2月5日

EPO「う、ふ、ふ、ふ、」ほとんど【ラ】で出来ているワンノート・ソング

34
0
 
 この日何の日? 
EPO のシングル「う、ふ、ふ、ふ、」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1983年のコラム 
もしかして復活!? 80年代に追い求めたキャンディーズへの夢

佳山明生「氷雨」のヒットと黄金の6年間、街に流行歌があふれていた時代

カレン・カーペンターとわたし、透き通る歌声の中に秘められた哀しみ

これが本当のセパレイト・ウェイズさ、ジャーニ〜 !!

ジャーニーの最高傑作「フロンティアーズ」80年代の宝物、産業ロックが大好きだ!

ハードとソフトの素敵な関係、ウォークマンとスーパースターのエピソード

もっとみる≫




資生堂 vs カネボウ、春の化粧品CMはリップが中心?


はじめて買った “ちゃんとした口紅” は、カネボウ化粧品の “レディ80ミニ口紅” だった。高校に上がる1981年春、矢野顕子さんの「春先小紅」がCMソング。深紅のパッケージ、普通の口紅の半分程度のサイズ、ちっちゃくて片手にすっぽり収まるサイズ感、中高生のお小遣いで買える金額。色は結構深いワインレッド系。なぜそんな色を買ったかまでは覚えてない。15歳なりに大人になりたかったのかもしれない。「♪ はじめてのルージュの色は紅すぎてはいけない」と「狼なんか怖くない」を歌う石野真子さんに叱られそうだ。

化粧品のCMといえば、秋の化粧品CMは目元まわりのアイシャドウが目立つのに対し、春の化粧品CMはリップが中心だったように思う。たとえば、こんなキャッチコピーが記憶に残っている。

カネボウでは、
■ 1980年春 “唇よ、熱く君を語れ。”
■ 1988年春 “吐息でネット。”

一方の資生堂では、
■ 1984年春 “くちびるヌード”
■ 1985年春 “ベジタブルスティック”

1983年春の資生堂CMソング、EPO「う、ふ、ふ、ふ、」


さて、1983年春、資生堂のCMソングに使われたのは、1980年デビューし、今年2020年に40周年を迎える EPO さんの「う、ふ、ふ、ふ、」。作詞・作曲は当時デビュー4年目を迎える EPO、編曲は清水信之さん。“う、ふ、ふ、ふ、フォギー” というキャッチコピーで、モデルはアンジェラ・ハリーさん。フォギー… というのは霧がかかったような色合いということだろうか。

当時はベージュ系の口紅が流行り出した頃。緑地公園にあった予備校の帰り、御堂筋線で心斎橋に出て画材屋で絵の具を買いソニータワーに立ち寄ると、それまでサーファー崩れが多かった界隈に顎あたりまでのワンレンでモノトーンのDCブランドもんをまとったお姉ちゃんたちがポツポツ沸きはじめた… そんな頃だったように記憶している。「そろそろああいう服を買ったほうがええんやなあ…」とか思っていた。

イントロからアウトロまでほとんど【ラ】で出来ている!


1983年春先の関西女子お召し物事情はおいといて。「う、ふ、ふ、ふ、」。CMで流れたのはサビの「♪ う~ふふっふっ、ち~やほや~されて~、(ふふっふ)、き~れいに~なると~(ふふっふ、う、ふふっふ)あ~~く~~ま~、したくなる」のところ。

カラオケを原曲キーでコーラス部分まで含めて歌うとよくわかるのだが、このサビの8小節、ドレミファソラシドの【ラ】の音がやたら目立つ。それもそのはず、8小節に含まれるメロディのうち52.7%(55音のうち29音、8分音符を1音とカウント)が【ラ】の音なのだ。これはエクセル方眼でメロディとイントロ、間奏を検証して今回初めて分かったこと。

結論から言うと、この「う、ふ、ふ、ふ、」はイントロからアウトロまでほとんど【ラ(=A)】と半音下がった【ラ♭(=A♭)】で出来ている。ここからは、可能なら音源を聴きながら読んでもらうとわかりやすいかもしれない。

