10月6日

ライオネル・リッチーは美しいバラードをいくつも書いた。その事実に変わりはない

15
0
 
 この日何の日? 
ライオネル・リッチーのファースト・ソロアルバム「ライオネル・リッチー」が全米でリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1982年のコラム 
笑っていいとも!「ウキウキWATCHING」作曲者・伊藤銀次は “全冷中” だった!

早すぎたアイドル、伊藤さやか「恋の呪文はスキトキメキトキス」

結果発表【80年代アニメソング総選挙】アイドルとアニソンとの密接な関係を徹底検証!

【80年代アニメソング総選挙】クラブDJが再発見!アニソンの “レア・グルーヴ” に要注目

いま思えばレディー・ガガ? ミッシング・パーソンズの独特な不思議感

タモリ倶楽部、ウソップランド、グッドモーニング… 80年代のテレ朝深夜は熱かった!

もっとみる≫



photo:uDiscoverMusic  

ライオネル・リッチーは、80年代にヒットしたバラードの定形を作ったアーティストのひとりだ。

それはダイアナ・ロスとのデュエット曲「エンドレス・ラブ」であり、ソロとしての最初のヒット曲「トゥルーリー」などのことである。彼はそれ以前からそういうタイプの曲を歌っていた。例えばコモドアーズ時代の「イージー」や「スティル」などがそれに当たるだろう。

ロックを好きになり、そのルーツを知ろうとすると、黒人音楽を聴くようになる。今にして思えば偏った認識だが、僕が洋楽を聴き始めた80年代では、ロックのルーツ=黒人音楽ということになっていた。もちろん、それは正しいのだけれど、それだけではないと言った方がもっと正しい。でも、当時は広くそう信じられていた。

そのせいか、少しでも黒人音楽をかじった人に、ライオネル・リッチーは人気が無かった。きっと彼の音楽は、黒人にしては流暢過ぎたのだろう。いや、白人的過ぎたと言うべきだろうか。「あいつが黒いのは腹だけだ」と、どこかの雑誌に書かれていたのを読んだことがある。

誰がどんな音楽をやろうと自由だし、どんな音楽を好み嫌うかも自由だ。でも、ライオネル・リッチーへのそうした評価というのは、「黒人のくせに白人みたいな曲をやってるよ」といった差別がどこかにあったのかなと、今になってみると思うのだ。

僕にとってライオネル・リッチーは、くどいバラードを歌う人という印象だった。「エンドレス・ラブ」も「ハロー」も「セイ・ユー、セイ・ミー」も、僕にはトゥーマッチだった。それらは僕の好きな、例えばポール・マッカートニーやビリー・ジョエルが作るバラードとは、似て非なるものに思えた。友人にそう言うと、「多分、ブラックコンテンポラリーとロックは違うんだよ」と言われ、そういうことなのかと納得した。

僕が彼のナンバーで特に好きなのは「スタック・オン・ユー」だ。素朴な作風に惹かれた。派手さはないが、今聴いても胸に沁みる。他にもお気に入りの曲はいくつかある。

元々、ライオネル・リッチーは、コモドアーズのオリジナルメンバーだった人だ。1967年、まだ大学生だった頃にグループを結成し、ファンキーなサウンドで人気を集め、1974年にメジャーデビューを果たしている。彼らのデビューシングル「マシン・ガン」は、今でも愛される強烈なファンクインストだ。しかし、次第にポップ路線へと移行し、彼の書くバラードが人気を集めるようになると、グループを脱退してソロアーティストになった。

僕がヒットチャートを熱心に聴いていた80年代の初頭から半ばにかけて、ライオネル・リッチーは押しも押されぬ大スターだった。アメリカ音楽のメインストリームの中心には、いつも彼がいたと言っても過言ではない。そして、巷にはライオネル・リッチー的なバラードが溢れていた。それも僕が彼の音楽をくどいと感じた理由のひとつかもしれない。

ところが、1986年のアルバム『セイ・ユー、セイ・ミー(Dancing on the Ceiling)』とそのツアーを最後に、ライオネル・リッチーは何を言うでもなく表立った音楽活動を休止してしまう。そして、ファンは次のアルバムまで10年待つことになる。

数年前、ラジオから「トゥルーリー」が流れてきたとき、僕はハッとし、なんていい曲なのだろうと思った。久しぶりに聴くライオネル・リッチーの歌声は、時代が変わってもその新鮮さを失っていなかった。それが僕はなぜか嬉しかった。しばらくして、彼の新作『タスキーギ』が全米1位になったことを知った。

今ではライオネル・リッチーの音楽を、黒か白かで判断する人は少ないだろう。それは彼の残した曲が、人種の壁を超えて愛され続けているからだと思う。誰がどんな音楽を好み嫌うかは自由だ。でも、ライオネル・リッチーは美しいバラードをいくつも書いた。その事実に変わりはない。

2018.12.03
15
  Apple Music


  Apple Music
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1970年生まれ
宮井章裕
コラムリスト≫
33
1
9
9
0
多面体 福山雅治の音楽バックボーンといつまでも消えないロックンロールの灯!
カタリベ / 本田 隆
65
1
9
8
2
川島なお美と「ミスDJリクエストパレード」空前の女子大生ブームの先駆け!
カタリベ / 鈴木 啓之
89
1
9
8
5
スティーヴィー・ワンダーはポップミュージックにおける唯一絶対の正解!?
カタリベ / 中川 肇
23
1
9
8
6
今だ破れぬ大記録!ライオネル・リッチーはデビューから13曲連続でトップ10入り!
カタリベ / KARL南澤
34
2
0
2
1
チャカ・カーン「ジャパニーズ・シングル・コレクション」R&B界最強のディーヴァ! 
カタリベ / KARL南澤
48
1
9
8
4
35年前のティーンネイジドリーム、7月20日は【1984年】に時間旅行!
カタリベ / 古木 秀典