12月17日

ポパイ少年は行く、JJガールとドライブデートの音楽スグレモノ

77
3
 
 この日何の日? 
クール&ザ・ギャングのシングル「ジョアンナ」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1983年のコラム 
YMO散開アルバムと三宅裕司のヤングパラダイス

イントロ内転調♪ 山下達郎「クリスマス・イブ」の名曲化に貢献した秘密

【1983年の細野晴臣:前編】散開から40年 YMOが遺してくれたものは何だったのか?

アメリカが生んだ最強デュオ、ダリル・ホール&ジョン・オーツ

富田靖子デビュー!映画「アイコ十六歳」松下由樹と宮崎萬純も初お目見え

ローズマリー・バトラー、邦画が生んだ日本限定の洋楽ヒット

もっとみる≫



photo:magazineworld.jp  

1970年代後半から80年代にかけて、おしゃれな男子学生のファッションは「POPEYE」的なものが主流だったが、女子学生、もとい女子大生の間ではコンサバ女性誌(赤文字系雑誌)が全盛であった。

1975年に光文社が「JJ」を創刊(78年月刊化)してからというもの、81年に小学館が「CanCam」、83年に講談社が「ViVi」、88年に主婦の友社が「Ray」を誕生させていった。

中でも「JJ」のスタイルは、他誌よりも良家のお嬢様的だった。各誌とも素人の女子大生(今で言うところの読者モデル)を使っていたが、「JJ」では誌面に出られる学校(≒ミッション系を中心とするお嬢様学校)と出られない学校が明確に区別されていた。また、それを反映してかどうかは不明だが、確か「JJ」は「CanCam」より30円高く売られていた。

となると、当然のことながら “ポパイ少年” 最大の関心事は、どうやって “JJガール” のハートを掴むか… に決まっていた。幸い僕の友人の殆どが自宅生で、家のクルマを自由に使える身分だったので、いつも「彼女を乗せてどこへ行くか」と「クルマの中でどんな音楽を流すか」に頭を悩ませていた。

実際、音楽オタクの僕のところには、「クルマの中でかけるカセットテープの作成(選曲と録音)」という仕事が殺到した。

選曲の落とし所は、大抵、R&Bやフュージョン、AORの真ん中あたりにあった。グローヴァー・ワシントン・ジュニアの「Just The Two Of Us」はその代表格で、「クリスタルの恋人たち」というありえない邦題がつけられていたが、もちろん田中康夫氏の処女作「なんとなく、クリスタル」にちなんだものだ。

また、その田中氏が後に司会をすることになる情報番組「OH!エルくらぶ」のオープニングテーマに使われていたドナルド・フェイゲンの「I.G.Y.(What a Beautiful World)」も外せなかった。

この他にもドゥービー・ブラザーズ「ある愚か者の場合(What A Fool Believes)」、レイ・パーカー・ジュニア「ウーマン・ニーズ・ラブ」、クール・アンド・ザ・ギャング「ジョアンナ」とか、挙げだしたらキリがないな。。。


Joanna / Kool & The Gang
作詞・作曲:Claydes Smith, James Taylor, Kool & the Gang
プロデュース:Jim Bonnefond, Ronald Bell, Kool & the Gang
発売:1983年12月17日


脚注:
「Just The Two Of Us」(81年5月2日2位)
「I.G.Y.(What a Beautiful World)」(82年11月27日 26位)
「What A Fool Believes」(79年4月14日1位)
「A Woman Needs Love(Just Like You Do)」(81年6月20日4位)
「Joanna」(84年2月11日2位)

2016.03.26
77
  YouTube / KoolAndTheGangVEVO
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1965年生まれ
中川肇
コラムリスト≫
16
1
9
8
1
世界に挑戦した男たち、菊池武夫と矢沢永吉の伝説
カタリベ / inassey
38
1
9
8
4
アメリカンDJスタイル、小林克也の声に乗って達郎サウンドがやってきた!
カタリベ / goo_chan
36
2
0
2
0
緊急企画!新橋の音楽BAR「Re:minder stand RADIO」復活へのご支援を!
カタリベ / スージー鈴木
20
1
9
8
1
共有感満載の80年代洋楽ヒット!ビルボード最高位2位の妙味 vol.12
カタリベ / KARL南澤
25
1
9
8
7
ひとりでいること。80年代の生んだ偉大な詩人、スザンヌ・ヴェガ
カタリベ /  白石・しゅーげ
37
1
9
8
0
ボズ・スキャッグスとデイヴィッド・フォスター、最初で最後のコラボレーション
カタリベ / ふくおか とも彦