4月1日

あきない、たいくつ、遊佐未森 — 作詞家を探しもとめて大分へ

29
0
 
 この日何の日? 
遊佐未森のデビューアルバム「瞳水晶」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1988年のコラム 
廃墟となったネバーランド、マイケルはリアル・スリラーだったのか?

神秘の氷島アイスランドから世界へ、若き日のキュートなビョークの魅力

ショットガンからのカーチェイス、これがJBのアイム・リアル!?

トレイシーは歌う。ここを出ていくのか、死ぬまでこうして生きていくのか

久保田利伸 全面フィーチャリング「噂の達人」はマニア番組の先駆け!

くじらの海外レコーディング 録音テープ忘れ事件、そのとき私は…!(後編)

もっとみる≫







遊佐未森のデビュー前、アーティストネームを、本名でいくか、“未森” にするかで、さんざん議論したという話をしました。要は感覚ですから議論してもしょうがないんだけどね。

そもそも名前って、変えるとしばらくはしっくりこないですよね。だけどいつのまにか馴染んでくる。“GONTITI” なんかもそうでした。“ゴンザレス三上&チチ松村” はあまりにも長すぎるので、コンパクトでキャッチーな名前を考えてくれと言われて、みんなでいろいろ考えましたが、どれもこれも落ち着かない。しょうがなくて、略して “ゴンチチ” でいいよってことになったのですが、それでも最初は変だった。でも時間とともに慣れて、やがて何の違和感も感じなくなりました。

… ってなことが当時分かっていたら、すぐに決められたのにね。

ともかく、一時が万事、大きなことから小さなことまで、外間隆史くんと私は、よく議論をしました。

今やほぼ全曲、自ら作詞作曲している遊佐ですが、当時はほとんど作らなかったし、最初は外間くんが作るという話もなかったので、詞曲を誰に依頼するかということは大きな課題でした。

工藤順子という人がいたな、とある時思い出しました。たしか下田逸郎さんからもらったんだったかな。工藤順子のアルバムが録音されたカセットテープを持っていて。1984年に発売された『茜色のカーニヴァル』という、全曲本人の作詞作曲によるソロアルバム。地味なんだけど、ファンタジックかつちょっとシュールな世界観が好きでした。その後の活動状況はまったく知りませんでしたが。

工藤さんの詞が合うかもしれないと思い、みんなも賛同してくれ、会ってみようということになりましたが… 彼女は大分に住んでいました。アルバムを発表し、NHK『みんなのうた』で歌が流れたりしたものの、本人にはアーティスト活動への強い意欲はなく、身体もあまり丈夫ではなかったので、田舎でのんびり過ごしていたのでした。

電話では引き受けてくれる確約はしてくれなかったけど、ともかく、遊佐とヴァーゴミュージック社長の坂野雄平さんと3人で、会いに行きました。

大分空港から大分市へはホバークラフトに乗るのでした。空港は国東半島の東海岸沿いにあり、大分市へは車より、別府湾を渡るホバークラフトのほうが早いからなのですが、飛行機から船に乗りつぐなんて、はるばる来たなーという気分になります。

この時が私の初大分でしたが、私はなぜかどうも大分に縁があるのです。音楽ディレクターとして担当した、山下久美子、”Killing Time” の帆足哲昭、明石百夏が大分出身。明石百夏の仕事では何度か大分出張をしましたし、デビューに至らなかったけど黒川大輔くんという人が、宮崎県出身なんだけど大分大学の学生だったので、大分に会いに行き、そして工藤さんとのこの時、とこれまで何度もホバークラフトに乗ったのですよ。

我々を迎えてくれた工藤さんは、見た目中学生(笑)。細くて小さくて、声も小さくて、でも目は大きい、聡明そうな女性でした。由布院という、やはりその時初めて訪れたのですが、有名な温泉村に案内してくれて、そこの素敵な喫茶店で、ゆっくり、たっぷり話をしました。

結局、遊佐への提供をきっかけに、工藤さんは作詞家の道を歩み始め、ヴァーゴミュージックに所属し、現在に至るのですが、それはこの由布院ミーティングから始まったのです。

工藤さんとの出会いと、どちらが先か後か忘れたのですが、外間くんも詞を作って持ってきました。いくつか持ってきたんですが、いずれも私にはいいと思えませんでした。

その頃には、ある種のファンタジー路線でいこう、という考え方は一致していたのですが、ファンタジックな詞と言ってもむずかしいものです。舞台設定はファンタジーでも、今を生きる人たちが共感できる気持ちや行動が必要です。
相変わらず、外間くんとの議論の日々が続きました。2日に一度は2時間くらい話しているような状態だったと思います。

そしてある時、彼が今度は自作曲を持ってきたのです。

外間くんは一応、“FILMS” というバンドに、キーボーディストとして少しいたこともあるようなのですが、たいして弾けないし、楽譜も全然分からないと話していたし、今までさんざん顔を合わせているのに、曲を作るなんておくびにも出さなかったので、驚きました。

そして、当然1mmも期待はなく、むしろどうやってダメ出ししようかなどと考えながら、渡されたカセットを聴いてみたら、さらに驚いたのです。

… つづく。

2019.01.26
29
  Apple Music


  YouTube / yaoiboi92
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1954年生まれ
福岡智彦
コラムリスト≫
37
1
9
8
8
遊佐未森の世界が見えた… 外間隆史の天才に気づく
カタリベ / 福岡 智彦
24
1
9
8
8
遊佐未森ヒストリー:セカンドアルバム「空耳の丘」外間隆史時代の始まり
カタリベ / 福岡 智彦
33
1
9
8
8
和風テイストのケイト・ブッシュ? 遊佐未森との出会い
カタリベ / 福岡 智彦
105
1
9
8
1
連載開始! EPICソニー名曲列伝:80年代と書いてEPICソニーと読む
カタリベ / スージー鈴木
20
1
9
9
0
1987年デビュー♪ 永井真理子は「ZUTTO」永井真理子だった
カタリベ / ミチュルル©︎
Re:minder - リマインダー