ワンノートが鳴り続けるイントロ、8小節で88.3%


キーボードで【A♭】ワンノートが鳴り続けるイントロ。コードはほぼ1小節ごとに変わり、イントロの8小節で【A♭】が占める割合は88.3%。ほぼ【A♭】で出来ている。

【D♭】→【D♭m / B】→【Emaj7】→【E♭m7】→【G♭ / A♭】→【D♭】→【D♭m / B】→【Emaj7】→【A♭】

歌が始まるとメロディが動くのでさすがにその割合は下がるが、それでもサビよりも前の部分で、【A♭】がメロディの38.5%を占める。そしてサビで半音上がって【A】に転調する。歌部分、ワンコーラスでの【A】と【A♭】の合計は116音、メロディ239音のうち実に48.5%が【A】か【A♭】なのだ。

1コーラス目が終わった後もイントロと同じフレーズが間奏として8小節、2コーラス目からサビ前のブレイクを経てサビ、コーラスとギターが絡むアウトロ… 書いているとキリがないのでこのへんでやめておくが、とにかくやたらと【A】と【A♭】が目立つ。なにせ白鍵7音+黒鍵5音の計12音のうち2音で半分を占めてるのだから、目立って当たり前だ。

同じ音が目立つ曲はいろいろ。松田聖子、ジャクソン5、ショパン…


偶然なのか狙ったのかはわからないけれど、翌年1984年春のカネボウ化粧品CMソング・「Rock’n Rouge」のイントロもワンノートで下のコードが変化するものだった。こちらは【ド(=C)】で、途中からコーラスや駆けあがるようなキーボードが入り、パーン!とはじける効果音から松田聖子さんの歌につながる。編曲は松任谷正隆さん。

実は、同じ音が目立つ曲というのはそれほど珍しいものではない。「う、ふ、ふ、ふ、」同様に【A♭】の音が続いてその下でコードが変わっていく曲での有名どころといえば、ジャクソン5の「帰ってほしいの(I Want You Back)」。イントロから歌のバッキングまで【A♭】のギター音がチャッ、チャチャッと軽快に続く。こちらは「う、ふ、ふ、ふ、」よりもリズムに動きがあり、自然と身体が動いてしまう。歌でも「♪ I Want You Back」のメロディが【A♭】でたたみかけるのが耳に残る。

また、クラシックで【A♭】が鳴り続ける曲としては、ショパンのピアノ曲「雨だれの前奏曲」が有名どころ。全編にわたって八分音符が雨が降るように鳴り続けるが、ことに中間で【C#m】に転調した部分で連打される【A♭】音は、止まない雨や葬送の行列とも喩えられる。

同じ【A♭】、周波数でいうと415.3Hz(Aが440Hzの場合)の音でも、こんなに曲によって違う。私がこの3曲を色に喩えるなら、EPOさんの「う、ふ、ふ、ふ、」は明るい黄色味のあるオレンジ色。ジャクソン5だと、もう少し赤味が強いオレンジ。ショパンの「雨だれの前奏曲」であれば、濁ったブルーグレイの色合いと個人的に思っているが、実際に聴いてみて、みなさまはどんな色を感じましたか?

2020.03.08
34
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1965年生まれ
コラムリスト≫
67
1
9
8
4
資生堂 vs カネボウ CMソング戦争 〜 松田聖子が覆したコスメ界の常識
カタリベ / @0onos
32
1
9
8
5
資生堂 vs カネボウ CMソング戦争 〜 ユーミン初の資生堂タイアップ
カタリベ / @0onos
67
1
9
8
1
資生堂 vs カネボウ CMソング戦争 〜 矢野顕子と大滝詠一の因果な関係
カタリベ / @0onos
56
1
9
8
2
資生堂 vs カネボウ CMソング戦争 〜 ブルック・シールズと土屋昌巳の名曲
カタリベ / @0onos
27
1
9
8
7
資生堂 vs カネボウ CMソング戦争 〜 メセナと映画と外タレと
カタリベ / @0onos
47
1
9
8
3
資生堂 vs カネボウ CMソング戦争 〜 め組のひとは君に胸キュン
カタリベ / @0onos
Re:minder - リマインダー