11月1日

平成女子から見た昭和:マハラジャに行った私とユーミンの「街角のペシミスト」

25
0
 
 この日何の日? 
松任谷由実のアルバム「昨晩お会いしましょう」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1981年のコラム 
80年代の金字塔、ストーンズ「スタート・ミー・アップ」は1位じゃない!?

ヴォーカリーズの草分け、観ても楽しい♪マンハッタン・トランスファー

孤独の男の叫びを聴け!ハードロック界の横山やすし、グラハム・ボネット

80年代ユーミン ー 珠玉かつ最高のクリスマス・パンチラインとは?

日本の夏と、ユーミンと。「夕闇をひとり」は真夏の夜のミステリー

全国歌謡ベストテンにハマったラジオ少年と来生たかおの「夢の途中」

もっとみる≫






photo:Yumi Matsutoya Official Site  

 8時のロッカー袋をかかえ
 彼女はみんなとスタジオで別れる
 少し濃いめにメイクを直し
 何故か足が向くあのディスコ


頭に流れていたのは、1981年11月1日発売松任谷由実のアルバム『昨晩お会いしましょう』の中の一曲「街角のペシミスト」だった。

子供の時から何故か好きだった、力強くも寂しげなナンバー。気づけば私は22になり、平成も残り1ヶ月というタイミングにディスコへと向かっていた。それにしても、平成という時代のうちにこんな日が来るなんて、願ってれば叶うものだなとしんみり思う。

90年代の中頃に姿を消したマハラジャが、また六本木の地に復活して、足を運ぶことが出来るなんて、思ってもみなかった。

駅を出たら、近くに見える東京タワーに胸が踊った。

その日のメンバーは、私と、苗場のユーミンライブに同行してくれた相棒、アルバイト先の歌謡曲バーの同僚、プリンス好きの友達、ゴールデン街でママをしていた先輩、の5人。みんな平成生まれだ。そしてキャラが濃い。

私たちで約束したドレスコードは、バブリーファッションだ。皆、メルカリなどで手に入れた、ボディコンや、スーツや、柄シャツで着飾った。

私は母のシャネルのマトラッセを持って、祖母から貰ったジバンシィの靴を履いた。ピンクのバブリースーツを身にまとい、エルメスのスカーフを巻けば、装備はバッチリだ。

先輩は、大ぶりのティファニーのオープンハートを付けていたし、私たちのファッションは「最高」でしかなかった。

ロッカーに荷物を預け、フロアに繰り出した私たちは、慣れない雰囲気に圧倒されながらも踊り始める。じつは、私は普段クラブにも行ったことがない。誰よりもバブリーなファッションをしていったが、ハートはバブル崩壊後のウブな夜遊びビギナーでしかなかったのだ。

その日は80年代のディスコソングデーで、当時を知る世代の人達が、華麗なステップを踏んでいた。オフィス街で見かけるような大人達が、ダンサーに変身する姿は、やっぱり魅力的だった。

そんなバブルの先輩方を見ているうちに、私たちもどんどん楽しくなって、気がつけば5人全員で「お立ち台」に登っていた。

私たちはまるで80年代に行ってしまったような気分になって、「非日常」の中で頭を空っぽにして、踊っていた。

あー!! ディスコって、楽しい!!

と思った。4月から始まる新生活の不安も、将来のことも、悩みも、踊っていれば忘れられる。

刹那的な若さのエネルギーを発散させるには十分な場所だった。なるほど、大学卒業を控えた春に狂ったように遊びまくったという、バブル時代の話を聞いたことがあるけれど、その気持ちがわかる。

漠然とした不安とそれに裏打ちされた力強さに、ユーミンが歌った「街角のペシミスト」の行き場のない世界観を重ねる。

若さゆえの先を見通す力のなさや不安は、令和となった今を生きる私たちの中にもあって、それはいつの時代も変わらない。ただ、それを「不安な明日をダブルで飲み干す」と言ってしまえる当時のパワーを羨ましいと思う。

バブルから30年程立ってマハラジャで踊る楽しげな大人たちを見ると、あの時間はただ空虚なものだったのではなくて、確かに存在した素敵な時間だったこと感じさせる。

私たちは身動きが取れないような社会の中で「明日への不安」で内側から腐って行くのを感じる。それを笑いとばし、飲み干し、踊って忘れる、そのエネルギーの受け皿があった時代を羨ましく思う。

近いうちに、また5人でマハラジャに行き、友達の誕生会をすることになった。不安も、虚しさも笑い飛ばせる80年代のエナジーを、ディスコにもらいに行きたい。

2019.06.07
25
  Apple Music
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1996年生まれ
みやじさいか
コラムリスト≫
106
1
9
7
8
EW&Fと六本木、僕の妄想は大箱ディスコとユーロビートに侵略された
カタリベ / 中川 肇
74
1
9
7
8
黄金の6年間:いよいよユーミン再始動!松任谷由実の新しい世界が始まった
カタリベ / 指南役
14
1
9
8
6
宮殿ディスコの発火点、あの「マハラジャ」が京都祇園に誕生した日!
カタリベ / 小山 眞史
75
1
9
8
1
究極のラブソング、松任谷由実の「A HAPPY NEW YEAR」
カタリベ / 藤澤 一雅
17
1
9
8
1
日本の夏と、ユーミンと。「夕闇をひとり」は真夏の夜のミステリー
カタリベ / ミスターZ
56
1
9
8
1
80年代ユーミン ー 珠玉かつ最高のクリスマス・パンチラインとは?
カタリベ / スージー鈴木
Re:minder - リマインダー