7月10日
フリッパーズギターが紡いだ元オリーブ少女とゆとり君の夏休み
33
1
 
 この日何の日? 
フリッパーズ・ギターのアルバム「ヘッド博士の世界塔」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1991年のコラム 
ニューミュージックの扉を開いたハイ・ファイ・セット vol.4

80年代が生んだ奇妙な果実、今も影響を与え続ける戸川純の現在進行形

腕が折れるまで叩け!ヒートウェイヴ山口洋の一喝で目が覚めた

不朽の夏メロ「サマー・マッドネス」が導いてくれる心のエンドレスサマー

人生で初めてハマった恋ドラ主題歌「SAY YES」のミラクルヒット!

ALIVE 〜 グランジの絶望なんて大したことなかった

もっとみる≫

photo:音楽だいすきクラブ  

今となっては批判的に用いられる「ニューアカ(ニュー・アカデミズム)」という言葉。また、セゾン文化やパルコ文化など難解な現代思想や芸術をファッションとして消費してしまうあり方は、80年代の持っていたパワーを、その評価は別としてそのまま表しているように思う。

あらゆる海外のアート受容が頂点に極まった時、それがいわゆる「オリーブ少女」たちと「渋谷系」の出現だったと僕は理解している。

僕がはじめて「元」オリーブ少女に出会ったのは、大学に入学してすぐであった。

北欧雑貨の輸入業をしていた年齢が上の彼女は、小さな学部であったから「浮いて」いた。僕は僕で本の虫で「浮いて」いたから、浮いたもの同士が仲良くなったのも必然だった。

そして彼女は、映画においてはマイナー志向の僕をたしなめ、古典的な名作を観ることを教えてくれた。また、音楽では「古い洋楽」しか聴かなかった頑固な僕にフリッパーズ・ギターの『ヘッド博士の世界塔』を貸してくれたりした。

ザ・スミスやプライマル・スクリームを愛していた僕にとって、彼らの音はまさに天啓だった。そして彼女はフリッパーズのふたりがライナーを書いているオレンジジュースのファーストも貸してくれた。

僕はライナーの後ろにある「宮子和眞のネオ・アコ通信」なるものをコピーして、一枚ずつ聴いていった。彼女が僕に施した「教育」は効果覿面だったのだ!

しかし、僕の「先生」は2年で大学を出て「故郷」のスウェーデンに帰ってしまった。

彼女は、ニューアカ的「教養」を大学で学ぼうと入学したわけだが、時代はもはや変わっていた。大学は「食っていけない」思想や芸術を教えるよりも、実学の方向に向いていた。それに幻滅したのかもしれない。

僕は今でも『ヘッド博士』に収録された『ドルフィン・ソング』の『ほんとのことが知りたいだけなのに 夏休みはもう終わり』という一節を聴くたびに、彼女を思い出す。

そして『ヘッド博士』と同い年に生まれた僕には、もう寂しい秋と寒い冬しか残されていないのかなどと、ぼんやり思っている。

2016.05.02
33
  YouTube / SALONASUNDAYS
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1991年生まれ
 白石・しゅーげ
コラムリスト≫
45
1
9
8
3
オリーブ少女の憧れ。ニック・ヘイワードこそ理想のボーイフレンド!
カタリベ / 平マリアンヌ
65
2
0
1
7
そして毎日はつづいていく、雨に打たれながらのフジロック小沢健二
カタリベ / 親王塚 リカ
16
1
9
8
2
ジーンズ履かない!ヘアカット100にすりこまれた親不孝なファッション教義
カタリベ / ソウマ マナブ
9
1
9
8
4
夏はネオアコ!イケメンを超越した「アズテック・カメラ」は爽やかパンク?
カタリベ / DR.ENO
12
1
9
8
5
夏はネオアコ!地味な夫婦デュオ「EBTG」がつくるちょうどいい清涼感
カタリベ / DR.ENO
54
1
9
8
0
スウェーデン出身の世界的ポップグループ、ABBAからの新年メッセージ
カタリベ / 中川 肇
Re:minder - リマインダー