6月22日

男心を惑わせる、ストリート・スライダーズの危ない魅力

26
3
 
 この日何の日? 
ザ・ストリート・スライダーズのアルバム「REPLAYS」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1988年のコラム 
アイドル、ロック、アニソンまで!作詞家・森雪之丞の傑作10選ランキング

僕が選んだ筋肉少女帯、モーレツア太郎が教祖様ブームを打つ!

今井美樹「9月半島」観音崎の空と海が教えてくれた “がんばらない生きかた”

フルピッキング世界最速!若き速弾きギタリスト、クリス・インペリテリ

松岡英明、J-POPシーンに降臨した初めての王子様!

土屋昌巳のロンドン録音:クリス・トーマスの寿司伝説とエルトン・ジョン

もっとみる≫




実は… こっそり聴いていたストリート・スライダーズ


なぜそうなったのかはわからない。僕には、好きになって聴き始める音楽はサウンド以前に、ある変なルールみたいなものがふたつあった。まず、人気があるアーティストやバンドは聴かないとうこと。もうひとつは人に勧められた音楽は聴かないというものだ。

「俺はメジャーなものは聴かないよ」と格好つけていただけのことで、例えばRCサクセションや佐野元春などがその聴かない音楽にあたる。友達がCDを貸してくれると言うのに、借りない。じゃあまったく聴かないのかと言うと、嫌いではないのでこっそり聴く。なんともかったるい聴き方だ。そんな風に回りくどい聴き方をしたバンドのひとつにザ・ストリート・スライダーズがあった。

レコード店でアルバイトをしていた頃のこと。バイトを始めて数ヶ月ほど経つと仕事にも慣れ、バイト友達とも親しくなり、調子に乗って自分の好きなCDを店頭で流したりするようになった。その時によく聴いていたのがストリート・スライダーズだった。ここぞとばかりに店頭に並んでいるスライダーズのCDを片っ端から聴いたもんね。

「Boys Jump The Midnight」には人を突き動かす力があるのか?


「Boys Jump The Midnight」が流れれば意味もなくバイト仲間を蹴飛ばしたくなるし、お釣りの小銭のことを「コイン」と言いたくなったり。中でも好きだった曲が「風が強い日」で、仕事中なのについ遠い目をしてしまったり。スライダーズに僕の男心はしっかりとくすぐられていた。

そんな風にバイト先でストリート・スライダーズを聴いているうちにふと気になることが生まれた。店頭でスライダーズを流すと万引が増えてないか? ということだ。なんの根拠もなくただそんな気がするだけだったのだが。

ある日、発売されたばかりのベストアルバム『REPLAYS』を聴きながら仕事を始めたその数分後、何気なく店内を見回すと出口付近にいた少年と目があった。あっ! と思った途端に入口に設置された万引き防止システムが反応して警報音が鳴り響いた。ダッシュで少年を捕まえ確認すると、カバンの中から会計前のCDが出てきた。店内には「♪ ボーイズ!ジャーンプ!ミッナ~イ!」とハリーの歌声が響く。

「少年よ、こんなところでチンケなジャンプをしてはいけないよ」と思いつつ、やっぱりスライダーズには人を突き動かす力があるのだろうか… いやいや、あれは僕がいけなかったのかもしれない。どうしてあの時『REPLAYS』を選んでしまったのか? 「風が強い日」を流していればあんなことにはならなかったのではないだろうか。そんな後悔をしながら、でもきっと今頃あの少年は別の世界で逞しく羽ばたいていると信じてやまないのだ。


※2016年10月30日に掲載された記事をアップデート

2020.06.22
26
  YouTube / gucchi


  Apple Music
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1963年生まれ
やっすぅ
少年があの時何を持っていたのかは覚えてないのですが、でも罪な人だな、ハリーさんはよ!
2016/11/01 09:34
2
返信
1967年生まれ
Micco
ひゃ~、なんてスライダーズぽい話。確かにハリーの歌には少年少女を煽る何かがありました。少年がパクろうとしたのが何だったのか気になる~
2016/10/31 00:31
1
返信
カタリベ
1963年生まれ
やっすぅ
コラムリスト≫
33
1
9
8
8
RCサクセションとチケットぴあ、難攻不落のクリスマス武道館公演!
カタリベ / ソウマ マナブ
22
1
9
8
1
東松山女子高の奇蹟、佐野元春 with ザ・ハートランド が私にくれたもの
カタリベ / 土屋 美哉
11
1
9
8
5
吉川晃司とNOBODYの集大成「にくまれそうなNEWフェイス」
カタリベ / 本田 隆
105
1
9
8
0
佐野元春の革新性、そして日和ることなきロックスピリット
カタリベ / ふくおか とも彦
29
1
9
8
8
RCサクセション「COVERS」忌野清志郎の作詞家としての力量をみよ!
カタリベ / 前田 祥丈
53
1
9
8
7
最低で最高のロックフェス「ビートチャイルド」が伝説と呼ばれる理由
カタリベ / 村上 あやの