9月21日

鈴木聖美 with 鈴木雅之「夜明けのスターライト」男女ハモってデュエットを楽しもう!

29
0
 
 この日何の日? 
鈴木聖美のサードシングル「夜明けのスターライト」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1988年のコラム 
Wink がブレイクする前のシングル「アマリリス」に漂う儚さの正体とは?

菊池桃子がロックバンド? ラ・ムーの名盤「Thanks Giving」を聴いて!

イレイジャーのアンディ・ベル、天使の歌声を持つ LGBT の象徴

米米CLUBの「BEE BE BEAT」ー カールスモーキー石井の血液型は?

80年代が育んだ B’z の独自性、ジャパメタ、浜田麻里、そしてTMネットワーク

スプリングスティーンが参加、アムネスティのヒューマン・ライツ・ナウ!

もっとみる≫




鈴木聖美・雅之姉弟のデュエットソング「夜明けのスターライト」


カラオケで男女のデュエット曲を歌おうとして、お互いが歌える曲を探すものの、結局は演歌や誰もが知る有名曲に落ち着いた―― という経験をされた方は多いのではないでしょうか。

しかし、昭和のデュエット曲の中には、さほど知られていないけど “実はすごい曲” がたくさんあります。さらに平成に入ると、コラボレーションが活発に行われるようになり、男女デュエットや男女コラボレーションの楽曲がたくさん生まれました。

そんな名曲たちを掘り起こすべく、邦楽の男女デュエット・コラボレーション楽曲を紹介するシリーズを、私のコラムテーマのひとつに据えていきたいと思います。今回は鈴木聖美「夜明けのスターライト」を取り上げます。

発売上は鈴木聖美の単独名義ですが、実際は弟の鈴木雅之とのデュエット曲であり、カラオケメーカーのDAMやJOYSOUNDでは “鈴木聖美 with 鈴木雅之” というアーティスト名で登録されています。

姉と弟が放つ “大人の夜” の雰囲気。だけど実際歌うのは難しい…


鈴木聖美・雅之の姉弟と言えば、誰もがすぐに「ロンリー・チャップリン」を思い浮かべることでしょう。1987年に発売されたこの曲は、平成の間もずっと、そして令和の今まで35年間、男女デュエットの大定番曲として歌い継がれています。鈴木聖美や鈴木雅之(シャネルズ、ラッツ&スター)の歌を普段は歌わない人でも「ロンリー・チャップリン」なら歌ったことがある、という方は多いと思います。

「ロンリー・チャップリン」については、筆者がコラム『鈴木聖美 with Rats & Star「ロンリー・チャップリン」が夜の街のカラオケを席巻するワケ』の中でパート割りの妙に関して考察したように、デュエット曲として素晴らしいのですが、カラオケ好きな方の中には "ハモリのパートが短い・少ない" と、やや物足りなさを感じる方もいらっしゃると思います。

デュエット曲王道のパート構成。ハモりをキメてこそ雰囲気が出る!


そんな方にお薦めなのが、鈴木姉弟のもう1つの名曲「夜明けのスターライト」です。この曲は「ロンリー・チャップリン」発売の翌年、1988年の5月に発売された鈴木聖美のアルバム『Cotton』に収録され、9月にはシングルカットされました。「ロンリー・チャップリン」はヒットしましたが「夜明けのスターライト」は当時、話題になった記憶が私にはありません。私はリアルタイムではこの曲を知らず、数年後に鈴木聖美のベストアルバムで知りました。

「夜明けのスターライト」は、デュエットの基本であるハモりがきっちり入っています。「ロンリー・チャップリン」と同じく、サビで初めてハモりが入りますが、サビの8小節のうちハモりが6小節続きます。サビのほとんどでハモれるという、男女デュエット曲としては王道のパート構成になっています。

