2月4日

期待と不安のパラドックス、本田美奈子の「Oneway Generation」

31
0
 
 この日何の日? 
本田美奈子のシングル「Oneway Generation」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1987年のコラム 
クラくないから!思春期の脳内変換が作り出したニュー・オーダーのイメージ

PINK「Keep Your View」マクセルのビデオテープでソニーの番組を録画?

YMOのビハインド・ザ・マスク、エリック・クラプトンが何故?

歌手 本田美奈子の絶対的存在感「Oneway Generation」青春はいつだって一方通行!

何という健気さ!岡村孝子「夢をあきらめないで」はこじらせ男子を生みだす応援歌?

中森明菜の官能世界彷徨「タンゴ ノアール」肉体と死と悪魔に魅されて

もっとみる≫




週末ふらっと本屋に立ち寄った。店内に入ってすぐに毎回決まって行うことがある。

「今、必要な本があったら教えてね」と心に語り掛けてから、ずらりと並んだ本を眺めながら歩く。すると、興味を掻き立てる本に出合う確率が高い。これは潜在意識を開くスイッチのようなもので、直観的な眼で眺めることができるようになる。

手前の棚から本のタイトル眺め、ゆっくりと店の奥へと進んでいくと、店内に流れる曲が耳に入ってきた。聞き覚えのある曲だが、聞き覚えの無い声。原曲に忠実なカバーソングであることは分かるのだが、誰のなんという曲なのかまったく思い出せない。

しかし、なぜだか歌詞がスラスラと浮かび、曲に合わせて最後まで歌えてしまった。潜在意識がONになり、記憶の扉も開いていたのだろうか。

誰の曲なのかが気になり、すぐに検索してみると、1987年2月4日にリリースされた本田美奈子の「Oneway Generation」だった。しかし、本田美奈子の顔は分からないし、顔写真を見てもやはりピンとこない。それなのになぜ歌詞が記憶に残っているのだろう?

とても気になり、今度は歌詞を検索してみる。なるほど、現在までに5000曲以上を手掛けている天才、『秋元康』が作詞を担当していた。「川の流れのように / 美空ひばり」「夏の午后 / 崎谷健次郎」といい、彼の歌詞は心に残るものが多い。


 今居る場所さえ わからないように
 自分の生きかたが
 見えない時ってあるよね
 話してはみたけど
 言葉が 一方通行みたいで
 遠くの夢なんて
 大人はわかってくれない


進路や就職など「将来」と向き合う、思春期の心の葛藤を見事に表現した歌詞。


 今 ひとりで何かを探して
 今 知らないどこかに向かって


未来は、「期待」と「不安」のパラドックスを含んでいる。

「期待」は “変化すること” を望み、それを喜び、楽しむ。「不安」は “変化しないこと” を望み、漠然とした恐れを伴う。

世の中が、社会が、どんなものかも分からない。大人の意見は心に響かない。学校のカリキュラムで定められたタイミングで、将来の選択に迫られる。もやもやとした感覚が胸を締め付ける。明確な何かがあるわけではない。


 戻れない片道のチケットと
 夢だけを信じたい


というメッセージで曲は終わる。漠然としたビジョンだけを頼りに手探りで進み続ける。「本当にこれで良いのだろうか?」と自問自答しながら。

大人になれば、社会人になれば、平穏で淡々とした日々が過ぎていくのだろうと思っていた。でも、違う。年齢を重ねるだけでは満たされることはない。将来への不安や葛藤は、心が満たされなければいつでも襲ってくる。心はモノやお金では完全には満たされない。常に未来への不安を抱き続けることとなる。

この不安から自由になれる方法はなんだろう。仏陀の言葉にヒントがある。

1― 愚かな人は常に名誉と利益とに苦しむ。上席を得たい、権利を得たい、利益を得たいと、常にこの欲のために苦しむ。

2―「わたしは愚かである」と認められる者こそ、 賢者である。逆に「自分は賢者である」と思っている者こそ、愚者と呼ぶにふさわしい。

3― もし、清らかな心で生きている人がいたとしたら幸福はその人の後に、かならずついていく事でしょう。

執着と欲求を手放し、自我を小さくし、謙虚に、何事にも誠実に、感謝を忘れずに過ごすこと。自分の欲を満たすための感謝ではなく、ひとりではなにもできないことに心から気づくことができたなら、感謝の質は変わり、必ず現実は変化する。

「感謝さえ忘れなければ大丈夫」

この本当の意味が分かるようになったとき、時の十字架から自由になれるだろう。

2018.03.01
31
  YouTube / MinakoHondaVEVO 
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
 ポリ
コラムリスト≫
71
1
9
8
6
1986年の秋元康 ― 小泉今日子「夜明けのMEW」にみる ほとばしる才気
カタリベ / スージー鈴木
17
1
9
8
2
なんてったってキョンキョン騒動! 京都編
カタリベ / 小山 眞史
47
1
9
8
5
フジテレビ「夕やけニャンニャン」おニャン子クラブによる夕方5時の革命
カタリベ / 本田 隆
34
1
9
8
7
始末に負えない2人のルーツ、とんねるず「嵐のマッチョマン」
カタリベ / 山口 順平
15
1
9
8
8
本田美奈子 “魂” の軌跡、凝縮された20年間のエンタテインメント
カタリベ / 本田 隆
154
1
9
9
0
森高千里「臭いものにはフタをしろ!!」すべての男たちへのメッセージソング
カタリベ / 藤澤 一雅