2017年 7月29日
そして毎日はつづいていく、雨に打たれながらのフジロック小沢健二
65
1
 
 この日何の日? 
フジロックフェスティバル'17に小沢健二が出演した日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 2017年のコラム 
阿佐ヶ谷のリッキー「トゥ・マッチ・トゥ・ヤング」が僕をオトナにした

ポール・マッカートニーと岡村靖幸、2日連続の I wanna be your man ♪

ムッシュとユーミンのただならぬ関係、中央フリーウェイで楽しいバス旅行

風と光のデイ・トリッパー、山下達郎の「COME ALONG」と鈴木英人

30年越しのリック・アストリー ~ 灼熱のサマーソニック大阪篇

30年越しのリック・アストリー ~ トレヴァー・ホーンと共演篇

もっとみる≫


自分でも意外だが、さほどフリッパーズ・ギターにハマっていた訳ではない。小沢健二のソロデビューにも思い入れはなかった。93年当時、私は某外資系大型CDショップで邦楽を担当していた。デビュー曲「天気読み」のサンプルCDを初めて聞いた時「山下達郎みたいだな。」と思った。そこがオザケン人生の始まりだ。

あれから早幾年。渋谷系ムーブメントを超え、王子様狂騒曲を超え、海外での活動等を横目に、オザケンへのリビドーは完全に深い眠りについていた。結婚して子供をもうけたというニュースや、ライブチケットがとれないという話題が、チラチラと耳に入る程度で。

それがなぜ、2017年7月29日、50代へのカウントダウンが迫りくるこの歳で、私は苗場のフジロックくんだりまで来て、雨に打たれながら初のフェス参加となる小沢健二のステージを待っていたのか。同日出演となったCorneliusこと小山田圭吾との再会騒動に血が騒いだわけじゃない。

体力だってないのに! どうしてこうなった!?(笑)

会場のホワイトステージは小沢健二のキャパとしては狭い。入場規制は確実だったので、現地には6時前に入った。何だよー、巷ではオリーヴおばさん集結などと噂されていたけれど、オリーヴおじさんもたんまりいるじゃないかよー!

開始まで2時間以上待ち。徐々に人波が膨れ上がる。伝説への予感や期待が膨れ上がる。たくさんの懐かしいSEが流れていく。

8時過ぎ。まず観客に10カウントさせて、ステージにスチャダラパーが登場、演奏陣にはスカパラホーンズ。

そして「今夜はブギーバック」が始まった!

皆、前に押し寄せる! 一緒に叫ぶ叫ぶ! 将棋倒しスレスレ! なぜブギーバックでモッシュなのかよくわからないまま、祝祭の荒波に飲み込まれ、オリーヴおばさん&おじさんは、アムールを爆発させるのであった。

「愛してるぜ、ロック好きな人、マジで!」
 キャー!オザケンー ー!

わずか1時間ほどでライヴは終了。人が多過ぎて退場規制までかかり、土砂降りの中1時間動けず待たされた。死ぬかと思った。

でもね。フジロックのあの場にいられたことは本当に幸せだった。繰り出される音の喜び。噛み締める歌。大衆音楽への強い愛。夜が深く長い時を超え、さまざまな場所から私達があの場に集ったことの意味。

その意味を、ライブ前のSEからうかがい知ることができるような気もしたのだ。

矢沢永吉「イエス・マイ・ ラブ」やサザンオールスターズ「いとしのエリー」、松任谷由実「甘い予感」、アグネス・チャン「ポケットいっぱいの秘密」の他、RCサクセション、椎名林檎、cero、平尾昌晃、沢田研二、往年のCMソングやアニメ主題歌(うろ覚えなので、違っていたらご勘弁!)などなど。そんなメロディーがずっと流れていたのである。

ブギーバック発売前に「平成の〝悲しい色やね〟にしたい。」とインタビューで答えたオザケン。「大衆音楽の一部であることを誇りに思う。」とかつて語ったというオザケン。

果たして小沢健二はどうなりたいのか、ちょっと考えさせられた。父親となり、そのプライドを新たな普遍にスライドさせて、更なる物語を紡ぎだしていくのかな。なんてね。

そして毎日は続いていく。その毎日に寄り添い、時代を映し、大衆音楽は心に残っていく。

帰宅したら、大学生の甥からLINEが来た。「サークル夏合宿を越後湯沢でやるから、俺も下見でフジロック行けばよかったな。オザケンの新曲あれよかったよね。“流線形について”」

いや、甥っ子君惜しい。“流動体” だからね。

2017.08.12
65
  YouTube / kumacks


  YouTube / OzawaKenjiVEVO
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1968年生まれ
親王塚 リカ
コラムリスト≫
34
1
9
9
1
フリッパーズギターが紡いだ元オリーブ少女とゆとり君の夏休み
カタリベ /  白石・しゅーげ
41
1
9
8
9
to 90's — 渋谷系の裏で何があったのか:ロカビリー篇
カタリベ / 本田 隆
24
1
9
9
0
to 90's — 渋谷系の裏で何があったのか:パンク、メロコア篇
カタリベ / 本田 隆
42
1
9
8
8
初めて観たブルーハーツは夏フェス、そして就職活動の真っ只中
カタリベ / 宮木 宣嗣
12
1
9
8
9
80'sの夏フェスはジャズフェス!盛り上がったアート・ブレイキー
カタリベ / 千代田区のUra
30
1
9
8
2
考察:関東関西まぜて彩る、上田正樹の「悲しい色やね」
カタリベ / @0onos
Re:minder - リマインダー