1977年 11月5日
歩き出す一人のアイドル、桜田淳子の第二章は「しあわせ芝居」から
57
1
 
 この日何の日? 
桜田淳子のシングル「しあわせ芝居」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1977年のコラム 
人喰い「HOUSE ハウス」へと誘うゴダイゴのピアノと池上季実子の…

祝『T2』公開決定!イギ-・ポップの名曲「ラスト・フォー・ライフ」

女心と秋の空… 男心に男が惚れる、ビリー・ジョエルの素顔のままで

貞淑妻の昼下がり不倫!山田太一の傑作「岸辺のアルバム」に続きがあった?

格好いいのか悪いのか、教科書の落書きはモーターズのロゴ!

寒い冬にはラモーンズ! バーバーバー♪ で縦ノリジャンプ!

もっとみる≫


かつて、一人のアイドルがいた。

14歳で、アイドルオーディション番組『スター誕生!』に出場して優勝。華々しくデビューを飾るや、その年の『輝く! 日本レコード大賞』の最優秀新人賞を受賞し、一躍トップアイドルへ駆け上がる。以後、その天真爛漫なキャラクターを生かして歌にテレビにグラビアと、大活躍。3年目にはオリコン1位を獲得、その年の女性歌手の最高セールスにも輝いた。


ところが――

4年目の後半あたりから、彼女のレコードセールスに陰りが見え始める。外的要因は2つあった。1つは、デビュー以来、ライバルと呼ばれたアイドルで親友の確変である。

もう1つは、彗星のごとく現れた新人女性デュオの旋風だった。しかも、彼女たちとはレコード会社も作詞家も同じ。ローティーンの女性がメインというファン層まで被っていた。

セールスの停滞は、天真爛漫な少女の表情にも影を差す。そんな時、デビュー以来、彼女を音楽面で支えたディレクターが交代する。新しい担当は、流れを変えようと、一人の女性アーティストに楽曲の制作を依頼した。

新曲は、久しぶりのスマッシュヒット。少女は人気を盛り返し、そればかりか同曲は彼女の新たな一面を引き出し、次なるステージへ誘うキッカケとなる。

シングルのタイトルは「しあわせ芝居」、作詞・作曲は中島みゆき、歌うは桜田淳子――。

少々、前置きが長くなったが、今日11月5日は、今から41年前の1977年に、かの楽曲がリリースされた日である。


話は少しばかり、さかのぼる。

「しあわせ芝居」が登場する前年の1976年6月、淳子のライバルであり、親友の山口百恵の「横須賀ストーリー」がリリースされる。作詞・阿木燿子、作曲・宇崎竜童。2人の起用は百恵自身の指名だったという。同曲はいわば彼女のソウルソング。これを機に大人たちの操り人形から脱皮、“ディーヴァ” として新たな山口百恵像を確立していく。

その2ヶ月後の同年8月、今度は淳子と同じレコード会社のビクター音楽産業(当時)からピンク・レディーがデビューする。シングル「ペッパー警部」はいきなり60万枚の大ヒット。作詞は淳子をデビュー以来支える阿久悠で、作曲は都倉俊一。その人気はすさまじく、シングル2曲目以降、オリコン1位を重ねていく。ファン層の中心は、淳子と同じくローティーンの女性たちだった。

彼女のレコードセールスに陰りが見え始めるのは、この時期である。百恵に “脱・アイドル” 化で先を越され、肝心のアイドル人気も後輩のピンク・レディー旋風の前に霞んでしまう。当時、彼女のファンだった僕自身、「淳子はもう終わりかなぁ」と小学生ながらに思ったくらいだ。何せ休み時間、クラスの女子は全員、ピンク・レディーの歌マネに夢中だった。

淳子を音楽面で支えた初代ディレクター谷田郷士氏から、2代目ディレクター笹井一臣氏へバトンタッチされるのは、このタイミングである。時に、デビュー5年目の1977年夏――。

笹井Dは、当時の淳子の表情の変化を見逃さなかった。周囲は相変わらず、彼女に天真爛漫路線を求めていたものの、淳子自身はアイドルを演じるのに疲れているように見えた。彼はそんな彼女の “翳り” を歌にできないかと考えた。

