9月21日
多岐川裕美の「酸っぱい経験」シャツのボタン二つはずして僕はメロメロ
37
1
 
 この日何の日? 
多岐川裕美のシングル「酸っぱい経験」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1980年のコラム 
共有感満載の80年代洋楽ヒット!ビルボード最高位2位の妙味 vol.7

高校教師を見つめていたい、ポリスを通じて英米音楽市場を比較する

走り続けるクレイジー・トレイン、ランディ・ローズはまだ生きている

昭和天皇とも対面!日本中を席巻し時代を駆け上った横浜銀蝿

リリイベ初体験!ツッパリの山田麗子こと三原順子「セクシー・ナイト」

ボウイとレノンの別れの舞台、ブロードウェイの「エレファント・マン」

もっとみる≫


日常的にフランス語を使うことってなかなか無いし、「フランス語なんて全然わからないよ」と思うのは、ごく自然なことだと思われる。

けれども、フランス語… これ、単語として、けっこう日常生活に溶け込んでいたりするから面白かったりする。

例えば、口紅のことを「ルージュ」なんて言うけれど、ルージュはフランス語で「赤」である。じゃあ白は? となると「ブランマンジェ」という洋菓子が一時期流行ったが「ブラン」はフランス語で「白」、「マンジェ」は「食べ物」という意味。食べ物で言えば山崎ビスケットのノアール(ノワール)は「黒」。ジーパンの「藍色」のことを「インディゴ」なんて言うけれど、これもフランス語なんだよね。

さて今回はカゴメ・トマト&レモンのCMで、白いシャツが印象的だった多岐川裕美さんが歌う「酸っぱい経験」を元に、まだまだ子どもだった17歳の思い出について語ってみたいと思う。

高校生の僕は、ちょっと変わった後輩と出会った。

それはちゃんと付き合うことになった初めての女の子なんだけど、それはもう恥ずかしながら僕の完全な一目惚れで、年齢はひとつ下… その子はまだ16歳で1年生だった。

彼女は、授業中にノートは一切取らず、授業が終わったあと、休み時間にノートに要点だけまとめるという秀才で “実に頭の良い変わり者” と、同級生の評判。都内のライブハウスに通ったり、映画のオーディションを受けたり(『乱』という黒澤明監督の映画のオーディション最終選考の3人まで残ったのに、撮影が夏休み全部を使うと言われて辞退するという変人っぷり)、でも僕はそんな彼女のアグレッシブなところとか、いや、もはや恋は盲目なので、全部が「好き」で埋め尽くされていたのだ。

僕らは、廊下ですれ違うとわざとよそよそしくしたり、でも二人っきりになるとベタベタした。当時流行っていた「チャゲ&飛鳥」や「村下孝蔵」「白井貴子」なんかの話題で盛り上がり、部活を終えると、彼女を送るため、毎日自転車のうしろに乗せて駅まで突っ走った。そんな二人乗りの姿は、傍目から見れば青春そのものとして映っていたに違いない。

そして、少し日差しが強くなった5月のとある日、教室で―― 

男子は学ラン、女子はブレザーの高校だったけれど、窓際にいた彼女はさっとブレザーを脱いで真っ白なブラウスになり、暑かったのだろうそのブラウスを第2ボタンまで外したのだ。

白い肌が胸元の際までのぞき、目に飛び込んできた小さなふくらみと水色のブラジャーが上気した彼女のピンク色の頬と相まって僕はドキドキした。窓の外にはこっちを向いている生徒だっているからだ。心の中で「見えてる!… おい… ちょっと… 見えてるって!」と、目が泳いでいたに違いない。

