・ペティ、典型的なボ・ディドリー・ビートの名曲


第5位:トム・ペティ / ハート・オブ・イッツ・オウン(A Mind With A Heart Of Its Own)
初のソロ名義となったアルバム『フル・ムーン・フィーヴァー』に収録。シングルリリースはされていない。本作制作中に結成したトラヴェリング・ウィルベリーズでも一緒に演っているジェフ・リンとの共作で、典型的なボ・ディドリー・ビートの名曲。ザ・ハートブレイカーズの時よりサウンドがクリアに、ボーカルがライトになっている気がするが、とにかくキレキレでノリノリの軽快なロックンロール。あまりライブで演奏していないのが、残念。



アルバムチャート1位を記録した名盤に収録された疾走感溢れるロックナンバー


第4位:REOスピードワゴン / ドント・レット・ヒム・ゴー
1981年に全米年間アルバムチャートでNo.1を記録した『禁じられた夜(Hi Infidelity)』のオープニングナンバーで、「キープ・オン・ラヴィング・ユー」「テイク・イット・オン・ザ・ラン」に続くサードシングル。いきなりボ・ディドリー・ビートで始まるこの曲が、アルバムの景気付けに大いに貢献していると思う。この疾走感溢れるロックナンバーは、気分を高揚させたい時に特にオススメだ。



ガンズ・アンド・ローゼスのデビューアルバムに収録された名曲


第3位:ガンズ・アンド・ローゼズ / ミスター・ブラウンストーン
デビューアルバム『アペタイト・フォー・ディストラクション』に収録。英国では「イッツ・ソー・イージー」と両A面、米国では「ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル」のB面でシングルリリースされている。この曲のクライマックスは、何と言ってもイントロだと思う。ドラムがボ・ディドリー・ビートを奏で始めたところに、ギターの単音のリフが乗っかってくるのがカッコいい。ちなみに、「ブラウンストーン」とは、麻薬を意味するスラングの一つだそうだ。



全英ナンバーワンを獲得したサントラ収録曲


第2位:U2 / ディザイアー
彼ら自身を描いたドキュメンタリー映画『魂の叫び(Rattle And Hum)』のサウンドトラックに収録されているが、この曲はスタジオで新録されている。先行シングルとしてリリースされ、初の全英ナンバーワンを獲得した。典型的なボ・ディドリー・ビートの楽曲だが、彼らが直接的に影響を受けたのはボ・ディドリーではなく、イギー・ポップ率いるザ・ストゥ-ジズの「1969」なのだそうだ。



白人アーティストとして史上初めて全米ブラックアルバムチャートでナンバーワンを獲得


第1位:ジョージ・マイケル / フェイス
白人アーティストとして史上初めて全米ブラックアルバムチャートでナンバーワンを獲得したソロデビューアルバム『フェイス』に収録。1988年にシングル、アルバム共に全米年間チャートでナンバーワンを記録した。ポップミュージックの歴史上、星の数ほどいるであろうボ・ディドリーの影響を受けたアーティストや楽曲の中で、彼ほど正統なフォロワーで、この曲ほどクオリティの高いボ・ディドリー・ビートはあっただろうか… と言いたくもなる、まさに時代の1曲。

■ Billboard Hot 100 / Official Singles Chart Top 100
■ Willie And The Hand Jive / Johnny Otis (1958年8月4日 全米9位)
■ (Marie's The Name) His Latest Flame / Elvis Presley(1961年9月18日 全米4位、11月15日 全英1位)
■ Not Fade Away / The Rolling Stones(1964年4月1日 全英3位、7月18日 全米48位)
■ The Game Of Love / Wayne Fontana and the Mindbenders(1965年3月3日 全英2位、4月24日 全米1位)
■ Keep On Loving You / REO Speedwagon(1981年3月21日 全米1位、5月16日 全英7位)
■ Take It On The Run / REO Speedwagon(1981年5月30日 全米5位、8月22日 全英19位)
■ Don't Let Him Go / REO Speedwagon(1981年8月1日 全米24位)
■ It's So Easy / Guns N' Roses(1987年6月20日 全英84位)
■ Faith / George Michael(1987年10月31日 全英2位、12月12日 全米1位)
■ Desire / U2(1988年10月8日 全英1位、11月26日 全米3位)
■ Welcome To The Jungle / Guns N' Roses(1988年11月12日 全英24位、12月24日 全米7位)

■ Billboard 200 / Official Albums Chart Top 100
■ England's Newest Hit Makers/The Rolling Stones / The Rolling Stones(1964年5月2日 全英1位、8月22日 全米11位)
■ The Rolling Stones, Now! / The Rolling Stones(1965年4月24日 全米5位)
■ Hi Infidelity / REO Speedwagon(1981年2月21日 全米1位、8月22日 全英6位)
■ Faith / George Michael(1987年11月14日 全英1位、88年1月16日 全米1位)
■ Appetite For Destruction / Guns N' Roses(1988年8月6日 全米1位、89年7月22日 全英5位)
■ Rattle And Hum(Soundtrack)/ U2(1988年10月22日 全英1位、11月12日 全米1位)
■ Full Moon Fever / Tom Petty(1989年7月8日 全米3位、全英8位)

m

▶ ボ・ディドリーに関連するコラム一覧はこちら!



2023.05.16
47
  YouTube / The Ed Sullivan Show


  YouTube / U2


  YouTube / georgemichael
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1965年生まれ
中川 肇
本文中に登場する各曲の動画です↓
Buddy Holly - Not Fade Away
https://youtu.be/PB0efeTW0NE
Johnny Otis - Willie And The Hand Jive
https://youtu.be/n1dSbzYVtn4
Elvis Presley - (Marie's The Name) His Latest Flame
https://youtu.be/59pOE3OmUi8
Wayne Fontana and the Mindbenders - The Game Of Love
https://youtu.be/rzh0TAon7Bc
Jefferson Airplane - She Has Funny Cars
https://youtu.be/7anpSApXtUo
The Rolling Stones - Not Fade Away
https://youtu.be/NfSAtNMc59g
The Rolling Stones - Mona (I Need You Baby)
https://youtu.be/fVsvj7-YLYo
Tom Petty - A Mind With A Heart Of Its Own
https://youtu.be/QwZwJPbb__g
REO Speedwagon - Don't Let Him Go
https://youtu.be/DIuJ-OoKlAE
Guns N' Roses - Mr. Brownstone - YouTube
https://youtu.be/27rKrR424cA
2023/05/16 10:04
1
返信
カタリベ
1965年生まれ
中川肇
コラムリスト≫
105
1
9
8
1
80年代は洋楽黄金時代!椎名林檎 “丸サ進行” のルーツは「クリスタルの恋人たち」
カタリベ / 中川 肇
41
1
9
8
1
80年代は洋楽黄金時代【ピアノ曲 TOP5】記憶に残るプレイは誰だ!
カタリベ / 中川 肇
32
1
9
8
2
80年代は洋楽黄金時代【カバー曲 TOP10 番外編】やっぱり音楽は記録より記憶?
カタリベ / 中川 肇
19
2
0
1
8
シーナ&ザ・ロケッツ「レモンティー」今なおピカピカの最新型!
カタリベ / 本田 隆
107
1
9
8
4
80年代は洋楽黄金時代【ドラムイントロ TOP5】記憶に残る名演!
カタリベ / 中川 肇
33
1
9
8
0
音楽が聴こえてきた街:北九州発の無骨なロックンロール、花田裕之が続ける旅路
カタリベ / 本田 隆