「淳子の内面をエグってください」

笹井Dが、内省的な淳子を引き出すためにアプローチした相手が、当時新進気鋭のアーティストの中島みゆきだった。

75年に「アザミ嬢のララバイ」でデビューし、次のシングルの「時代」で一躍ブレイク。76年には研ナオコに楽曲提供した「あばよ」がヒットし、笹井Dが訪ねてきた77年秋は、後に自身初のオリコン1位となる「わかれうた」をリリースしたばかりだった。

ここで奇跡が起きる。当時のインタビューで、中島みゆきはこう答えている。「桜田淳子さんに影響を受けています」―― そう、彼女は既に淳子の “変化” に気づいていた。内省的な曲を作る自身と共鳴する何かを、淳子の中に見出していた。そして完成した楽曲が、桜田淳子の21枚目のシングル「しあわせ芝居」である。


 泣きながら電話をかければ
 馬鹿な奴だとなだめてくれる
 眠りたくない気分の夜は
 物語を聞かせてくれる


その歌は、一人のヒロインの私小説の体で進む。彼女には思いを募らせる、年上とおぼしき男性がいる。彼は、彼女の喜怒哀楽をいつもやさしく受け止めてくれた。2人は思い合う仲なのだろうか。


 とてもわがままな私に
 とてもあの人は優しい
 たぶんまわりの誰よりも
 とてもあの人は優しい


だが―― この曲を歌う淳子は、何か淡々としている。ヒロインを演じてはいるが、情感たっぷりに歌い上げるのとは違う。そう、曲を聴いている人たちがヒロインに自分を投影できるよう、敢えて感情を抑えているのだ。表面上は軽やかに歌う、高度なテクニックである。

奇しくも、淳子と同じく中島みゆきから何度か楽曲提供を受けた研ナオコも、あるインタビューで同じ趣旨の発言をしている。「みゆきさんの曲は、テクニックで歌うと伝わらないんです。10ある感情のうち、2しか自分の思いは込めず、8は聴いている人に委ねます」――。

そして、同曲はサビを迎える。

淳子の “芝居” の真骨頂は、ここでもいかんなく発揮される。敢えて感情を抑えたリフレインのフレーズが、聴く者の思いを容赦なく揺さぶるのだ。


 恋人がいます 恋人がいます
 心のページに綴りたい
 恋人がいます 恋人がいます
 けれど綴れない訳がある


ここで、物語は急展開を見せる。それまで淡々と恋心を綴っていたヒロインが、ハタとある事実に気づく。


 私みんな気づいてしまった
 しあわせ芝居の舞台裏
 電話してるのは私だけ
 あの人から来る事はない


そう、全ては彼女の一方的な “しあわせ芝居” だった―― というオチ。ここへ来て、聴く者は一転、悲恋の谷に突き落とされる。劇的なアンチ・クライマックスだが、不思議と僕らファンにはマイナスの感情はなかった。

なぜ?


歌のヒロインと、淳子が重なって見えたからである。深読みすれば―― これまでずっと天真爛漫なアイドルを期待され、“しあわせ芝居” を続けてきた淳子が、ようやく重い鎧を脱ぎ捨て、本来の自分に目覚めた、とも――

今思えば、それは桜田淳子第二章「女優編」のプロローグだった。

かつて山口百恵が「横須賀ストーリー」でディーヴァに目覚めたように、淳子も同曲をキッカケに、次のステージへと歩み始めたのだ。

彼女が、ミュージカル『アニーよ銃をとれ』に初主演し、史上最年少で芸術祭優秀賞を受賞するのは、この3年後である。

2018.11.05
57
  Apple Music
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1967年生まれ
指南役
コラムリスト≫
83
1
9
7
8
鉄道ソングに駄作なし、山口百恵「乙女座 宮」銀河大陸横断鉄道〜♪
カタリベ / 指南役
59
1
9
8
6
魂を込めた阿久悠のスタンダード、早すぎた「時代おくれ」
カタリベ / 指南役
62
1
9
7
5
等身大100%  髪を伸ばして化けたアイドル、桜田淳子は僕の初恋?
カタリベ / 指南役
20
1
9
8
8
不動たる中島みゆき、時代に媚びを売らない国民的カウンターミュージック
カタリベ / 山口 順平
50
1
9
8
1
中島みゆきの悪女がスマホ時代に失恋前の休日をひとりぼっちで過ごしたら
カタリベ / ともみ
72
1
9
8
0
山口百恵のファイナルコンサート、僕の記憶もプレイバック!
カタリベ / 指南役
Re:minder - リマインダー