2月25日

EPICソニー名曲列伝:シャネルズ「ランナウェイ」が連れて行ってくれた遠い世界

44
1
 
 この日何の日? 
シャネルズのシングル「ランナウェイ」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1980年のコラム 
初めて買ったピー音入りレコード、アナーキーのレコードから消された言葉

J-POP 創生の立役者、細野晴臣の存在感(中篇)

地獄の黙示録、ワルキューレの騎行が鳴り響くときボクはテンパっている

ドゥーワップを手にしたネズミたち、シャネルズからのラッツ&スター

さだまさし「道化師のソネット」とサーカスの裏側にある深い悲しみ

モリッシーも愛したポストパンクの重要人物、リンダー・スターリング

もっとみる≫






EPICソニー名曲列伝 vol.2

シャネルズ『ランナウェイ』
作詞:湯川れい子
作曲:井上忠夫
編曲:井上忠夫
発売:80年2月25日
売上枚数:97.5万枚


おおよそ100万枚近くの大ヒット。しかし、ばんばひろふみ『SACHIKO』に続いてこの曲ということで、レーベルとしての音楽的方向性は、まだ見えてはいない。

しかし大ヒットとなった要因は、くっきりと見えている。CM タイアップである。80年代に入り、いよいよ本格的に定着し始めた CM タイアップという手法。CM の BGM として、楽曲タイトルのテロップ付きで新曲を流し、その新曲の拡販につなげるという仕組み。

ただ、この『ランナウェイ』のタイアップは、普通のタイアップではなく、商品・CM・楽曲が、かなり濃厚に連携していた。だから爆発的ヒットとなったと考えるのだ。


◆商品は、パイオニアのラジカセ「Runaway(ランナウェイ)」であり、ブランド名と曲名が同一であること。

◆CM の内容は、少年がそのラジカセ「Runaway」を持って家出をしようとするのだが、駅で駅員に制されるというもので(80年代を代表する傑作 CM の1つ)、こちらは曲『ランナウェイ』の歌詞とぴったりと合っていること。


先に CM のアイデアがあり、それに合わせて楽曲を作ったという。だから、単なる CM の BGM ではなく、商品・CM・楽曲が相乗効果を持って、1つの世界を作っている。その結果としての大ヒットだったのだ。

作詞は湯川れい子。80年代の湯川は、松本伊代『センチメンタル・ジャーニー』やアン・ルイス『六本木心中』などの作詞家として活躍するのだが、その端緒となった1曲である。

昨年発売された、湯川れい子の自伝『女ですもの泣きはしない』(KADOKAWA)によれば、この『ランナウェイ』の歌詞は、自身の経験に基づいて書いたという。引用文中の「直也」は、湯川が若い頃に大恋愛をした、ジャズ好きで遊び人の受験生。


―― 遊んでばかりいる直也は、受験勉強をしろと言われて自室にとじ込められた。父親の目を盗んで2階から逃げ出し、私が待つ有楽町駅のホームにやってきた。靴を持ち出せず白いソックスしか履いていなかったけれど、それでも直也は私を連れてジャズ喫茶「コンボ」に行き、じっとジャズに耳を傾けていた。その横顔には少年の面影が漂っていた。「連れていってあげるよ」と直也は言っていた。行き先は「二人だけの遠い世界」。


さて、そのような背景の中、大ヒットしたこの曲だが、ドゥワップ好きを公言し、顔を黒く塗り、黒人風のいでたちでデビューした当時のシャネルズに対して、批判的なまなざしが向けられていたことも、併せて指摘しておきたい。私が敬愛する小林信彦の発言。


―― ぼくは、戦後三十五年間における、日本人のアメリカ誤解の一つの頂点じゃないかと思う、シャネルズというのは。(中略)とにかく、ほんとに塗ったか知らないけど、初めは靴墨塗ったといって、朝日のテレビ欄に投書が出て、彼らは黒人を差別しているんじゃないかというと、また、それに対する反論が出て、そうではないとかという意見が出たりして、笑いました。(中略)あれ、テレビで初めて見たとき気持ち悪かったですよ、ぼくは。気持ち悪かったというのは、気味が悪いじゃなくて、日本人の典型的な体型で、足が短くてさ、あれが手を向こうのショーみたいに動かしてね。何だろうと思ったものね(小林信彦・片岡義男『星条旗と青春と 対談:ぼくらの個人史』角川文庫)


先に述べた商品・CM・楽曲の完全連携で、大衆はシャネルズを盲目的に受け入れたのだが、アメリカ文化を知り尽くしている小林信彦の目からは、完全なるゲテモノに見えたということだろう。

この件で思い出すのは、一昨年の大晦日に放映された『絶対に笑ってはいけない』で浜田雅功の「黒塗り問題」である。ダウンタウンの浜田雅功が米俳優エディ・マーフィに扮して、黒人風のメイクをしたことを受けて、海外メディアなどから「人種差別的」と非難の声が上がった件だ。

ただ、浜田雅功とシャネルズのあいだの決定的な違いは、黒人文化に対するスタンスである。単なるお笑いネタとして黒人メイクをした浜田雅功に対して、シャネルズ、とりわけリーダーの鈴木雅之には、黒人文化に対する強烈にピュアな憧れがあり、その結果として、靴墨に手を出したと思うのだ。

それでも今、鈴木雅之が黒塗りで出てきたら「アウト」だと思うが、1980年という時点でのアメリカ(黒人)文化には、今とは比べ物にならないほど、日本人からの距離感があったわけで、その距離感が、黒塗りという極端な行動を誘発したと考えれば、責められるものではないだろう。

4年前に行われた、松本隆の作詞活動45周年を祝うコンサート『風街レジェンド2015』に出演した鈴木雅之はこう挨拶した――「日本初の黒人、鈴木雅之です」。ここまで来ればもうアッパレではないか。

1980年は、シャネルズのデビューと、山下達郎のア・カペラ作品『ON THE STREET CORNER』が発売され、アメリカから遠く離れたこの日本で、ドゥワップの文化が根付き始めた年。

そして1980年は、この2組の師匠とも言える大滝詠一が、弟子たちに先を越されながら、アメリカンポップスのエッセンスがぎゅうぎゅうに詰まった『A LONG VACATION』のレコーディングを、コツコツと進めていた年。

―― 連れて行ってあげるよ、アメリカ文化という遠い世界へ。

2019.03.25
44
  Apple Music
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1966年生まれ
スージー鈴木
コラムリスト≫
32
1
9
8
6
鈴木雅之「ガラス越しに消えた夏」に刻まれた神アレンジ【EPICソニー名曲列伝】
カタリベ / スージー鈴木
73
1
9
8
3
EPICソニー名曲列伝:ラッツ&スター「め組のひと」と井上大輔の湿ったロックンロール
カタリベ / スージー鈴木
49
1
9
8
2
EPICソニー名曲列伝:渡辺徹「約束」歴史的必然だったシティポップ歌謡の誕生
カタリベ / スージー鈴木
34
1
9
8
7
EPICソニー名曲列伝:鈴木聖美 with RATS & STAR「ロンリー・チャップリン」に仕掛けられた壁
カタリベ / スージー鈴木
109
1
9
8
1
連載開始! EPICソニー名曲列伝:80年代と書いてEPICソニーと読む
カタリベ / スージー鈴木
89
1
9
8
1
EPICソニー名曲列伝:傑作「SOMEDAY」を生み出した佐野元春の編集感覚
カタリベ / スージー鈴木
Re:minder - リマインダー