12月3日
ガンズのライヴに欠かせない!ウイングスの「007 死ぬのは奴らだ」
34
0
 
 この日何の日? 
ガンズ・アンド・ローゼズのシングル「リヴ・アンド・レット・ダイ」が全米でリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1991年のコラム 
七夕の夜に思い出す、シンプリー・レッドの「スターズ」と屋敷豪太

GALA湯沢へ一直線!六本木から発車したZOOの「Choo-Choo-Train」

80年代の奇才、ジム・ジャームッシュ「ナイト・オン・ザ・プラネット」

追悼:黒沢健一、こだわりの音世界が熱く迎えられたL⇔Rのデビュー

デンジャラスなハートの美男子、1991年のマイケル・ジャクソン

ボウイやジャガーだけじゃない、“サー” エルトン・ジョンを忘れるな!

もっとみる≫

photo:Discogs  

ガンズ・アンド・ローゼズの1991年の3枚め(と4枚め?)のアルバム『ユーズ・ユア・イリュージョン』が『Ⅰ』と『Ⅱ』の2枚で同日リリースされた時のインパクトは未だ忘れ難い。各国で当然の如く1位と2位を独占した。しかしポール・マッカートニーファンには更に目を見張ることがあった。ポールが1973年にウイングスで発表した、代表曲の1つ「007 死ぬのは奴らだ(リヴ・アンド・レット・ダイ)」を、ガンズが『Ⅰ』でカヴァーしたのである。

’80年代のポールは、ジョン・レノンの不慮の最期の余波もあり相対的に評価が下がっていった。特に中盤以降セールス的にも作品内容的にも苦戦。’89年に名作『フラワーズ・イン・ザ・ダート』を発表し10年振りにツアーに出て第一線に返り咲くのだが、1991年には未だ’80年代のポール低評価の残り香は十分にあったと思う。

そのタイミングで当時絶頂を極めたガンズによるポールのカヴァーである。しかもオリジナルに十分なリスペクトの払われたカヴァー。当然ながらポールファンは快哉を叫んだ。辛かった’80年代はこれで完全に終わった。とある高名な音楽評論家の方が「ガンズがこの曲を初めてロックにした」などと宣っていたが、最早さほど気にもならなかった。

ガンズはこの曲を’91年12月に『ユーズ・ユア・イリュージョン』シリーズからの3枚めのシングルとしてカットした。アメリカでこそ最高33位とポールの2位には及ばなかったが、イギリスではポールの最高9位を上回る5位を記録した。2年後の1993年、ポールは復活第2弾の世界ツアーでこの曲を歌う前「最近、とあるグループがこの曲をカヴァーした」とMCで語っていた。ポールにとっても誇らしかったに違いない。そしてこの後もポールはこの曲をツアーで歌わなかったことが無い。パイロ等特殊効果をふんだんに使った派手な演出はコンサートのハイライトだ。

そして驚くなかれ、ガンズもこの曲をツアーで欠かしたことが無い。1992年~93年の “ユーズ・ユア・イリュージョンツアー” では当然のこと、オリジナルメンバーがヴォーカルのアクセル・ローズ1人になっても、2002年、07年、09年、12年の日本公演でも毎回登場。ポールと同じ様なパイロや炎を使った演出も見せた。『ユーズ・ユア・イリュージョンⅡ』でカヴァーされたボブ・ディランの「ノッキン・オン・ヘヴンズ・ドア」同様、ガンズのライヴに欠かせない重要なナンバーとなったのである。

そのガンズがまもなく5年振りの日本公演を行う。しかもギターのスラッシュ、ベースのダフ・マッケイガンという2人のオリジナルメンバーが復帰し、キーボードのディジー・リードを含め『ユーズ・ユア・イリュージョン』時のメンバーが4人揃うことになる。この4人が24年振り!に日本で披露する「リヴ・アンド・レット・ダイ」はやはり必見であろう。4月にポールも日本で「007 死ぬのは奴らだ」を歌う今年なのだから尚のこと。

2017.01.20
34
  YouTube / GunsNRosesVEVO


  YouTube / PAUL McCARTNEY


  YouTube / PAUL McCARTNEY
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1965年生まれ
宮木宣嗣
コラムリスト≫
14
1
9
9
2
回想ライブレビュー:ガンズ・アンド・ローゼズ、熱病のようなあの興奮
カタリベ / 浅井 克俊
59
1
9
8
8
ガンズ&ローゼズがやって来た!女豹気分で挑んだ初来日公演はたったの…
カタリベ / 平マリアンヌ
25
1
9
8
4
リッチー・ブラックモアとレインボー、黒の美学・ハードロックの美学
カタリベ / ジャン・タリメー
12
1
9
8
1
孤独の男の叫びを聴け!ハードロック界の横山やすし、グラハム・ボネット
カタリベ / DR.ENO
18
1
9
8
7
酔い覚ましのモトリー・クルー「ガールズ、ガールズ、ガールズ」
カタリベ / 鎌倉屋 武士
50
1
9
9
0
これぞパーティーロック、武道館でモトリー・クルーと踊りまくった夜
カタリベ / 藤澤 一雅
Re:minder - リマインダー