4月1日
池中玄太のテーマ曲? 不器用な男のやさしくてあたたかい愛の歌
91
1
 
 この日何の日? 
西田敏行のシングル「いい夢みろよ」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1981年のコラム 
テクニクスの薬師丸ひろ子に釘付け、涙がポロリとこぼれるワケは?

やりたい邦題決定版!ベストヒットUSAの「サーフサイド・フリーウェイ」

みんなの洋楽ナイト — 眩しかったアメリカ、共有感溢れるヒットチャート

ゆらり揺らめいたメモリーグラス。堀江淳は飲みほせない!

野音開き!! 100円コンサートでアクセル全開のルースターズを見た!

大事なことはだいたい「サウンドストリート」の火曜日に教えてもらった

もっとみる≫


問題です!

この2つのシングルジャケットには、違うところが1箇所あります。さて、それはどこでしょうか?

「もしもピアノが弾けたなら」は、ドラマ『池中玄太80キロ』(日本テレビ系)の主題歌で、主演した西田敏行が自ら曲を歌い大ヒットした。元々は、挿入歌として作られた曲で、主題歌は「いい夢みろよ」の方だったということを皆さん覚えていますか。

さて、問題の正解は――

2枚並んでいる左のジャケットの方が発売時のデザインで、右が変更後のデザイン。「もしもピアノが弾けたなら」と「いい夢みろよ」が入れ替わっています。

視聴者からの反響が大きく、後に「もしもピアノが弾けたなら」が主題歌に変更され、A面とB面の立場が入れ替わる形となったということなんだけど、記憶ってホントに曖昧だ。

あれほど好きだったドラマにも関わらず、僕はまるで覚えていなかった。初めから「もしもピアノが弾けたなら」の方が主題歌だと思い込んでいた。

思い込みはもうひとつ。

「もしもピアノが弾けたなら」は『池中玄太80キロ』の第1シリーズではなく、第2シリーズのときの曲だそうだ。僕は第1シリーズの時からだと思い込んでいた。

第1シリーズの放送が始まったのは1980年4月5日。まだTVドラマが丁寧に、そして大切に作られていた時代だ。僕は、今こそ、このようなドラマを作るべきだと思っている。ドラマで視聴率が取れなくなったと言われて久しいけれど、それは、そのドラマから得るものが何もないからだよ。

「もしもピアノが弾けたなら」の作詞は阿久悠。その詞は実に素晴らしい。彼はこの曲で、日本作詞大賞を受賞しているけど、「不器用な男に対する応援歌を書いた」と語っている。それはどういう意味なのだろうか?

『池中玄太80キロ』を観たことが無い人がこの曲を聴くと、歌詞そのままに不器用でピアノが弾けないから、言いたいことや思いをうまく伝えることが出来ない。つまり出来ないことの言い訳をしている男の歌だと思ってしまうかもしれない。でも、それは違う。

主人公の池中玄太は、愛する人に精一杯思いの丈を伝えようとしているんだ。でも不器用だから、うまく伝えることが出来ない。うまい伝え方がわからない。だから作詞家・阿久悠はその不器用さ、もどかしさを「ピアノが弾けないから」と表現しているのだと思う。

この歌は、愛する人をもっと愛したい、不器用じゃなければもっと愛せるのにという、やさしくて温かい愛の歌だ。阿久悠が応援歌と言ったことは、「キミの愛は、ちゃんと伝わっているから大丈夫だよ。大丈夫!」ということなんだ。僕は、この曲を聴くと、今でも毎回感動してしまう。

ドラマの内容とセットだからこその思い入れの強さかもしれないけど、『池中玄太80キロ』を観たことない方は、是非一度、ドラマを観てから「もしもピアノが弾けたなら」を聴いてみてください。DVD も Blu-ray も発売されていますよ!

2018.06.10
91
  YouTube / Mチャンネル


  YouTube / Sakata World
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1965年生まれ
藤澤一雅
コラムリスト≫
38
1
9
8
2
歌が大好きだった父、阿久悠の書いた「居酒屋」と甘いキャンディーの記憶
カタリベ / 蘭 華
59
1
9
8
6
魂を込めた阿久悠のスタンダード、早すぎた「時代おくれ」
カタリベ / 指南役
21
1
9
8
3
夏に恋する女たち、アーバンな大人たちのひと夏を描いた傑作ドラマ主題歌
カタリベ / 親王塚 リカ
38
1
9
7
8
アチャー!からの、ノーゴダイゴ、ノーライフ
カタリベ / 親王塚 リカ
33
1
9
7
8
ゆうひが丘の総理大臣、エンディングの四行詩と「海を抱きしめて」
カタリベ / ミチュルル©︎
66
1
9
7
9
俳優が歌う1979年を代表するヒット曲「カリフォルニア・コネクション」
カタリベ / 藤澤 一雅
Re:minder - リマインダー