1976年 11月20日
ユーミンサウンドとオトナの胸キュンドライブ「中央フリーウェイ」
31
2
 
 この日何の日? 
荒井由実のアルバム「14番目の月」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1976年のコラム 
我が家にラジオがやってきた、大入りダイヤルからのオールナイトニッポン!

エレキギターを振り回し血を吐く地獄の軍団、KISSが教室にやってきた!

70年代を食べて80年代を走った、ロック世代のアーチストたち

ニューミュージックの扉を開いたハイ・ファイ・セット vol.2

資生堂 vs カネボウ CMソング戦争 〜 揺れるまなざしと一瞬のきらめき

もっとみる≫

photo:Lyrically  

80年代は、男性が女性を食事や遊びに誘うなら、「クルマ」はゼッタイ保有、重要なアイテムでした。女性も、「ロマンチックに海や夜景のドライブに連れて行ってもらいたい〜」と思っていたので、ドライブデートは当たり前。

ドライブデートをセッティングする男性は、デートでクルマを走らせる場所に合わせて、女性が喜ぶ、グッとくる曲、落とせる曲(笑)をカセットテープに録音してかけていました。

女性は、男性がかけたテープの曲のセレクトが、自分の好きな曲の価値観と合うか、センス良くてドライブの雰囲気と合っているか。

どうでもいいような、そんな男性の努力、力量を… 今後のお付き合いの選定基準にもしていたりしました。ロマンチックにさせてくれる、オシャレな男性なのか見極めたりして(笑)。

80年代、男女のストーリー。恋愛の色んな場面でクルマが登場するユーミンの歌詞は、その状況が「映像」となって目に浮かぶ方は多いのではないでしょうか。

今回から3回にわたって、私が勝手に選ぶ「ユーミンサウンドとオトナの胸キュンドライブ」。

クルマというデートアイテムがあるからグッとくる曲、今でもあの頃のようにキュンとなる曲について書いていきますね。

1回目は ドライブストーリーの定番中の定番「中央フリーウェイ」
2回目は「埠頭を渡る風」
3回目は「星空の誘惑」

この3曲は、ユーミンならではの視点で、恋する女性のドライブ中の彼への気持ち、仕草、そしてドライブをしていないと見ることのできない風景が、センスのよい洒落た言葉で見事に表現されていて、クルマという密室な空間で時間を一緒に過ごす「憧れ」を感じた曲。

1回目は、ユーミンの大人のラブラブドライブ真骨頂、「中央フリーウェイ」。運転しながら、何気にさらっと、男性にしてもらいたい行動の歌詞に、高校生だった私は憧れました。


 片手で持つハンドル 片手で肩を抱いて
 愛してるって 言ってもきこえない
 風が強くて


風が強くて、せっかくの嬉しいことばが聞えないということは、「オープンカー」なのでしょうか。かっこいい大人選びのクルマが、目に浮かびます。

「中央道」という名称も、ユーミンの世界では「中央フリーウェイ」となり、目に浮かぶのは、一気にオシャレな道路とクルマ。

そして、その「中央道」を走った時に、ユーミンの歌詞通りに「競馬場とビール工場」が本当に、本当に見えた時の感動。

自分もあの歌詞の中にふと入り込んで、大人になった気分。


 町の灯が やがてまたたきだす
 二人して 流星になったみたい

 この道は まるで滑走路
 夜空に続く


そのキラキラした恋愛の世界。でも、現実にそこにある、見える景色。恋する大人の男と女、二人だけの世界。素敵に大人のいちゃいちゃ感が出ています。

そういえば、ユーミンの曲で他に、名車コルベットでの夜のドライブをオシャレに歌った、「コルベット1954」という、来生たかおさんとのデュエット曲があります。


 月も追って来ないわ
 みんな探してるころ
 Corvette 1954 あなたとどこへでも行く

 きみの細いつめのような
 ライトは流線形
 Corvette 1954 すぐに遠くへさらうよ
 好きさ 好きさ 好きさ


と、ユーミンの夜のドライブストーリーに、夜空、月、クルマのライトを取り入れて、素敵に表現しています。そして、男性が愛も囁いちゃう。誰もがドライブデートストーリーの主人公。

80年代は、こんなドライブをしていた、できちゃう世の中だった気がします。


あ〜♡ オシャレなドラマの主人公にでもなれそう。大人の男性の運転で、ドライブに行きたくなります。クルマでしか体感できない、胸キュンシチュエーションが、またまた映像でドラマになって目に浮かびます。

次回もまた、ユーミンサウンドと素敵なドライブデート、「埠頭を渡る風」について、女性目線から書かさせていただきます。

2017.05.06
31
  YouTube / 松任谷由実


  Youtube / syouwa- kayoukyoku
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
2017年生まれ
まなみ様
かなり歳上の彼とスポーツカーデート。「この先はこれ聴かなきゃね」と中央道手前でこの曲に変えた彼。有名だから知ってはいたけど本当に見えた競馬場とビール工場に感動した私は田舎娘。何年か前その彼がカーレースで亡くなった事を知った時に、この曲が頭に流れて涙した生涯忘れられない1曲です。
2017/05/07 05:11
5
返信
2017年生まれ
まなみ様
中央フリーウェイ。
2017/05/07 04:47
1
返信
カタリベ
1968年生まれ
稲田雪路
コラムリスト≫
42
1
9
7
8
ユーミンサウンドとオトナの胸キュンドライブ「埠頭を渡る風」
カタリベ / 稲田 雪路
43
2
0
1
7
ムッシュとユーミンのただならぬ関係、中央フリーウェイで楽しいバス旅行
カタリベ / 佐々木 美夏
17
1
9
8
1
日本の夏と、ユーミンと。「夕闇をひとり」は真夏の夜のミステリー
カタリベ / ミスターZ
27
1
9
8
5
資生堂 vs カネボウ CMソング戦争 〜 ユーミン初の資生堂タイアップ
カタリベ / @0onos
43
1
9
8
4
雨音はショパンの調べ、小林麻美の皮を被った松任谷由実に恋をした
カタリベ / 鎌倉屋 武士
45
1
9
8
2
1982年夏の最強タッグ、ユーミンと聖子がいなかったら夏休みは始まらない
カタリベ / 親王塚 リカ
Re:minder - リマインダー