2008年 7月18日

ビリー・ジョエル来日記念!NYシェイ・スタジアムでのライブが2夜限りの劇場公開!

63
0
 
 この日何の日? 
ビリー・ジョエル「ライヴ・アット・シェイ・スタジアム」公演日(2日目)
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 2008年のコラム 
RCサクセションが聴こえる — 2008年の奇跡、忌野清志郎 完全復活祭

福生のテーラー「K.ブラザーズ」真っ赤な夕焼けと清志郎の後ろ姿

もっとみる≫




16年ぶりの来日公演が決定したビリー・ジョエル


2024年1月24日、東京ドームにて16年ぶりの来日公演が決定したビリー・ジョエル。ビリーは1978年4月の初来日公演以来、実に11回の来日公演を行なっており、ことに95年の来日時には、1月17日に起きた阪神・淡路大震災を大阪のホテルで経験しており、翌18日のコンサートをキャンセルすることなく敢行し、多くの人々を勇気づけたことなど、日本との関わりも深いアーティストだ。

また、本国アメリカではシングル化されていない「ストレンジャー」は、日本独自にシングル発売され大ヒットを記録、日本でのビリーの出世作となった。他にも日本のみで人気の高い楽曲に「オネスティ」があったり、70年代後半、洋楽に親しんだ日本のリスナーにとって、欠かすことのできないアーティストなのである。

待望の来日公演を前に劇場公開される「ライヴ・アット・シェイ・スタジアム」


待望の来日公演を前に、ビリーが2008年の7月16日と18日の2日間開催した『ライヴ・アット・シェイ・スタジアム』の模様が、TOHO シネマズ 日比谷をはじめ全国42館で劇場公開される。上映は12月25日(月)と28日(木)の2夜限定(TOHOシネマズ日本橋となんばの2館のみ1週間上映)。

このシェイ・スタジアムは、ニューヨーク・メッツのかつての本拠地で、ザ・ビートルズが1965年8月15日に、史上初となるスタジアムライブを行った場所。その後もローリング・ストーンズやジミ・ヘンドリックス、エリック・クラプトンなどレジェンド級のアーティストたちがライブを行ってきたが、2009年に取り壊しが決定。その最後を飾るコンサートが、ビリー・ジョエルの『Last Play At Shea』と題されたこの公演だったのだ。生粋のニューヨーカーであり、ニューヨークを題材に数々の名曲を作り出して来たこの男こそ、同スタジアムの最後を飾るにふさわしい人物だったのだ。その歴史的なライブを紹介しよう。



前半は70年代の名作アルバムから、隠れた名曲を演奏


自由の女神の姿から、空撮によるコロシアム型のスタジアムの全景へと繋がるオープニング映像では、叩きつけるようにピアノを弾く男の指先がアップで映し出される。最上段までぎっしりと埋まった観客を前に、コンサートは「プレリュード / 怒れる若者」で幕を開けた。性急なリズムと、お得意のピアノ速弾きが存分に披露される、ライブのオープニングにはこれしかないという1曲だ。

2曲歌い終えたビリーは、「この中でメッツのファンは? ヤンキースのファンは?」と客席に問いかけ「どっちでもオーケーだよな!」とフレンドリーに観客とやり取り。そして、自身が初めてバンドを組んで、ロックを始めたのも、スタジアムのオープンと同じ1964年であったことを明かし、そのスタジアムの最後を飾ることは「世界一の仕事だよ」と興奮気味に語る。
 
前半は70年代の名作アルバムから、シングルヒットではない隠れ名曲を演奏する。いずれもニューヨークの風景、人物描写に長けた同地ゆかりのナンバーばかり。そのハイライトは、同じニューヨーク出身、アメリカの国民的シンガー、トニー・ベネットを迎えて「ニューヨークの想い」をデュエット。数多くのアーティストにカバーされ、リリースされた76年当時は、空想の世界のように描かれていた内容が、9・11以降のアメリカを予見していたかのような歌となった。

まさにこの地で、この日のために歌われるべき曲。奇しくもトニー・ベネットは今年2023年7月に96歳で逝去したが、このライブの時点で既に80歳を超えており、その圧巻の歌唱力には驚かされるばかり。



シリアスなナンバーにも多くの支持が集まるビリー・ジョエルの奥深さ


さらに82年の『ナイロン・カーテン』に収録されている、ベトナム戦争に送り出された兵士の視点で歌う「グッドナイト・サイゴン〜英雄達の鎮魂歌」。こういったシリアスなナンバーにも多くの支持が集まるのが、ビリー・ジョエルの奥深さである。オープニングとエンディングで流れるヘリのSEから心掴まれるアメリカ人がどれほどいたであろうか。

