1月12日

ドラマ「想い出にかわるまで」愛と平成の色男、石田純一の生きる道

38
0
 
 この日何の日? 
石田純一主演ドラマ「想い出にかわるまで」第1回が放送された日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1990年のコラム 
日本が誇る元祖ソウルディーヴァ、宮本典子が身近な場所にいた80年代

深夜に咲いた時代のあだ花、カメリアと武富士ダンサーズ(後篇)

ただの色物ではない、プリンスは稀代の天才メロディメーカー

でかい!でかすぎるぜアメリカ。その大きさを痛感したMCハマーの登場

国民的バンド「SOUTHERN ALL STARS」歌謡曲こそ揺るぎないアイデンティティ

80年代の終焉 ー 90年代最初のオリコン1位は山下達郎と工藤静香

もっとみる≫






photo:PONY CANYON  

モテモテのトレンディ男優、石田純一が出演した「想い出にかわるまで」


平成生まれの若者に、石田純一はどう見えるのだろう。東尾家の気のいい婿? 突如、都知事選に出馬しようとしたタレント? 小石田純一の原型?

昭和から平成のバブル期、モテモテの “愛と平成の色男” だった石田純一。トレンディ男優なんて呼ばれ、さまざまなドラマに引っ張りだこだった。なかでも忘れがたいのが、1990年に放映されたドラマ『想い出にかわるまで』。エリート商社マンの直也(石田純一)をめぐって、るり子(今井美樹)と久美子(松下由樹)の姉妹が泥沼の三角関係を繰り広げる。

姉にふらふら、妹にふらふら、姉妹の間で右往左往する直也。当時は、姉から直也を奪う妹の久美子に女性たちの非難が集中したが、一番の問題は直也の優柔不断さだ。お人好しで脇が甘いというか、女性にすがられると断れないんだろうなぁと、ぼんやり思った。

ドラマ「想い出にかわるまで」の主題歌は、なんとダイアナ・ロス


 過ぎていく日々の中、
 くじけそうになっても、
 どうか自分を見失わないで
 あなたが過ごしてきた人生を
 投げ出さないで

『想い出にかわるまで』の主題歌は「イフ・ウィ・ホールド・オン・トゥゲザー」。登場人物たちを励ますように、ダイアナ・ロスが切々と歌い上げる。

不倫は文化? あぁこの脇の甘さ、憎めない石田純一


さて、直也…… でなく、純一はこのあと、隠し子(後のいしだ壱成)の発覚、長谷川理恵との長きに渡る交際、さらに「不倫は文化」発言などで、ワイドショーの常連となる。ニュース番組のキャスターに抜擢されたのに、不倫報道で降板となり、生放送で涙を流す…… なんてことも。

こうした純一にまつわるいろいろが流れてくるたび、私は思った。あぁこの脇の甘さ、『想い出にかわるまで』の直也なんだよね。リスクとわかってるのに、不倫相手に会わずにいられない。黙ってりゃいいのに、レポーターにマイク向けられると、喋っちゃう。偽 “皇族”、有栖川宮の結婚式に出席したのも、純一らしいったら。

2009年、東尾理子と再々婚したときには、「そこいったか」と意外な気がしたが、子どもが生まれ、傍から見る限りは、義父の東尾修との関係も良好。そこに、前妻・松原千明との間に生まれた娘すみれや、いしだ壱成まで加わり、どんどん膨れ上がる芸能界の純一ファミリー。イクメンとしての顔もクローズアップされ、「なるほどこうきたか、こうやって芸能界で生き残るのね」と感心した。

だが、それも束の間、反安保デモに参加したり、都知事選出馬騒ぎを起こしたりで、またも世間を騒がせる。こういう脇の甘さ、私は嫌いじゃない。なぜか純一は憎めない。そういえば、純一を見た直近はいつだろう。テレビ東京のゴルフ番組に出ているらしいが、私は見たことがない。葬儀保険のラジオCM で、声は今朝も耳にしたけど。

今こそ石田純一に贈りたい「イフ・ウィ・ホールド・オン・トゥゲザー」


 過ぎていく日々の中、
 くじけそうになっても、
 どうか自分を見失わないで
 あなたが過ごしてきた人生を
 投げ出さないで
 信じて生きていれば夢はきっと叶う
 素敵なことがきっと起こるはず
 思いのままに生きて

今こそ石田純一に贈りたい「イフ・ウィ・ホールド・オン・トゥゲザー」。平成の色男・純一には、ときどきこの歌を思い出してほしい。

2019.05.23
38
  Apple Music


  YouTube / cd6 nognog
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1967年生まれ
平マリアンヌ
コラムリスト≫
57
1
9
8
2
恋はあせらず — 80年代に引き継がれた僕たちのモータウンサウンド
カタリベ / 中川 肇
27
1
9
8
1
1981年秋冬の全米ビルボードチャート、歴史に残る熾烈な首位争い!
カタリベ / 宮井 章裕
24
1
9
8
5
意表を突かれた大物コラボ、フィル・コリンズ&フィリップ・ベイリー
カタリベ / KARL南澤
56
1
9
8
0
超アナログで超クール!ギタリストとしてのナイル・ロジャースを考える
カタリベ / 中川 肇
66
1
9
8
4
ナイル・ロジャース、マドンナをプロデュースしたシックという劇薬
カタリベ / 中川 肇
41
1
9
8
1
エンドレス・ラブ、史上最強デュエットソングは「女王」最後の全米No.1
カタリベ / 中川 肇
Re:minder - リマインダー