「ロンリー・チャップリン」は、ハモらずにユニゾンで歌っても良い雰囲気を作れますが、「夜明けのスターライト」はハモりをキメてこそ雰囲気が出ます。ハモりのメロディーは一聴するとさほど難しくないと感じるかもしれませんが、下ハモ(=メインメロディーより低い音程でハモる)は意外と難しいので、男声パートは油断せずにきっちり音取りすることをお勧めします。

これぞ醍醐味! フェイクでハモったり、エコーを入れて掛け合う


そして「夜明けのスターライト」の特筆すべき点は、フェイクやエコーなどの遊びがちりばめられていることです。まずイントロでは、女声が Uh… Yeah… Oh Darlin' とフェイクを歌い、男声が Oh… Yeah… Baby と応じるという、大人の雰囲気で曲が始まります。

サビが終わり間奏に入ると、ほとんどフェイクで埋まっていて、しかもフェイクでハモる箇所があります。フェイクのハモりは、他の曲だと歌手の技量をアピールするような難しいハモりになることが多いのですが、「夜明けのスターライト」のそれは技巧的ではなく、それでいてキマるととてもカッコいいハモりになっています。

続く2番冒頭の歌詞は、

 女:哀しいことが
 男:   ことが

 女:起きないように
 男:    ように

…… であり、女声が歌うメロディーに男声がエコーを入れます。ここでは同じ歌詞で追いかけるという意味で “エコー” という言葉を使いましたが、エコーのメロディーはメインとは異なります。違うメロディーをフェイクっぽく入れるのが、これまたカッコいいのです。2番のAメロの繰り返しは、

 男:淋しくはないさ
 女:    ないさ
 男:生まれたままで
 女:    ままで

…… のように、男女の役割が入れ替わります。この直後には、男声のメインメロディーに女声がハモる箇所もあります。フェイクでハモったり、エコーを入れて掛け合いをしたりするのは、デュエット曲の醍醐味ですよね。「夜明けのスターライト」ではその醍醐味を存分に味わうことができます。

「ロンリー・チャップリン」より多彩な演出がカッコいい “大人のデュエット”


ここまでカラオケで歌うことにフォーカスしてきましたが、歌を聴くという点に立ち返ると、「夜明けのスターライト」は鈴木聖美・雅之の真の実力が分かる1曲だと思います。

ハモりの分量やバリエーションに関して「ロンリー・チャップリン」に物足りなさを感じている方は、鈴木姉弟のムーディーかつカッコいいハーモニーが織り成す "大人のデュエット" を存分に堪能してください。


■ Song Data
■ 夜明けのスターライト / 鈴木聖美(with 鈴木雅之)
■ 作詞:岡田ふみ子
■ 作曲:野田晴稔
■ 編曲:伊藤銀次

男声ハモり分量:★★★
男声ハモり多彩さ:★★
女声ハモり分量:★
女声ハモり多彩さ:★
掛け合いや遊びの妙:★★★★
カラオケ難易度男声:★★★
カラオケ難易度女声:★★
カラオケ満足度:★★★★
※評価値は5段階評価。あくまで筆者の個人的な見解です

▶ 鈴木聖美のコラム一覧はこちら!



2022.09.20
29
  Songlink


  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1970年生まれ
倉重誠
コラムリスト≫
33
1
9
7
8
シティポップとロックンロール、矢沢永吉はどっち?
カタリベ / 本田 隆
34
1
9
8
3
ジャパニーズAORの旗手、安部恭弘が奏でるシティポップのダンディズム
カタリベ / 彩
38
1
9
7
9
音楽が聴こえてきた街:シャネルズから始まった新宿ルイード伝説
カタリベ / 本田 隆
38
1
9
8
5
佐野元春が大フィーチャー! 伊藤銀次「夜を駆けぬけて」はエピックから大目玉?
カタリベ / 伊藤 銀次
37
1
9
8
3
伊藤銀次と高橋幸宏、¥ENレーベルのクリスマスアルバムにみる2人のポップスター
カタリベ / KZM-X
25
1
9
8
4
1984年の伊藤銀次「BEAT CITY」 L.A.レコーディング事情 ~ その6
カタリベ / 伊藤 銀次