1996年 3月6日

時代が愛したぶっとびシンデレラ華原朋美「I'm proud」1996年に女の子が最も歌った曲

54
0
 
 この日何の日? 
華原朋美のサードシングル「I'm proud」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1996年のコラム 
フジテレビ月9とミスチルの邂逅「名もなき詩」は桜井和寿の才気が極に達した作品!

JUDY AND MARY はなぜ再結成しないのか?「そばかす」の歌詞から徹底深読み!

水野晴郎監督「シベリア超特急」5分の動画を観ることすらキツいアナタに贈る90分の映画

小室哲哉プロデュース最高の歌姫!朋ちゃんこと【華原朋美】の魅力を総ざらい

安室奈美恵が扉を開けた「Don't wanna cry」新年のスタートにふさわしい1曲

CDが400万枚も売れた時代!globe のファーストが発売された1996年ってどんな年だったの?

もっとみる≫




平成ギャルSONG(ぎゃるそん!)Vol.2


■ 華原朋美「I'm proud」
作詞:小室哲哉
作曲:小室哲哉
編曲:小室哲哉
発売:1996年3月6日

1996年、一番カラオケで歌われたのが華原朋美の「I'm proud」


1995年、安室奈美恵の登場でギャル文化が爆発し、翌年1996年には彼女を真似する “アムラー” たちがミニスカート、歩きにくいほど底が厚いブーツ、長い髪をバシッと決めて時代を刺激的にしていた。

もちろん、この年元気だったのは日焼けしたガングロギャルだけではない。当時朝日新聞がこの年を総括して「女性元気印」と表現するほど、オンナノコたちが日本に熱風を巻き起こしていた。音楽でも、1996年は「最強のガールズソング年」と言ってもいいほど、ヒット曲がズラリだ!

■ Don't wanna cry / 安室奈美恵
■ Baby baby baby / dos
■ Body & Soul / SPEED
■ 恋心 / 相川七瀬
■ アジアの純真 / PUFFY
■ そばかす / JUDY AND MARY

―― こんな凄まじい名曲ラッシュのなか、一番カラオケで歌われたのが、華原朋美の「I'm proud」だった。

時代が愛した “ぶっとびシンデレラ” 朋ちゃん。彼女の透き通るように伸びるハイトーンボイスと、一人の少女がスターになっていくプロセスを、そのまま描いたようなあの「I'm proud」のPV! パラパラとヘリが飛ぶなか、高い高いビルの上で高い高い声を響かせている彼女の姿は、動画を観なくても余裕で脳内再生可能だ。

ヒリヒリするほど純粋に好きだと叫ぶカハラー


華原朋美のお手本はマライア・キャリー。当時彼女のプロデューサーで恋人だった小室哲哉が「シンデレラストーリーを作ってあげよう」と、トータルでセレブ感を意識したのは有名な話だ。

シンプルな、プラダやグッチなどのワンピースやパンツスーツの着こなしはマニッシュでかわいくて、そのスタイリングを真似する “カハラー” が続出。ファッションだけではなく、キティちゃんから吉野家牛丼のつゆだくまで、多方面に渡り、朋ちゃんの「好き」が時代の「好き」になった。彼女がCMで「ヒューヒュー!」と叫んでいた「桃の天然水」はとてもおいしかったので、私も当時本当にお世話になったものだ。深田恭子が彼女の大ファンで、音楽を目指したきっかけになったというエピソードも熱い。ちなみに深キョンのデビュー曲「最後の果実」(1999年)は若さと世紀末感両方があって素晴らしい!

話を華原朋美に戻そう。彼女は誰から見てもキラキラしていたけれど、あまりにもあけすけに「天才に愛され、才能を見出され、時代に愛される」様をそのまま電波に乗せる姿は誰から見ても危なっかしく、生まれたばかりの好奇心いっぱいな小鳥がいきなり大空に出たみたいだった。

でも、彼女が歌う「LOVE」が当時の女の子たちの共感を得たのは、そんな危なっかしさも含めてだろう。「LOVE BRACE」「LOVE IS ALL MUSIC」など、与えられた倍の愛を返すように歌う朋ちゃんの楽曲は、安室奈美恵に感じる革命感や躍動感はなかったけれど、自分だけの “何か” を探している必死さは似ていた気がするのだ。

「I’m Proud」の前半は「Lonely」で始まる通り、寂しくて寂しくてたまらない。そして、最後のほうに訪れるサビ、

 自分を誇れる様になってきたのはきっと
 あなたに会えた夜から

ーー は最高に幸せな歌詞にも思えるけれど、こんなに自分に自信がない切ない言葉はない。そして最後は、

 かならず あなたに知ってもらうの

ーー で終わる。

6thシングル「Hate tell a lie」でも、

 何から何まであなたがすべて私をどうにか輝かせるため
 苦しんだり悩んだりして がんばってる

小室哲哉が描く切迫感と一途さを華原朋美が悲壮なくらいに全力かつ圧倒的な美しさで歌う。愛される白と、不安のグレー。朋ちゃんのこの雪のような儚いモノトーンは、2000年に登場する白ギャルのカリスマ、浜崎あゆみに受け継がれていく。

時代を蹴り前進していくようなアムラーと、ヒリヒリするほど純粋に好きだと叫ぶカハラーは、どちらも世紀末の「ギリギリ」そのものだった。



自分の誇りを誰もが自分を探している時代


華原朋美は、2013年のBillboard JAPANのインタビューで、当時の自分を「どんな女の子だったなと感じますか?」と聞かれ、こう答えている。

「うーん……汚れてない(笑)。何にも知らない人だったと思います。だからいろんなことを教えてもらいましたよね、きっと」

ーー「何も知らない人だった」

90年代後半の喧騒は、誰もが何もわからない時代だったのではないかな、と思うのである。1996年のオリコン第1位はMr.Childrenの「名もなき詩」で、自分探しという言葉がパワーワードだった頃でもある。

女の子たちも時代の先端を走りながら、刺激的で楽しいけれど、何が正解なのか、どこに向かっているのかもわからないまま、自分の誇りを必死で探していたのかもしれない。

▶ 華原朋美に関連するコラム一覧はこちら!



2023.01.29
54
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1969年生まれ
田中稲
コラムリスト≫
54
1
9
9
5
ギャル文化爆発!10代の安室奈美恵がカリスマとなり女子高生がこぞって真似た時代
カタリベ / 田中 稲
64
1
9
9
8
桃井かおりと田中美佐子がダブル主演!TBS金曜ドラマ「ランデヴー」主題歌は華原朋美
カタリベ / 親王塚 リカ
31
1
9
9
7
hitomi の輝きは攻撃的な美しさ!問題にぶつかっていく1997年のギャルソング 
カタリベ / 田中 稲
34
1
9
9
8
鈴木あみに漂う “リアル” とは? 時代の狭間に登場したコムロブーム最後の覇者
カタリベ / 田中 稲
54
1
9
9
6
小室哲哉プロデュース最高の歌姫!朋ちゃんこと【華原朋美】の魅力を総ざらい
カタリベ / 村上 あやの
55
1
9
9
3
結成30周年のTRF、90年代を席巻する小室哲哉とエイベックス伝説の始まり!
カタリベ / 長井 英治