10月21日
うる星やつら「ラムのラブソング」指南役は “しのぶ派” だった!
88
2
 
 この日何の日? 
うる星やつらの主題歌「ラムのラブソング」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1981年のコラム 
さだまさしのハミングに騙された。ほのぼのなんてしない「北の国から」

さだまさしのセイ!ヤング、ラジオから流れるユーモアと流暢なおしゃべり

聴き比べ、柏原よしえ「ハロー・グッバイ」はアグネス・チャンのカバー曲

オン・ジ・エッジのハラハラ感、松本伊代「センチメンタル・ジャーニー」

中島みゆきの悪女がスマホ時代に失恋前の休日をひとりぼっちで過ごしたら

月夜は自分を照らし出す。中島みゆきの「悪女」と映画「ムーンライト」

もっとみる≫

photo:Discogs  

「いや、しのぶだって」
「何言ってんの。ラムちゃんだって」

かつて、少年サンデーの時代があった。

と言っても、藤子不二雄先生(当時)や赤塚不二夫先生らが『オバケのQ太郎』や『おそ松くん』を連載していた伝説の60年代の話じゃない。そっちはリアルタイムで僕は知らない。僕の言う少年サンデーの時代は、1981、1982年ごろの話である。

当時、同誌の2大人気連載が、高橋留美子先生の『うる星やつら』と、あだち充先生の『タッチ』。2つの漫画はどちらも高校生が主役のラブコメ路線。僕ら中学生がドはまりする世界だった。

ちなみに、翌83年に少年ジャンプで『北斗の拳』が始まると、以後、少年誌はジャンプの長期政権となる。サンデーの時代は、嵐の前のささやかな宴であった。

さて、今回取り上げるのは、36年前の今日―― 1981年10月21日にアニメ『うる星やつら』の主題歌としてリリースされた「ラムのラブソング」である。

当時、それはちょっとした事件だった。それまでアニメの主題歌、いわゆるアニソンというと、作品の中でしか存在しないものだった。誰もが知る歌でも、人前で歌う代物ではなかった。小さな子供を除いて――。

しかし、その曲は違った。

忘れもしない、それは1981年10月下旬の修学旅行のバスの中だった。2泊3日の旅の帰り、僕らは退屈な時間を紛らわすため、ガイドさんから借りたマイクを車内で回して、即席のカラオケ大会を催していた。

と言ってもオケがないからアカペラである。松田聖子、田原俊彦、近藤真彦、イモ欽トリオ―― 馴染みのヒットソングが続いた。

クラス一の美少女のHさんの番になった。

「えっと、ラムのラブソングを歌います」

お~とクラスの男子が低いうなり声を上げる。アニメ『うる星やつら』は2週間ほど前に始まったばかりだったが、僕を含めてクラスのほとんどが見ていた。僕は主題歌を一聴して、そのテクノ風メロディとファンシーな歌声の虜になっていた。


 あんまりソワソワしないで
 あなたはいつでもキョロキョロ
 よそ見をするのはやめてよ
 私が誰よりいちばん


Hさんは少しハスキーがかった声で、キュートに、リズミカルに歌う。アカペラだけど、その可愛い歌声に、たちまち僕は引き込まれた。


 ああ 男の人って
 いくつも愛をもっているのね
 ああ あちこちにバラまいて
 私を悩ませるわ


曲の途中だったが、Hさんは照れながら、そこでフェードアウトした。女子の誰かが声をかける。

「上手いわ~」
「そんな、全然」謙遜するHさん。
「いや、しのぶが今までで一番だって」

そう、Hさんは下の名を「しのぶ」と言った。奇しくも、『うる星やつら』に登場するキャラクターと同じ名前だった。

当時、クラスの男子はラム派としのぶ派に分かれていた。もちろん、『うる星やつら』の話だ。冒頭の会話はそれである。ラムは、「だっちゃ」が口癖のビキニ姿の宇宙人のヒロイン。一方、しのぶは主人公・諸星あたるの幼馴染みのクラスメートで、ボブカットの美少女だ。8割がラム派で、2割がしのぶ派。僕は後者だった。

実は、僕は当時、密かにHさんに思いを寄せていた。ボブカットで少し小柄なHさんを、僕は名前同様、『うる星やつら』のしのぶに重ねていた。しのぶ派というのは隠れ蓑だった。本当はHさん派だった。

残念ながら、この話にこれ以上の進展はない。
翌年、3年生に進級すると、僕はHさんとは違うクラスになった。

アニメ『うる星やつら』は4年半も続き、チーフディレクターを務めた押井守監督は大出世した。しかし、僕はHさんと離れたと同時に、同アニメに対する興味を急速に失った。

代わって、僕の心を捉えたのは、「ラムのラブソング」の作曲者である小林泉美サンが翌82年に手掛けたアニメ『さすがの猿飛』の主題歌「恋の呪文はスキトキメキトキス」だった。奇しくも、それを歌ったのは、ドラマ『陽あたり良好!』でヒロインを務めた伊藤さやかサンだった。当時、僕は彼女の大ファンだったのだ。

むろん、こちらの話も、特にこれ以上の進展はないことを付け加えておく。

2017.10.21
88
  YouTube / AtaruLum


  YouTube / hanakoIp
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1981年生まれ
まさひのP
アニソン、アニメ主題歌といえば、その当時は、誰もが知っているものでも、人前で歌うようなものでもなかった、と記事では教えてくれました。なので、バスの中で、みんなの前で、これを歌い出したHさんの勇気ってすごいものがある!だって、この当時だよ、当時!中学生という多感な時期に、男子のいる前で、しかもこの歌詞を歌うって・・・教師だっていたんだよ!
2018/10/23 15:54
0
返信
カタリベ
1967年生まれ
指南役
コラムリスト≫
25
1
9
8
2
あだち充「陽あたり良好!」にみる合法的に可愛い女子と同棲する方法
カタリベ / 鎌倉屋 武士
82
1
9
8
2
早すぎたアイドル、伊藤さやか — 恋の呪文はロックンロール?
カタリベ / 指南役
43
1
9
8
2
天使と悪魔の二面性、伊藤さやかはアイドル+ロックンローラー!?
カタリベ / 指南役
12
1
9
8
5
大人になったら要注意?名作「タッチ」のギャップ萌え💕
カタリベ / ともみ
23
1
9
8
6
メイクアップ「ペガサス幻想」ロックバンドによるアニソンのパイオニア
カタリベ / 中塚 一晶
21
1
9
8
4
髙橋真梨子の「桃色吐息」康珍化が描く妖艶で濃厚な大人の世界
カタリベ / 蘭 華
Re:minder - リマインダー