11月19日

ニック・カーショウ讃歌「好き好きUK80’s」ちっさいけれどデカいヤツ!

12
0
 
 この日何の日? 
ニック・カーショウのアルバム「ザ・リドル」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1984年のコラム 
チ・ン・ピ・ラ、渋谷の街を疾走するカマロとプライベートストーリー

プリンス「パープル・レイン」ナンバーワンに匹敵する1位になれなかったシングル

たった一度の来日公演!福岡サンパレスで観たラッシュとの一期一会

木枯らしに抱かれて?アメリカでは売れなかったニック・カーショウの名曲

人事担当者必見!「イージー・ラヴァー」に見るダイバーシティの理想形

ジョン・レノンへのアンサーソング「チェッカーズの X’mas Song」

もっとみる≫



photo:nikkershaw.net  

スーパースターの愛嬌は顔のデカさにあり!?


1980年代、志摩あつこさんが『音楽専科』誌に連載していた漫画「8ビート・ギャグ」に、“大顔連” なるキャラが登場していたことを、ご存じの方は少なくないと思う。正直、その面々が誰だったか正確には思い出せないが、JAPAN のデヴィッド・シルヴィアン、カルチャー・クラブのボーイ・ジョージ、ABC のマーティン・フライ…… だったと記憶している。間違いがあれば、ご指摘を何卒。ともかく、彼らは他のメンバーと並んで写真に撮ると遠近感が損なわれるほど顔がデカい…… ということが揶揄されていた。

当時、田舎の高校生だった自分は外国人のアーティストというだけで見上げて尊敬していたけれど、そんなふうに指摘されると、PV を見る度に、確かにこの人は顔がデカいなあ…… と思うようになる。どのアーティストにも熱狂的なファンが付いていたけれど、そういう目線で見てみると、スーパースターにも愛嬌のようなものがあるのだなあと好意的に受け止めた。

アルバムジャケットと PV で知るニック・カーショウの素顔


1984年、ラジオ日本で毎週土曜の深夜に放送されていた『全英トップ20』。そこで紹介される全英チャートを毎週のようにノートに書き留めていたが、そこに “にくかーしょー” という聴き慣れない名前が飛び込んできた。聴き慣れない名前のアーティストによる、その曲「恋はせつなく(Wouldn’t It Be Good)」は、全英チャートの4位にまで上昇。そのアンニュイな曲調とともに、アーティスト名ニック・カーショウを、筆者は認識するようになる。

その後、「ダンシング・ガールズ」「アイ・ウォント・レット・ザ・サン・ゴー・ダウン」と立て続けにイギリスでヒットを連発。前者はエレクトロポップ、後者はポップで親しみやすい曲。いったい、このカーショウさんは、どんな人なのだろう? と思っていた矢先、日本でもアルバム『ヒューマン・レイシング』がリリースされた。「あー、またハンサムな方がチャートに上がってきたのね…」とジャケを見て思った。

しかし、テレビで PV を見ると、この人も遠近感が、ちょっとおかしい気がする。が、ソロのアーティストだから他のメンバーとは比べようがない。自信はないけれど、この人も “大顔連” の一員になれるのではないだろうか? そんなことを考えていた。

ノスタルジックな独特のメロディ、耳に残る名曲「ザ・リドル」


セカンドアルバム『ザ・リドル』がリリースされたときには、彼を取り巻く日本での状況も変わっていた。イギリスで今もっともポピュラーなシンガーソングライター。ファンレターを書いて、“Nik Kershaw, England” と封筒に書けば本人に届いてしまう…… というほどの人気者になっている、というニュースが伝えられたほど。当然、日本のレコード会社もプッシュしている。このアルバムからの最初のシングル「ザ・リドル」の PV も頻繁に目にしたが、やはりこの人は顔がデカいぞ…… と、田舎の高校生の疑念も深まる。

ニック・カーショウは先に述べた大顔連のスターとは事情が違った。人気の高まりとともに、日本にも伝わってくるパーソナルなインフォメーション。それによると、身長160センチちょっと。つまり白人にしては小柄だったのだ。

しかし、曲の魅力が強烈ならば、見た目はどうでもいい!このナンバー「ザ・リドル」は当時のポップスではあまり耳にすることのない、民謡というか童謡というか、なんともノスタルジックな独特のメロディが耳に残る。これは名曲だ!

アルバムからの2枚目のシングル「ワイド・ボーイ」もすごくいい曲だった。そのシニカルな詞を知るまでは、タイトルから単に “ワイド” ってデブのことなのかな…… と思ったものだ。その程度の英語理解力しかなかったので、高3での大学受験は当然のように失敗する。

凄い曲をつくり、胸を張って歌うかっこいい男、ニック・カーショウ


10代の多くはそうだと思うが、この頃の自分も劣等感の塊だった。大学に入れなかったということもそう。そして、もうひとつ。自分もニック・カーショウと同じくらいの身長で、日本人としても十分に小柄だった。

ニックは確かに小さかったけれど、ライブビデオを見ると、大顔も忘れてしまうことがあった。凄い曲をつくり、胸を張って歌うその姿。映画ファンならわかると思うが、身長の低いアル・パチーノやダスティン・ホフマンが、スクリーンの上では、ずっとずっと大きく見えることがある。ニックも同様だ。自分の仕事をきっちりとやり遂げる男はかっこいい!そこには身長を意識させない凄みがある。


1月19日(日)、当サイトRe:minder主催のクラブイベント『好き好きUK80’s』でレコード回しをさせていただきます。ちっさいおっちゃんがブースの中にいるなあ… と思ったら、それはきっと自分だけれど、とにかくデっかい音でニック・カーショウ等々を鳴らす予定。ご都合よければ、遊びにきてくだされ!

2020.01.07
12
  YouTube / NikKershawVEVO
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1966年生まれ
ソウママナブ
コラムリスト≫
22
1
9
8
2
ABC がやって来る、マーティン・フライは本当にカッコいいんです!
カタリベ / ユリンベ
25
1
9
8
4
木枯らしに抱かれて?アメリカでは売れなかったニック・カーショウの名曲
カタリベ / DR.ENO
19
1
9
8
3
8ビートギャグに夜ヒット、U2のメディアミックスは正しかったのか!?
カタリベ / ソウマ マナブ
22
1
9
8
2
ラジオ日本「全英TOP20」クイーンの作文コンテストで入賞した賞品は!?
カタリベ / 平マリアンヌ
12
2
0
1
6
80's サウンド満載!「イーグル・ジャンプ」の舞台はカルガリーオリンピック
カタリベ / ユリンベ
25
1
9
8
2
ABCの華麗なる変貌、MTVの波に乗ってポストパンクからエレクトロポップへ
カタリベ / DJ Moe
Re:minder - リマインダー