中盤にはカントリーの名手、ガース・ブルックスを迎え、ガースがカバーしたことで大きな人気を博した「シェイムレス」をデュエット。続けてギタリスト、ジョン・メイヤーと「ディス・イズ・ザ・タイム」で共演するなど、登場するゲストも豪華。

何より驚かされるのはビリーのパフォーマンスの高さである。ピアノ弾き語りという固定されたステージングでありながら、他の演奏メンバーの誰よりも派手に、華やかに、アクティヴに動き回り、観客を乗せ、音楽の海に誘導していくその姿は、一般的に想像するピアノ・マンのイメージとは全く異なる。ポップ系のシンガーソングライターと認識されがちなビリーだが、そのライブステージを見れば一目瞭然、文句なしのロックアーティストなのだ。同傾向のシンガーソングライターであり、ビリーの登場以前にシーンを沸かせたエルトン・ジョンのパフォーマンスとも共通する、ピアノ弾きならではのライブアクトの凄みを感じさせてくれる。



一貫してライブステージに全精力を注ぎ込んできた男ならではのパフォーマンス


後半は、ビートルズの名曲「ハード・デイズ・ナイト」を演奏した後、ピアノからギターに持ち替えての「ハートにファイア」、そしてガラスの割れる音が会場中に響き渡ると、大定番「ガラスのニューヨーク」へ。ピアノの上に乗り立ち上がって観客を煽るお馴染みのパフォーマンスも健在だ。

そしてビートルズの『アビー・ロード』B面に影響を受けたであろう、組曲風の大作「イタリアン・レストランで」へと連なる流れは、ビリー・ジョエルというアーティストの、表現の振れ幅の広さを物語っている。これだけ曲想もスタイルも異なる楽曲を、ライブで一気に演奏してしまうスケールの大きさ、それを忠実に演奏するバンドの技量も圧倒的で、メジャーデビュー前の60年代から一貫してライブステージに全精力を注ぎ込んできた男ならではのパフォーマンスが繰り広げられる。映像を通してもその圧倒的な熱量が伝わってくるのだ。

アンコールはポール・マッカートニーとのデュエット


「若死にするのは善人だけ」を最後に、ステージを降りたビリーは、止まないアンコールの声に応えて再びステージへ。そして、「みんな、ゲストをお迎えしよう。ポール・マッカートニー!」

驚きの絶叫が会場中に響き渡ると、白シャツにネクタイ姿のポール・マッカートニーが現れ、「アイ・ソー・ ハー・スタンディング・ゼア」をデュエット。ポールはビートルズ時代、この会場で初めてコンサートを行った、レジェンド中のレジェンド級アーティスト。この日の共演を最も喜んでいたのは、他ならぬビリー本人で、その目はキラキラと輝き、若き日の音楽少年に戻ったかのようだった。



「私を野球に連れてって」に続き「ピアノ・マン」では会場中が大合唱となる、胸熱なシーンも。そしてコンサートの最後に再びポールが登場し、「レット・イット・ビー」を披露して、この奇跡的なライブは幕を閉じた。

この『ライヴ・アット・シェイ・スタジアム』の映像は、今回の来日の前夜祭として盛り上がれる、またとない機会。まだビリー・ジョエルのパフォーマンスを見たことがない人にも、文句なしで楽しめる内容なので、是非劇場に足を運んでいただきたい。

Information
▶︎2024年ビリー・ジョエル来日記念 特別公開決定!
ビリー・ジョエル 『ライヴ・アット・シェイ・スタジアム』
https://www.culture-ville.jp/billyjoel

特集:ビリー・ジョエル

▶ ビリー・ジョエルのコラム一覧はこちら!



2023.12.21
63
  YouTube / Billy Joel


  YouTube / Sony Music (Japan)
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
馬飼野元宏
コラムリスト≫
44
1
9
7
8
怪物番組「ザ・ベストテン」が教えてくれた “アメリカ” とビリー・ジョエル
カタリベ / 阿野仁マスヲ
134
1
9
8
3
ビリー・ジョエル「イノセント・マン」原点回帰のロックンロール・レヴュー!
カタリベ / 藤澤 一雅
28
1
9
8
0
ガラスのニューヨーク52歳、ビリー・ジョエルの目力でパワー注入中!
カタリベ / ミスターZ
42
1
9
8
8
1988年、灼熱の夏。CBSソニー20周年企画 — STARBOX と KIRIN DRY GIGS
カタリベ / 喜久野 俊和
22
1
9
8
3
プロデュースはヒュー・マクラッケン、山下久美子のNYレコーディング
カタリベ / ふくおか とも彦
73
1
9
8
5
誰もがわたせせいぞう、ビリー・ジョエルは妄想を駆り立てる男のロマン?
カタリベ / 時の旅人