9月22日
繰り返し聞き続けた失恋ソング、ジョン・ウェイトの「ミッシング・ユー」
14
1
 
 この日何の日? 
ジョン・ウェイトのシングル「ミッシング・ユー」がビルボードHOT100で1位を記録した日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1984年のコラム 
永遠の18歳・岡田有希子 — 51歳の誕生日に贈る、私的ユッコ論

大沢誉志幸が教えてくれた「途方に暮れる」男性の優しさと強がり

KONTAと杏子のWボーカル、バービーボーイズのスリリングな駆け引きロック

80年代ポールの最高傑作「ノー・モア・ロンリー・ナイツ」の不遇

英国三大ギタリスト「クラプトン、ベック、ジミーペイジ」それぞれの40代

みんなの洋楽ナイト — ボウイとイギー・ポップの少年ジャンプ的精神

もっとみる≫


僕はカラオケが苦手だ。そもそも人前で歌うのが嫌だ。人の歌を聴かず、選曲に精を出しているのが変だ。曲が終わりかけるとようやく顔を上げて、とりあえず拍手するのもおざなりだ。知っている曲だと断りもお構いもなく一緒に歌いだすのがおかしい。

僕が子どもの頃のカラオケといえば、スピーカーとアンプを合わせた重くて四角い箱からマイクを延ばし、宴会でおじさんおばさんが演歌だかなんだか古い歌を歌うものと相場が決まっていた。あるいは花火のついたフルーツ盛りが出てくるスナックでおねえさんにおだてられたオヤジが額に汗してウケを狙うもの。

やがてテレビ画面がついて、歌詞が流れるようになった。いつの間にか専用のお店もできた。カラオケボックスも誕生した。3人も入ればぎゅうぎゅうの小さな箱のなかで大学生がヒット曲に酔い痴れた。そんな一億総カラオケ状態に僕は辟易していた。気がつけば映画にも侵入し、登場人物がカラオケを披露する。

『ブリジット・ジョーンズの日記』の冒頭、ワイン片手にパジャマ姿のブリジットが熱唱する「オール・バイ・マイセルフ」。ジェイミー・オニールという本物の歌手の声に、ブリジットが口パクで合わせる。その落差が笑いをそそる。これってカラオケのパロディでしょう?

分かり易い歌詞に想いのたけを託す。カラオケでさりげなく合図を送り告白をするあれも同じ。何とも気恥ずかしい。

僕がロックを聞き始めた頃、「ミッシング・ユー」という曲があった。ジョン・ウェイトという歌手が1曲だけ1週だけ全米1位を獲得した。

振られて未練タラタラの男心を歌っている。「君がいなくなってもちっとも寂しくない」と強がりながら、元カノの名に胸が締めつけられ、相手を思えば動悸に襲われ、別れた理由をいつまでも思い悩んでいる。ずばり情けない。

だがモテない中学生の僕は来る日も来る日もこの曲を聞き続けた。自然に歌詞を覚えた。当時カラオケがあったら愚行を犯していたかもしれない。

先日レコードの棚からこの曲の12インチを見つけた。日本限定盤。B面には「ユーロシマ(Euroshima)」と題された曲が収録されている。ヨーロッパと広島を掛け合わせたメッセージソング。政治性は疑うべくもない。ロック狂いの中学生が消費していいアーチストではなかったんじゃないか。そんな反省を胸にレコードをかけた僕は迷わず口パクで歌っていた。

2017.12.13
14
  YouTube / JohnWaiteVEVO


  YouTube / Don't Forget The Eighties
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1971年生まれ
キマグレ絶望11人いる'16
84年は中学1年の時で地味ながらもあの切ない歌声はガキだった自分にも共鳴するものがありました
2017/12/13 20:59
1
返信
カタリベ
1970年生まれ
ジャン・タリメー
コラムリスト≫
21
1
9
8
6
ボン・ジョヴィでストレス発散!平日カラオケフリータイム忘年会のススメ
カタリベ / 時の旅人
8
1
9
8
2
チャコの海岸物語で思い出す、交通安全キャンペーンでのカラオケ大失態…
カタリベ / 小山 眞史
24
1
9
8
9
人生初のカラオケ体験「ビー・マイ・ベイビー」あるある話!?
カタリベ / clake
14
1
9
8
3
80年代カラオケの実情:SOMEDAY、いったい誰がマイク持ってるの!?
カタリベ / 小山 眞史
39
1
9
8
3
80年代カラオケの実情:大人の香りと甘い歌声、SWEET MEMORIES
カタリベ / 小山 眞史
23
1
9
8
1
昭和カラオケ講座、クリエーションの「ロンリー・ハート」は隠れた名曲
カタリベ / 鎌倉屋 武士
Re:minder - リマインダー