8月5日

松任谷由実「星のルージュリアン」ただただ怖かった “あの” フレーズ

63
3
 
 この日何の日? 
松任谷由実のシングル「星のルージュリアン」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1980年のコラム 
夏休みにRCサクセションを教えてくれたのは薬師丸ひろ子だった!

ホール&オーツが80年代に大ブレイクするまでの長い長い道のり

松田聖子「SQUALL」迫力満点のヴォーカル、デビューアルバムにして規格外!

宇宙戦艦ヤマトを彩る名曲流星群、岩崎宏美の「銀河伝説」などなど

This is ド演歌、東北出身生真面目上司の「みちのくひとり旅」

ボウイが最も製作費をかけたビデオ!?「アッシュズ・トゥ・アッシュズ」

もっとみる≫




ポーラ化粧品 秋のキャンペーンソング「星のルージュリアン」


子どものころ、喘息持ちだった私はよく学校を休むことがあった。もちろん家でおとなしく寝ていたのだが、母親も働きに出ていて家では一人だったので、ずっとテレビをつけていた。当時はリモコン付きのテレビなど家にはなく、寝込んでいてチャンネルを変えるのも辛かったので、適当にチャンネルをひねってそのまま流していた。

あれは中学2年生、確か夏休み明けの9月だった。その日はたまたまMBS(TBS系)をつけていたので、昼になると『ポーラテレビ小説』が流れていた。ポーラ化粧品提供のいわゆる “昼ドラ” である。布団の中でボーッとしながら、「なんかドラマやってるな~」と思っていたら、いきなりテレビから気味の悪い(失礼)フレーズの歌声が耳に飛び込んできた。

 Changin~ Changin~ Changin~(gin gin gin …… 以下、エコー)

それがポーラ化粧品・秋のキャンペーンソングだったユーミンの「星のルージュリアン」であった。

まさにユーミンならでは。女性を強く後押しするメッセージ


この曲、今聞くと、1970年代を思わせるなかなかにソウルフルで渋い曲なのだ。ミディアムテンポの16ビート。サビではユーミンによるファルセットでの多重コーラスになっていたり、それはそれはカッコいい仕上がりなのである。

 何が彼女を変えさせた
 あでやかなルージュ
 のぞきこむコンパクトは
 銀色の小宇宙
 ひとはけの紅から
 夕日がはじまる
 きのう泣いてた
 素顔の女は幻

と、歌詞にも化粧品のキャンペーンソングらしい、粋なフレーズが並んでいる。

 運命だって味方なの
 魅力さえ信じれば

というフレーズからは、当時の女性に対して「自分を信じてまっすぐに生きていくこと」を強く後押しするメッセージさえ感じ取れる。

ヒットというには厳しい結果、アルバムにも収録されていない曲


しかし… しかしだ。当時 “荒井由実” と “松任谷由実” が同一人物だということがようやくわかったというレベルの中坊にそんな良さがわかるわけもなく。本当に失礼なのだが、アレンジも重くて、“ただただ怖い曲” という印象しか残らなかったのである。とても1年後に「守ってあげたい」という、温かでエバーグリーンな名曲を世に出すとは思えないほどダークな曲なのである。終盤のファルセットに差し掛かる前の

 Changin~ Changin~ Changin~(gin gin gin …… 以下、エコー)

というあのフレーズはもはや呪いの呪文のようにしか聞こえなかった(笑)。

シングルとして発売されたこの曲だが、レコードセールスもオリコン4.3万枚(最高位46位)と、ヒットというには厳しい結果だったので、やはり大衆には響かなかったのではないだろうか。後にベストアルバム『SEASONS COLOURS -秋冬撰曲集-』に収録されるまで存在を知らなかったユーミンファンも多かったに違いない。

この曲、ユーミンにとって継子(ままこ)なのか?


今ではすっかりユーミンファンである私にとって、この曲はフェイバリットソングの1つになっているのだから、好みっていい加減というか、本当にわからないものである。そこは私が音楽的に成長したのだということで許してほしい(笑)。ユーミンもサブスク解禁されたので、これを読んでいるみなさんにも、ぜひこの曲のカッコよさを聴いて感じ取ってほしい。

ところで、ユーミンは雑誌のインタビューなどで自分が嫌いな曲のことを “継子(ままこ)” と表現するのだが、この曲はどうなのだろう。やはり継子なのだろうか。一度聞いてみたい。何故なら私はこの曲をコンサートで聴いたり、ユーミンが話題にするのを見たことが、まったくないからである。

ちなみに1980年秋、資生堂のキャンペーンソングは加藤和彦「おかえりなさい秋のテーマ - 絹のシャツを着た女」、カネボウのキャンペーンソングは郷ひろみ「How many いい顔」であったことを付け加えておく。

2020.08.16
63
  Apple Music
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1975年生まれ
林ともひと@muzikrecord
私は5歳
全く記憶に無かったのとアルバム未収録だったので8cmシングルも買えなかったのでこの曲を聴けたのは私もSEASON COLOURSの秋冬ベストでした。
まとめて聴いてしまうとその後のスペイシーでSFなチャンネルを開いたユーミンの路線と変わりなく聴いちゃえるんですが。
リアルタイムだと
なんじゃコリャってなるファルセット祭りですね!

一聴して記憶に残るCMソングとしては大成功だったのでは?w
2020/08/16 09:29
0
返信
1966年生まれ
不自然なししゃも
確かに記憶に残りまくってますw 
40年後にこうしてこの曲のことを書けたという意味でも名曲と言えるのではないかと思いました。
2020/08/16 17:10
0
カタリベ
1966年生まれ
不自然なししゃも
コラムリスト≫
38
1
9
8
5
資生堂 vs カネボウ CMソング戦争 〜 ユーミン初の資生堂タイアップ
カタリベ / @0onos
95
1
9
7
8
黄金の6年間:いよいよユーミン再始動!松任谷由実の新しい世界が始まった
カタリベ / 指南役
50
1
9
7
8
ユーミンは神レベルのメロディーメーカー、松任谷由実「埠頭を渡る風」
カタリベ / 指南役
60
1
9
8
9
松任谷由実「Valentine's RADIO」スキーといえばユーミンとオリジナルカセット!
カタリベ / ミチュルル©︎たかはしみさお
51
1
9
8
1
ユーミンの「守ってあげたい」その言葉の先には、きっと愛する人がいる
カタリベ / 吉田佐和子
45
1
9
8
1
松任谷由実「守ってあげたい」閉塞感に包まれた今こそ心に沁みる歌詞
カタリベ / 不自然なししゃも