まさにこの体験こそが「酸っぱい経験」の歌詞そのもので、CMを見たときにはわからなかった感情の点と点が、場面として一気に結びついた瞬間だった。


 シャツのボタン
 二つはずしただけで
 他の男の視線 気にしてる


そう、彼女はひとつ年下だったけれど、中身は僕の何倍も大人だったのだ。

30数年前のことだけれど、僕は彼女からBL(ボーイズラブ)の小説を借りて衝撃を受けたし、カフェオレという飲み物が世の中にあることを教えてくれたりもした。

僕は彼女に「好き」ってことばを言って欲しかったのに、彼女はいつも「嫌いじゃないわ」と僕をたしなめて、軽くキスをするような女の子だった。

ブラウスのボタンを外した彼女は、ちょっぴり悪戯っぽく笑い、それは完全に “うぶな僕” を試して面白がっていて、そんな彼女に僕はメロメロだったのだ。


 あなたおいくつと
 ひやかせば
 ムキになる人… モンシェリー


これだ。この「モンシェリー」という言葉。当時モンシェリーという商店街が地元にあって、その言葉はすっかり生活に溶け込んでいたけれど、実は、英語だか何だかさっぱりわからなかったんだよね。

もちろん今ならわかる… これはフランス語で「愛しい人」という意味。けれどもこの歌の雰囲気から意訳すれば「可愛いわね… ぼうや」ということだろう。年下の女の子に弄ばれる僕… なんたる情けなさである。

「酸っぱい経験」の作曲は、小笠原寛(現在は手使海ユトロとして活動)その楽曲は、お洒落で印象的なコード進行とベースラインが格好良く、そのキャッチーなAメロがCMで使われていた。

歌詞は、「裸足の季節」や「青い珊瑚礁」「チェリーブラッサム」など初期の松田聖子に貢献した人気作詞家の三浦徳子。その歌詞の世界は、酸っぱい経験を巧みに表現した味わいあるストーリーが最後まで描かれている。

シャツのボタンを外してからかった女性がこの後どうなるかというと、


 枯葉色の 街を見つめていれば
 私達の人生がまわる
 ピアニッシモで過ぎてゆく
 それが好きなの 今は

 あなたの歴史のページの
 ちょっとすっぱいあたし
 想い出にしてね


と、移ろう季節とともに彼の「酸っぱい経験」として、身を引く淡い恋物語のヒロインとして描かれている。やはり彼女は大人なのだ。

ちなみにカゴメトマトジュースは、その頃からずっと「食塩無添加」を売りにしていて、100%トマト果汁のジュースに初めてレモン果汁を加えて発売した亜種が「カゴメ・トマト&レモン」である。

商品としてはそれほど人気が上がらず、今は生産していない。カゴメトマトジュースの公式からはこの「カゴメ・トマト&レモン」の記載を発見できないところをみると、カゴメにとってもこれは酸っぱい経験だったのかもしれない。

そういう僕と彼女も、高校卒業とともに疎遠になり、あんなに楽しかった日々も、今は酸っぱい想い出としてだけ、僕の記憶に刻まれている。

初恋とは、得てして酸っぱい経験そのものなのだ。

2018.05.05
37
  YouTube / ちちウルトラ


  YouTube / makotosuzuki (1分17秒よりカゴメCM)
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1967年生まれ
ミチュルル©︎
コラムリスト≫
44
1
9
8
0
三浦徳子の確信犯っぷり、河合奈保子のデビュー曲「大きな森の小さなお家」
カタリベ / KARL南澤
66
1
9
7
9
鮮やかに変貌する水中花 — 大女優・松坂慶子 黄金の6年間
カタリベ / 指南役
26
1
9
8
3
ヒロインは富田靖子、映画「アイコ十六歳」で女優&歌手デビュー!
カタリベ / 鈴木 啓之
15
1
9
8
5
始まりはおニャン子?アイドルとAV女優はいつからこんなに増えたのか
カタリベ / 浅井 克俊
20
1
9
8
4
渡辺典子は劇伴シンガー!? 数多の映画をサポートした女優気質の歌唱力
カタリベ / 鎌倉屋 武士
35
1
9
8
3
山下達郎のクリスマス・イブ、名曲を彩る女優たちと前人未到の大記録!
カタリベ / 鎌倉屋 武士
Re:minder - リマインダー